« 薫風が駆けぬける | トップページ | 残照のころ »

2017.05.15

東京メトロ6000系のこと

今回の記事はいつもと趣向を変えます。。。

0904300004

[2009-4-30 小田急電鉄小田原線 百合ヶ丘-読売ランド前]

東京メトロの6000系。
「千代田線の電車」といったほうが通りが良いかもしれません。

千代田線だけでなく、常磐線や小田急線にも乗り入れて、
縦横無人の活躍をみせていた6000系ですが、
先週の金曜日をもって小田急への乗り入れを終了した模様です。

実は、私が鉄道を撮った写真として最も古いのが、
この6000系を撮ったものなのです。

Img003

[1985-?-?? 小田急電鉄小田原線 相模大野]

1985年ですから・・・私が9歳のときですか。
父親に連れられて出かけたときに、コンパクトカメラで1枚。
「私が最初に鉄道を撮った写真」として残っているのが、まさにこれ。

小田急江ノ島線の沿線で育った私なので、
なじみのある地下鉄の車両は、この6000系なのであります。

でも、子どもの頃に6000系がやってくる相模大野まで行く機会は少なかったので、
たまにで出かけた先でこの緑帯の電車を見ると、当時はワクワクしたものです。

私の写真の原点ともいうべき宝物。その思いいれもひとしおです。


以来、当時とほぼ変わらない姿で走り続け、長い間が経ちました。
一時期は小田急を使って通勤をしていたので、
少しずつ引退して6000系の数が減っていることを意識しつつ、
通勤の行き帰りにいろいろ撮っておいたカットが残っています。

で、昨年の秋に勤務地変更となって小田急を使わなくなり、
自然と小田急を撮らなくなってしまい・・・



1610080026

[2016-10-8 小田急電鉄小田原線 登戸-向ヶ丘遊園]

小田急線内で6000系を撮った最後のカットは、
何気なく駅撮りをしたこちらとなりました。

小さな頃から好きだった6000系電車、もう小田急線で見ることはできないでしょう。

|

« 薫風が駆けぬける | トップページ | 残照のころ »

○○年前の××線」カテゴリの記事

コメント

名車中の名車ですね。50年近くバリバリの現役で活躍しているのですから。
デザインも乗り心地もいまだに古臭さを感じさせないのは流石です。
私も幼稚園児のころから大好きで、よく絵をかいていましたよ。
今はもう走ってませんが、切り妻面をぶち抜いた通路が連続して見える車内の景色がとっても不思議な感じだったのが印象的でしたね。
そうですか、もう小田急内の運用が終わりましたか。常磐沿線も騒がしくなりそうですね。

投稿: てつなべ | 2017.05.17 22:53

■ てつなべさん

バリバリの現役で、外観がほとんど変わらないのもポイントですよね。
「長く使えるように」という設計思想があったと聞いたことがあって、
まさにその通りの活躍ぶりであります。

投稿: どんぶり | 2017.05.20 00:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172745/65284588

この記事へのトラックバック一覧です: 東京メトロ6000系のこと:

« 薫風が駆けぬける | トップページ | 残照のころ »