« 雨上がり | トップページ | 雨に映える茶の緑 »

2015.06.15

高山本線のキハ40系

1106040065

高山本線の国鉄型気動車・キハ40系の引退がアナウンスされました。

個人的に、この車両のこのカラーリングが大好きです。
緑に良く映えて、実にさわやかな絵になるからであります。

オレンジと緑色の帯が白に似合っているだけではなく、
いわゆる「湘南色」として国鉄型の自己主張をしているにも思えませんか。

6月中のラストランということで、時間的にも撮影に行くことは無理。
しかし、自分なりに満足いくカットを残せているので心残りはありません。

[2011-6-4 JR高山本線 久々野-飛騨一ノ宮(岐阜県高山市)]
(写真はクリックで大きくなります)

|

« 雨上がり | トップページ | 雨に映える茶の緑 »

お気に入り-夏」カテゴリの記事

コメント

『これぞ日本のローカル鉄道』という感じで若草色の水田に生える列車がまぶしいですね。流石です。
鋼製車両は塗装と存在感のある造形が魅力でした。軽量ステンレス化は時代の波として仕方ないですが、「湘南ライン」は残してほしかったですね。
まあ、バリエーションや個性を嫌う会社なので期待するのも無理かな。

投稿: てつなべ | 2015.06.20 12:38

■てつなべさん

ステンレス化については致し方ない時代の流れだと思います。
「風景と調和がとれたデザイン」であればなお良しなんですけどね。
JR東日本も向こう数年でキハ40系を置き換えるとのこと。
キハ110系は悪くないと思っています。
キハE120・130系は・・・うーむ、色が残念。
さてその次はいったいどうなるでしょう?

投稿: どんぶり | 2015.06.20 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172745/61748286

この記事へのトラックバック一覧です: 高山本線のキハ40系:

« 雨上がり | トップページ | 雨に映える茶の緑 »