2013.10.02

鉄道風土記 -駅憬(EKKEI)- オンラインアルバム

私が末席で参加している鉄道写真家集団「Railway Graphic D.E.F.」。
9月に「鉄道風土記 -駅憬(EKKEI)-」と題した写真展を行いました。

会期中は本当にたくさんの方に足を運んでいただきましたが、
「見たいけど行けない! でも見たい!」という要望もいただきました。
このブログでもいくつかいただいたそんな期待にお応えするため、
私が使っている「デジブック」というカタチでのオンラインアルバムを制作しました!

なお、公開は申し訳ありませんが30日間、10月末までの期間限定となります。
また、閲覧はパソコンのみから可能であり、動作条件は以下の通りです。
Windows 8 (※デスクトップモードのみ) / 7 / Vista / XP(SP3)
Mac OS X(10.4以上)
(ただ、私のスマホAndroidからも重たいながら閲覧できました)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.09.01

写真展のお知らせ【鉄道風土記-駅憬(EKKEI)-】

Ekkei_2

僭越ながらグループ写真展に参加させていただきます。

昨年は大きなギャラリーを借りて盛大にやりました。
今年は小ぢんまりとした規模ですが、粒揃いのカットが集まるのは間違いないかと。
私も2点+αほどの出展です。7日(土)および8日(日)の午後に在廊予定です。

----------------

プロ写真家 衣斐 隆が率いる鉄道写真家集団「Railway Graphic D.E.F.」では、「鉄道風土記-駅憬(EKKEI)-」と題した第2回写真展を開催します。
 
「駅」は、鉄道と乗客との接点であるだけではなく、地域の顔であり、様々な人間ドラマをも魅せてくれる舞台のひとつです。

無機質で都会的な駅もあれば、自然豊かなローカルの駅もあり、その表情は様々。近年では駅そのものを求めて旅をすることも珍しくなくなりました。

駅が演出する素敵な一瞬を、個性あふれるメンバーそれぞれの視点で切り取った写真22点や、駅舎たちの肖像写真でまとめ上げます。

■日時
   9月5日(木)~9月10日(火)12:00~19:00(最終日は17:00終了)
■会場
   ギャルリー・ジュイエ (JR中央線高円寺駅 徒歩9分)
   http://www.juillet.jp/
■出展写真家
   今井 英明/内田 伸太/衣斐 隆/遠藤 真人/大鶴 倫宣/大藪 琢也/佐藤 武志/鈴木 剛/高木 比呂志/船越 知弘/吉永 陽一(五十音順)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013.04.29

みんな、みんな、ありがとう。

連休前半の4月27日から29日にかけて、
私が末席に参加しているRailway Graphic D.E.F.の活動の一環として、
「イチオシ!私が応援する鉄道路線」と題した写真展を
ひたちなか海浜鉄道・那珂湊駅で行いました。

Dsc01768
写真展会場のキハ222号。

Dsc02146
私は「秋田内陸縦貫鉄道」の写真を出展させていただきました。
キハ222号の車内を写真展会場に見立て、手作りでの会場設営です。

写真の撮影は全て2008年5月1日。
「たった1日の撮影でも、こんなに多彩な鉄道風景を見られるんだぞ」
こんなメッセージを発信したつもりですが、受け取っていただけたでしょうか?
反省点も多々あるのですが、参加することに意義があるってことで。

Dsc01799
お楽しみは、出展者メンバーでの「ひたちなか海浜鉄道の撮影」。

朝練・夕練、それから深夜練?と題してメンバーと一緒に沿線に繰り出したり、
あるいは写真展会場となるキハ222号をみんなで競うように撮ったり。
いつもは独りで撮ることが多いのですが、
こうして、お互いの撮影に刺激されながら撮るのも本当に楽しいです。

ホーム上の人物、決して怪しいことをしているわけではありませんw
ローアングルで構えると、この記事のいちばん上の写真のように撮れるのです。

---

今回の写真展は、ひたちなか海浜鉄道開業5周年記念祭の一環として行いました。

Dsc02031
記念のイラストを掲げたヘッドマーク。
この「みんな、みんな、ありがとう。」というコピーに対して、
・・・嬉し涙が落ちたのはここだけの話です。

Dsc02042
だって、すごいお客さんではないですか。

Dsc02050
震災で影響が出て、苦しい立場に置かれたこともある海浜鉄道さんが・・・

Dsc02052
・・・こんなに人が集まり、にぎわっているなんて。
地元の人にすごく大切にされていて、共存共栄ができているように思えました。

いいなぁ、と純粋に思ったのですよ。

我々写真家も、写真展というカタチで鉄道へ何らかの貢献はできたのかな?
「人を呼んで、少しでも増収・乗車人数増を」というカタチで・・・
その一助を私もできたのかなと思うと、なんともいえない嬉しさを感じます。

写真展にお越しいただいた約1000名のお客様へはもちろんのこと、
開催をサポートしていただいた全ての方にもお礼を申し上げたいです。

「みんな、みんな、ありがとう。」

鉄道会社からのメッセージと、私の想いが重なりました。

942705_640541062627597_170157221_n
(T・F氏撮影)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013.04.12

【お知らせ】 写真展「イチオシ!私が応援する鉄道路線」出展のご案内

644431_630035997011437_243043310_n

(↑クリックで拡大しますよ~)

僭越ながら今年も出展します!
4月27日(土)および28日(日)は終日現地入りする予定です。
ぜひお越しくだされされ~♪

-------------------

 おらが湊鐵道応援団とRailway Graphic D.E.F.では、昨年の海浜鉄道開業4周年記念祭に続き、4月28日の「ひたちなか海浜鉄道開業5周年記念祭」開催にあわせて、4月27~29日に、那珂湊駅下り線ホーム側線に留置したキハ222車内において、写真展「イチオシ!私が応援する鉄道路線」を開催する。
 プロ写真家・衣斐隆氏を中心に立ち上げた鉄道写真家集団「Railway Graphic D.E.F.」及びおらが湊鐵道応援団写真部、そしてその仲間達、全部で23名のプロ・アマ写真家が結集。キハ22系現役最古参気動車キハ222の車内を使って、各写真家のこだわる「テーマ」に沿った写真展示を行なう。

■開催日・時間
 2013(平成25)年4月27日(土)  12:00~16:00
            4月28日(日)  10:00~16:00
            4月29日(月・祝)10:00~15:00

■開催場所
 茨城県 ひたちなか海浜鉄道 那珂湊駅構内下り線ホーム留置「キハ222」車内
 ※写真展の作品を見る場合、有効な乗車券または入場券が必要となる

■主催
 おらが湊鐵道応援団・Railway Graphic D.E.F.

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012.05.06

ひたちなか海浜鉄道での写真展-終了しました

Dsc09924
ひたちなか海浜鉄道で行われていた写真展「鉄道写真家たちが見た情景」、
私もRailway Graphic D.E.F.の一員として参戦し、5月5日に無事終了しました。

Dsc09880
那珂湊駅に留置されているキハ203号の1ボックスを占用し、
「道北奇景」というテーマで、私自身のフィールドである道北の鉄道風景を9点出展。
自分なりの反省点や指摘もいろいろありましたが、
なんとか私の世界を作ることができたのかなぁ、と思っています。

Dsc00717
5月5日の夕方、撤収作業。
ほぼ1週間にわたってお世話になったこの車両とも、ひとまずのお別れです。

Syugou
P:船越 知弘氏

今回の写真展に出展・参加してのいちばんの収穫は、
「ひたちなか海浜鉄道を通じて、いろいろな方とコミュニケーションが取れた」こと。

特に、おらが湊鐵道応援団のメンバーの方により、
会場となるキハ203号の準備をはじめ、全面的にバックアップをいただいたことには
感謝しても感謝しきれないほどの最大限の謝辞をここで捧げたいと思います。

また、ひたちなか海浜鉄道のみなさんにも本当にお世話になりました。
今後、海浜鉄道を訪れるときには知らんぷりはできませんね!

もちろん、写真展に足をお運びいただいた方にも本当に感謝です。
会期中、おおむね500名程度の入場者があったそうです。
「この写真はこう考えて撮ったんだ」と、もっと説明すれば良かったなと思っています。

-----

今までの湊線への私の立ち位置は「ビジター」でした。
沿線で撮って、乗って、那珂湊の機関区を散策して・・・ってパターンがほとんど。
(風光明媚な沿線のおかげで、それはそれで収穫がありましたけど)

それが、今回こうして湊線側の立場に立ってイベントの一翼を担い、
地元のみなさんと交流を深めたことで、明らかに立ち位置が変わったと感じています。
なんていうのかな・・・「那珂湊が好きになった」とでも言うのでしょうか。
ひたちなか海浜鉄道の「鉄道だけ」が好きになったというのではありません。
「この鉄道をとりまく風景・街・人々が好きになった」・・・そんな感じです。

本当に心地よい、夢のようなGWでした。ありがとうございました。

(明日から社会復帰・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.30

写真展「鉄道写真家たちが見た情景」に出展して

GWの前半戦、4月28日から30日。
私も参加している写真展「鉄道写真家たちが見た情景」の準備から始まり、
出展写真家さんたちや写真展訪問者・鉄道関係の方との交流で明け暮れました。

Dsc09855
ひたちなか海浜鉄道の那珂湊駅に留置してあるキハ203号。
ここが今回の写真展の会場であります。

Dsc09845
事前の準備風景から1カット。
車内のボックスを1人1ボックス使い、それぞれのテーマで写真を展示するスタイル。
グループ展というよりも、小さな個展がいくつもあるという感じでして
そのプロデュースは、照明以外は完全に各個人に任せられることになりました。

Dsc00155
会期は4月28日から5月5日まで、平日をのぞく毎日。
特に4月29日はひたちなか海浜鉄道の4周年イベントと合わせたということもあり、
多数のお客様にご来場いただくことができました。ありがとうございました。

今般、縁あって鉄道写真家集団「Railway Graphic D.E.F.」の一員となりました。
そのD.E.F.の初のイベントということでこうして写真展を開催したわけですが、
自分自身、こういうグループに参加してみたいとずっと思っていたので、
D.E.F.への参加は、いわば「夢がかなった」ということに近い出来事になりました。

写真展のオープンは昼間だけ。
それ以外の時間は・・・せっかく風光明媚なひたちなか海浜鉄道にいるんですもの、
もちろん全員がカメラを持って沿線に撮影に繰り出しました。
どの写真家さんも(私も含めて?)個性のカタマリでできたような人ばかりなので、
一緒に撮影していてものすごく楽しいんです・・・。
しかし、鉄道写真に対する信念みたいなものはみなさんしっかりお持ちなので、
撮影スタイルや写真に対する考え方についてはしっかりと議論ができ、
本当に心地よく、そして勉強になる機会となりました。
未熟な私ではありますが、メンバーの方と切磋琢磨し合えるようになることで
このグループをさらに盛り上げ、高い次元へ結び付けたいと強く思いました。

写真展は、平日こそお休みですが5月3日から5日まで引き続き開催します。
私も僭越ながら自分のフィールドである北海道・道北の鉄道風景を出展しています。
お時間あるようでしたらぜひお越しいただければ幸いです。

Dsc00203
なぜかコスプレ撮影会になった時間もあり・・・(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.04.27

「鉄道写真家たちが見た情景」出展してます!

この度、ひたちなか海浜鉄道湊線において4/29に開催される開業4周年記念祭に合わせて、4/28~30、5/3~5に、那珂湊駅構内キハ203(タラコ色)車内において、写真展「鉄道写真家たちが見た情景」を開催する運びとなりました。

プ ロ写真家・衣斐隆さんを中心にしてこの度立ち上げた鉄道写真家集団「Railway Graphic D.E.F.」及びおらが湊鐵道応援団写真部から、全部で19名のプロ・アマ写真家が結集、キハ20系の原型をとどめるボックスシートを一つずつ使って、 各写真家の拘る「テーマ」に沿った写真展示をいたします。

どうぞ足をお運び頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。詳しくは添付ポスターをご覧下さい。

 

