« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020.12.30

斜光線

1712280010
京急の上り電車が横浜駅を発車してトップスピードに乗るあたり、
併走するJRから袂を分かれていくあたりのカーブにて。

冬の斜光線がレールとススキを印象的にしてくれました。


[2017-12-28 京急電鉄本線 神奈川-仲木戸(横浜市神奈川区)]
(写真はクリックで大きくなります)

| | コメント (0)

2020.12.28

石川台の夕暮れ

東急7700系を追いかけるために、池上線に通った時期がありました。

どの駅も、夕暮れが似合う街だな・・・と思っていました。

1512280015
石川台駅を望む跨線橋の上も、お気に入りスポットでした。


1512280020
駅の踏切から、たそがれの7700系。
何気ない風景だけど、なんかココロに沁みる気がするのです。


[2015-12-28 東急電鉄池上線 石川台(東京都大田区)]
(写真はクリックで大きくなります)

| | コメント (0)

2020.12.26

富士と「踊り子」

私だってファンの端くれ。定番の写真は抑えておきたい、と思うことがあります。

1712260003_20201226205801   
引退がアナウンスされた185系。伊豆箱根鉄道の大場のカーブで、富士をバックに。

撮影したのは3年ほど前のことでした。
当時は引退の噂こそあれど、まだ公式には何も発表されていない状態。
それならば今のうちに・・・と、平日休みを取って天気の良い日に出撃。

それでも、お立ち台には地元の方を中心に4名ほどが集まっていました。
この場所の本当のベストポジションは定員数名というところですが、
なんとか自分なりの考えの位置を確保することができました。

引退が発表された今はどうでしょうね・・・
今年は富士の雪も少ないようですし、思うようには撮れないでしょう。

撮れるうちに撮っておくこと、大切です。


[2017-12-16 伊豆箱根鉄道駿豆線 三島二日町-大場(静岡県三島市)]
(写真はクリックで大きくなります)

| | コメント (0)

2020.12.23

神戸電鉄の美嚢川橋梁

先月訪問した神戸電鉄のこと。
三部作の最後として、興味深い橋梁をご紹介。

2011300023
粟生線は、三木市街で美嚢川(みのうがわ)の橋梁を渡ります。


この橋が実に興味深かった・・・

2011300018
主桁が径間によって違うんです。

橋の種類はよく分かりませんが、
コンクリート桁と上路式・下路式プレートガーダーが入り乱れています。
そのコンクリートもなんだか角が丸くなっていて古そうな印象・・・。
鋼鉄製のプレートガーダーも3種類のハイブリッド。

ここまで複雑になった何らかの理由があるとは思うのですが、
橋が持つ美しさはすっかりなく、実用主義!といった印象でした。


2011300019
初冬の青空の下、1500系がゆっくり渡っていきました。


[ 2020-11-30 神戸電鉄粟生線 三木上の丸-三木(兵庫県三木市)]
(写真はクリックで大きくなります)

| | コメント (0)

2020.12.19

神戸電鉄の「しんちゃん」

2011300011
神戸電鉄を撮っていて真っ先に気がついたのが、
助士席側の窓にたたずむこのぬいぐるみ。

2011300029
神戸電鉄のキャラクター「しんちゃん」だそうです。

2011300032
いつも鉄路の安全を見守ってくれています。

およそ半数くらいの編成に「乗務」しているのを見かけました。
こういう取り組みってなんか好感が持てますね。


[2020-11-30 神戸電鉄粟生線 木津/三木上の丸]
(写真はクリックで大きくなります)

| | コメント (0)

2020.12.17

はじめての神戸電鉄

11月下旬、神戸電鉄に撮影に出かけてきました。
「いちど行ってみたい」と思っていた路線です。

写真には残しませんでしたが、
地下ホームの湊川駅を出るとひたすら50パーミルの上り坂が連続。
「ひょー! グイグイ登る~!」と内心興奮してしまいましたね。

まずは手始めとして各車両の編成写真から。

2011300004
押さえておきたかった1000系。
いろいろ細かな型式があるそうですが、グレーのHゴムが泣かせます。

2011300005
続いてやってきた「メモリアルトレイン」。
戦後復興期の塗装のリバイバルだそうです。鋼製車ばんざい。

2011300006
最新鋭の6000系。登場は2008年だそうで。
12年前の車両ですが、この2~3年の車両デザインと通じるものがありますね。

2011300010
いちばん撮りたかった「ウルトラマン電車」3000系。
1時間ほどの滞在ではやってきてくれませんでした。
電留線にたたずむ彼を下のほうから1枚。
だいぶ車体くたびれていましたね・・・


[ 2020-11-30 神戸電鉄有馬線 鵯越-鈴蘭台(神戸市北区)]
(写真はクリックで大きくなります)



| | コメント (0)

2020.12.12

8500×8500

1812180030
東急8500系。
私が生まれたころとほぼ同時にデビューし、
物心ついたころには走行時の爆音が特徴的だなと印象していて、
四十余年が経ってもほとんど変わらぬ姿で走り続けていましたが、
いよいよ先が見えてきたようです。

2年前の今頃、普段着の姿を記録したいと思って田園都市線へ。
沿線で粘っていたら、なんと「並び」が撮れてしまいました。

今では残り12編成となり、
休日の昼間は「1本も運用入りしていない」という状況も生まれています。

駅間での並びは、今となっては貴重なシーンです。


[2018-12-18 東急田園都市線 あざみ野-江田(横浜市青葉区)]
(写真はクリックで大きくなります)

| | コメント (0)

2020.12.09

ほっと一息?

1612060013
冬の夕方のするどい光線が美しくて、何気なく撮ったバックショット。

よく見ると、車掌さんが窓に手をかけて外を眺めているではありませんか。
乗務の合間に、ほっと一息つける瞬間なのでしょうか。


[2016-12-6 江ノ島電鉄 七里ガ浜-稲村ガ崎(神奈川県鎌倉市)]
(写真はクリックで大きくなります)

| | コメント (0)

2020.12.02

晩秋の色へ

1812040005
いつもの多摩川の河原にて。
木々の紅葉は色褪せはじめ、晩秋の色へと変わっていきます。


この写真を撮影したのは2018年の秋のこと。

その後、右岸の木々は全て伐採されてしまい、
左側の中州は、2019年の台風による増水で雰囲気が一変しました。

いつもの風景を、しっかり撮っておく大切さを身に沁みて感じています。


[2018-12-4 JR武蔵野線 府中本町-梶ヶ谷タ(東京都稲城市)]
(写真はクリックで大きくなります)

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »