2007.09.22

首都高速、実質値上げ?(泣)

通行料金、最高1200円に=距離別制導入へ意見募集-首都高(時事通信)

今回の記事は首都圏のドライバーにしか分からないと思います(^^;;
都心の道路事情が分からない方は読み飛ばしてください(汗)

首都高速が距離別の料金体系になるという話が出て久しいですが
具体的なタタキ台が出てきましたね。

現行では一律700円の料金が、最高で1200円だって!

・・・実質値上げとしか思えないのは私だけでしょうか。

首都高速のサイトを見るとこのようなタタキ台が出る背景が出ています。
ま、このタタキ台ができた事情は理解できなくもないのですが、
実際問題、700円で乗れたところが1200円と約1.7倍になるのですから
黙ってみていられるわけがありません・・・

<私がよく使う経路>
4号・高井戸→湾岸・空港中央・・・31.5km、現行料金700円→距離別料金1150円
4号・高井戸→6号・三郷JCT・・・39.2km、現行料金700円→距離別料金1200円
4号・高井戸→川口線・川口JCT・・・44.4km、現行料金700円→距離別料金1200円

都心を縦断するような走り方しかしないので当然ですが、みんな値上げです(泣)
この料金案どおりに決定されてしまうのならば、
自宅(多摩地区)から東北道・常磐道方面は大泉から外環(600円)を使います(^^;;

首都高速の言い分だと「短距離は料金が安くなる分、利用しやすくなる」とありますが
「利用しやすくなる→流入量・交通量増→事故・渋滞増」ってなりそうな気が・・・。

上記の首都高のサイトでこのタタキ台についての意見収集をしているので、
そんな思いを早速ぶつけてきました。ふぅぅ。

<首都高 距離別料金/首都高速道路株式会社>
http://www.shutoko.jp/etc/guide/kyoribetu-ryokin/

| | コメント (7)

2006.08.25

つぎ足し給油の楽しみ

つぎ足し給油しないよう通知(共同通信)
http://newsflash.nifty.com/news/ts/ts__kyodo_20060824ts055.htm

セルフのガソリンスタンドでつぎ足し給油をやって噴きこぼしたヒト、手を上げてっ!

学生時代、私は2年ほど某ガソリンスタンドでアルバイトをしていました。
「いちどやってみたい」と思っていたスタンド店員の仕事。
あまりシフトには入らなかったけれど、いい経験となって自分の思い出に残っています。

給油口を空けて、ノズルを差し込んでレバーを引いてロックさせて・・・
ノズルの先のセンサーまでガソリンが達すると「カチン」とロックが外れて一旦終了。
その後、手でレバーを微調整し、満タンまで「つぎ足し給油」することがほとんどでした。

給油口の直近にタンク内部の空気抜きの穴があって、
そこから空気とガソリンの混合がごぼごぼと噴き出してきます。
ロックが外れた後、ノズルを手動で操作して満タンまでつぎ足し給油をするとき、
噴き出す量を見たり、その音を聞いて「あとどれくらいで満タンか」を判断してました。
コツは「とにかく優しく」。
噴き出しの様子を見ながら、ガソリンを流し込む感じで操作してましたっけ。

もちろん、クルマのガソリンタンクによってつぎ足し給油の難易度が違うんですよね。
いつまでも満タンにならずにひたすらゴボゴボいっているタンクもあれば、
あっさりと降伏してすぐに満タンになってくれるタンクもあります。
仕事が慣れてくるとやはりこのあたりの「勘」が鋭くなってくるのでしょうか、
どう満タンに入れてやろうかと、給油口の様子を見ながら判断することが
仕事の中でのささやかな楽しみに変わっていきました。

つぎ足し給油。「止めてください」という呼びかけがあっても、私はやっちゃうでしょうね。
給油の際の楽しみみたいなものがなくなってしまうような気がします(笑)
そういう呼びかけよりも、ノズル周りにちゃんとウエスを置いて欲しいなと思う私です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.06

武道家の遺言

Y! 社会ニュース - 4月5日(水)22時57分
<シンガポール武道家一族>空手家探し青森の雪山へ


「青森の山中で修行する空手の伝承者に会え」という遺言を信じ、
シンガポールからわざわざ大挙してやってきた武道家が遭難・・・


なんともけなげな話じゃないですか。
なんだかゲームや映画の中の話がそのまま飛び出したような感じがしますね。
亡くなった武道家の遺言を弟子が信じるところまではまぁ理解できますが、
少なくとも下調べくらいしてから行くのが普通でしょうが!

心を奪われたのが記事の文末。
訪れた13人のうち11人が青森に残り武道家探しを続けたいという意向に
「地元観光協会も『全力で手助けしたい』と支援を申し出ている。」ってところ。

地元観光協会、えらいなぁ・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)