« 尻手駅進入 | トップページ | メリー・クリスマス »

2017.12.19

影絵劇のシルエット

1212160013

水面を渡る風がさらに冷たくなったころ、
影絵劇の舞台が広がったかのようなシルエット。


[2012-12-16 JR八高線 小宮-拝島(東京都昭島市)]
(写真はクリックで大きくなります)

|

« 尻手駅進入 | トップページ | メリー・クリスマス »

お気に入り-冬」カテゴリの記事

コメント

こと関東に限っては「冬は夕暮れ」と勝手に思っております。
特に冬晴れの日に風が弱まるわずかなこの時間帯が好きですね。

北斎の様なグラデーション、枯れ木と電車と鉄橋のシルエットの競演、わずかに光る水面…いいですね。
キンと冷えた空気に鳴り響く通過音が聞こえてきそうです。

当方、来年からはしばらく富士山の向こう側での暮らしになります。
かなりの激務が予想される中、どれくらい撮影地を開拓できますかねぇ。

投稿: てつなべ | 2017.12.28 12:23

■ てつなべさん

この2~3日ほど、夕方の陽射しが強烈でいい感じですね。
そして日没直後に一瞬だけ静かになるような、そんな時間の1枚です。

富士山の向こう側・・・山側でしょうか?それとも海でしょうか?
私の知り合いにも転勤で関東を離れた方がいらっしゃいますが、
長野の地で新しい撮影地をどんどん開拓されてうらやましい限りです。

ぜひ息抜きにどうぞ・・・。

投稿: どんぶり | 2017.12.29 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172745/66178053

この記事へのトラックバック一覧です: 影絵劇のシルエット:

« 尻手駅進入 | トップページ | メリー・クリスマス »