Poster

ひたちなか海浜鉄道開業4周年記念祭 写真展
「鉄道写真家たちが見た情景」

■日時
2012年4月28日(土)・29日(日)/5月3日(木)~5日(土)
10:00~16:00  (初日-12:00から 最終日-15:00終了)

■場所
ひたちなか海浜鉄道 那珂湊駅構内
おらが湊鐵道応援団ギャラリー 「キハ203」車内

入場無料

★28~29日と現地に詰めています。よろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.15

写真展「鉄道写真家たちが見た情景」出展のごあんない

この度、ひたちなか海浜鉄道湊線において4/29に開催される開業4周年記念祭に合わせて、4/28~30、5/3~5に、那珂湊駅構内キハ203(タラコ色)車内において、写真展「鉄道写真家たちが見た情景」を開催する運びとなりました。

プ ロ写真家・衣斐隆さんを中心にしてこの度立ち上げた鉄道写真家集団「Railway Graphic D.E.F.」及びおらが湊鐵道応援団写真部から、全部で19名のプロ・アマ写真家が結集、キハ20系の原型をとどめるボックスシートを一つずつ使って、 各写真家の拘る「テーマ」に沿った写真展示をいたします。

どうぞ足をお運び頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。詳しくは添付ポスターをご覧下さい。

 

Poster

プロ・アマの鉄道写真家が集まって「Railway Graphic D.E.F.」というグループが立ち上がり、縁あって私もその末席に名を連ねて活動していくことになりました。

上記のように「鉄道写真家たちが見た情景」というテーマの写真展が開催され、私も「道北奇景」というテーマで数点の写真を出展いたします。

期間中、4月28・29日(+もしかすると5月5日も)に終日会場に詰める予定ですのでぜひお越しください。

-------------------------
ひたちなか海浜鉄道開業4周年記念祭 写真展
「鉄道写真家たちが見た情景」

■日時
2012年4月28日(土)・29日(日)/5月3日(木)~5日(土)
10:00~16:00  (初日-12:00から 最終日-15:00終了)

■場所
ひたちなか海浜鉄道 那珂湊駅構内
おらが湊鐵道応援団ギャラリー 「キハ203」車内

入場無料

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.16

東海道本線の211系を撮りに

久々のブログのエントリーです。申し訳ありません。
フェイスブックのほうが楽しくてしばらくそちらにシフトしてしまっていました。
「更新しなきゃ!」とずっと思っていたのですがなかなか・・・。

で、きょうのネタ。
平日休暇をいただいて東海道本線の撮影に行ってきました。

Dsc02812rc
ダイヤ改正のプレスリリースや車両の置き換えの話題が出る中で、
「思い入れがある車両が引退する」と聞くと、やはり撮りに行きたくなってしまいます。
4月に全面置き換えがアナウンスされているのが、この211系。
私が鉄活動を始めたころによく撮影した、馴染み深い車両のひとつです。

Dsc02929rc
なくなる直前だとどこもパニックして撮りたい絵が撮れなくなるし、
今ならまだ普段着の姿を撮ることができるし・・・。

Dsc02870rc
出かけてきた早川-根府川間の、私がいちばん好きな場所から。

今回の撮影は車両中心のカットと風景中心のカットがほぼ半々。
満足いく撮影ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.29

写真についての2つのごあんない

■ 写真展について

私が会社で所属している写真部の定例展のご案内です。

Primary Colors Of Signal -赤・青・黄の写真展-

12月2日(金)~12月5日(月)
9時~19時 (12月2日のみ17時~20時)
横浜市鶴見区民文化センター サルビアホール

赤・青・黄の3つの色をテーマにした写真を展示します。
どんぶり在廊予定:2日(金)1700-2000/3日(土)1500-1900/4日(日)900-1200
(写真部員の中で鉄道をテーマにしているのは多分私だけなのですぐに分かるかとw)

■ タムロン 鉄道風景コンテスト 入選しました

第4回 タムロン 鉄道風景コンテスト ← 「クリスマスしている写真」がそうです

5700点の応募作品の中から選んでいただきました(嬉)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