« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014.04.30

しっとり・電鉄石田駅

0705010059

0705010061

0705010063


0705010066


0705010072


0705010070


0705010073

雨宿りをしゃれ込んだ電鉄石田駅。心もしっとりするような雰囲気でした。

[2007-5-1 富山地方鉄道本線 電鉄石田駅(富山県黒部市)]
(写真はクリックで大きくなります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.28

一日のおわりに

1404270064

初夏のように熱い一日が終わる頃、中根の田んぼへ。
水面を渡る風、余韻を残して走り去る列車、優しい表情を見せる空。
「みんなありがとう」と、満たされた気持ちを広角レンズに託して。

[2014-4-27 ひたちなか海浜鉄道 中根-金上(茨城県ひたちなか市)]
(写真はクリックで大きくなります)

1404270045

というわけで、先週末の2日間は、この時期恒例のひたちなか海浜鉄道へ。

1404270036

湊線フェスティバル2014の催し物の一環として、
私が参加している鉄道写真家集団「RailwayGraphic D.E.F.」と
地元の湊線応援団の共催にて、鉄道車両1両を使って写真展をやってきました。

1404270053

2日間のトータルで600名弱の方に作品をご覧いただくことができました。

写真展を行うこと自体も楽しいのですが、
朝練・夕練と称して写真仲間と線路際に繰り出す時間も本当に楽しいのです。
いちばん上の写真はいかにものどかな風景が広がっていますが、
実は周囲に10名ほどの写真家がいて、思い思いの方向にカメラを向けています。
みなさんそれぞれ写真が上手い方ばかりなので、
「いかに差別化を図った写真を撮るか」を考えるのが楽しみのひとつであります。

写真をやっていたからこそめぐり合えた何かの縁。
地元の方、写真家仲間、海浜鉄道のスタッフの方々・・・本当に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.24

森の踏切

1304270100b_2

新緑あふれる森の踏切を、カタンコトンと軽やかに。

[2013-4-27 ひたちなか海浜鉄道 金上-中根(茨城県ひたちなか市)]
(写真はクリックで大きくなります)

【お知らせ】写真展「鉄道写真家たちが見た情景」

毎年恒例の写真展に今年も末席で参加しています。
ひたちなか海浜鉄道・湊線の那珂湊駅に留置中の車両にて、
写真家それぞれの個性的な作品を展示します。

今年の私のテーマは、ずばり「
湊線」。
湊線の車両を借りて毎年写真展を行うようになったのも何かの縁。
写真展への参加だけではなく、沿線の撮影や人的交流も楽しみなのです。
その楽しみへのささやかな恩返しというわけで、湊線の魅力を発信したいな・・・と。

おらが湊鐵道応援団とRailway Graphic D.E.F.では、4月27日のひたちなか海浜鉄道開業6周年記念「湊線フェスティバル2014」開催にあわせて、4月26日〜27日に、那珂湊駅下り線ホームに留置したキハ2005車内において、写真展「鉄道写真家たちが見た情景」を開催します。
 プロ写真家・衣斐隆さんを中心に立ち上げた鉄道写真家集団「Railway Graphic D.E.F.」及びおらが湊鐵道応援団写真部から、計16名の写真家が結集。キハ2005の原型をとどめるボックスシートを一つずつ使って、各写真家のこだわる「テーマ」に沿った写真展示を行います。
是非たくさんの皆様のご来場お待ちしています。

■開催日
 2014(平成26)年4月26(土)~27日(日)

■開催時間
26日 12時〜15時まで 27日 10時〜15時まで

■開催場所
ひたちなか海浜鉄道
那珂湊駅下り線ホーム留置「キハ2005車内」
※27日のイベント期間中は那珂湊駅入場無料です。
26日に写真をご覧になる場合、有効な乗車券または入場券が必要です。

■主催
 おらが湊鐵道応援団・Railway Graphic D.E.F.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.22

福鉄201の肖像

0904170052

0904170053

福井鉄道・200形。

昭和35年製の味のあるデザインが好みで、
特にこの201編成をいつかじっくり撮ってみたいと思っていました。

「思っていました」・・・そうです。過去形です。
先日廃車になったという情報を耳に入れました。

最初で最後の出会いは2009年の春、ちょっと大きな休暇をいただいたときのこと。
鳥取方面から北陸方面への独り撮影行の途中に福井鉄道へ寄り道。
武生新駅の外れの留置線に休む彼には、夕方の斜光線がぎりぎり差し込んで
凛とした表情とその造形を浮かび上がらせていました。

私も家族持ちの身。
その後、わが子どもたちが増えるにつれて、
特に西日本方面には簡単に撮影に行けなくなりました。
「いつかじっくり201編成を撮りたい」と思っていたのですけどね。今ではなかなか。

あ・・・カラーリングは違えど、まだ残り2編成いるんでしたっけ?

[2009-4-17 福井鉄道福武線 武生新(福井県越前市)]
(写真はクリックで大きくなります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.17

フレッシュグリーン

1004190046

梅や桜、菜の花などといった春の花がひと段落すると、次は新緑の季節。
初々しいフレッシュグリーンの色を保つのは、芽吹きからすぐのほんの一瞬だけ。
今年もどこかで撮れればいいなぁ・・・と思う、きょうこの頃であります。

[2010-4-19 西武鉄道多摩川線 新小金井-多磨(東京都小金井市)]
(写真はクリックで大きくなります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.13

花桃

1404120055

先輩・Y氏が撮影した写真の「花桃」に惹かれた私。

先日、私も会いに行ってきました。
枝ぶり良し、色づき良し・・・上質な存在感が周囲に溶け込んでいました。
川べりにある木なのですが、敢えて水際はカットして、芽吹き始めた背景を重視。
走り行くEXEの色調も、その雰囲気を引き立ててくれたものと思っています。

[2014-4-12 小田急電鉄小田原線 渋沢-新松田(神奈川県秦野市)]
(写真はクリックで大きくなります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.09

新府の桃

1304060010

首都圏の桜が終わりかけると、次は甲州方面の桃の花である。

・・・脳内歳時記がそうなっているんですもの、仕方がありません。

昨年は曇りの中でした。今年は行けるかな?

[2013-4-6 JR中央本線 新府-穴山(山梨県韮崎市)]
(写真はクリックで大きくなります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.07

桜がいっぱい

1104070033

桜の季節は、どんな撮り方をしても絵になってしまう錯覚に襲われるわけですよ。

[2011-4-7 JR根岸線 山手-根岸(横浜市中区)]
(写真はクリックで大きくなります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.05

土手の夕景

1404050002

夕刻の斜光線が、桜咲く土手を暖かく包みこむ。

[2014-4-5 JR武蔵野貨物線 梶ヶ谷タ-府中本町(東京都府中市)]
(写真はクリックで大きくなります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.04

花散らし

1404030004

あっという間に満開になった都心の桜。
あっという間に花散らしの雨の洗礼を浴びました。

[2014-4-3 JR埼京線 新宿-渋谷(東京都渋谷区)]
(写真はクリックで大きくなります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.01

桜花爛漫

1303240003_2

桜の季節が一気にやってきたことに、正直戸惑っています。
つい最近まで寒かったのに、あっという間に満開になってしまって・・・。

今年はどこで桜花爛漫な鉄道風景を撮りましょうか。

[2013-3-24 JR御殿場線 山北-谷峨(神奈川県足柄上郡山北町)]
(写真はクリックで大きくなります)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »