« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013.01.24

平塚駅点景 #2

前回のつづき)

1201180015
斜光線

1201180019
5分停車

1201180026
ダブルデッカー

1201180027
211の横顔

1201180028_2
3番線


1201180034
ひらつか

[ 2012-1-18 JR東海道本線 平塚駅(神奈川県平塚市)]
(写真はクリックで大きくなります)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013.01.22

平塚駅点景 #1

1201180006
E231

1201180007
昼下がりのプラットホーム

1201180008
停止現示

1201180010
しずしずと入線

1201180013
ジョイント

つづく

[ 2012-1-18 JR東海道本線 平塚駅(神奈川県平塚市)]
(写真はクリックで大きくなります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.16

不安げな空

Pict0146
午後4時の河川敷。
その雰囲気の不安さにおびえてしまいそうな、重たい空とともに。

[ 2009-1-11 JR八高線 小宮-拝島(東京都昭島市)]
(写真はクリックで大きくなります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.14

【旅行記】ほっかいどへ行ってきました #4

前回のつづき)

【1月6日】

Dsc08473

Dsc08477
大宮駅を過ぎ、京浜東北線と併走し、いよいよ「北斗星」の旅は最終章。

Dsc08478
とうとう上野に着いてしまいました・・・。

Dsc08483

Dsc08491
でも、実に充実していた「寝台特急の旅」でした。

Dsc08496
この日は先行列車の遅れの影響で20分ほど遅れた関係で、
いつもは13番線のところを15番線へと着線変更。
啄木の碑と北斗星の機関車の顔合わせで、この旅の締めとなりました。

---
というわけで、北海道を楽しむ旅でしたが、
帰りの北斗星への乗車も旅のメインということもあって、
いつも飛行機で感じる「あ~あ、帰ってきちゃった」感があまりありませんでした。

今から10年前、新婚旅行でカシオペアに乗って以来の北海道寝台。
家族5人でこうして個室で過ごすことができて実に感慨深い時間でした。

(おわり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.13

【旅行記】ほっかいどへ行ってきました #3

前回のつづき)

【1月6日】

Dsc08439b
B寝台下段で迎えた「北斗星」号の朝。

Dsc08447
家族がいるB個室デュエットへ戻り、みんなで朝焼けを眺めました。

Dsc08458
朝食は食堂車で。

Dsc08460
列車の中で食事ができるシアワセ。
子どもたちもそれぞれ1人前を注文したのですが、あまり食べませんでした。
緊張していたのか、それとも空腹ではなかったのか・・・

Dsc08454
ちょっともったいなかったけれど、
彼らにとって「食堂車で食事をした」という経験はかけがえのない思い出になるはず。

Dsc08463
食が進まなかった理由がこれだったり・・・
食堂車のテーブルの一角に並べられた北斗星グッズ。
子どもたちはずっとこれが気になっていたようで、
記念にダイキャストのDD51のおもちゃを買ってあげましたとさ。

Dsc08470
車内から見る撮影地。十数分遅れで上野を目指します。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.10

【旅行記】ほっかいどへ行ってきました #2

前回のつづき)

【1月5日】

早朝5時、ホテルを独り抜け出して、札幌駅のお隣・苗穂で朝練撮影。

Dsc08339b
本命の「急行・はまなす」。ちょっと不満だけど、撮れただけで良しとしなきゃ。


Dsc08390b

函館本線・千歳線を行き交う列車や苗穂運転所へ入出区する列車を撮ったりして、
マイナス9℃の中を1時間半も夢中になって撮影してしまいましたw

ホテルに戻って身支度を整えて、こんどは家族と一緒の時間。
帰省中の衣斐カメラマン一家と一緒に、「滝野すずらん公園」で雪遊び。
子どもたちの世話と遊びに夢中になったため、写真はありません(汗)
衣斐カメラマンがいろいろ撮影してくれたので、いずれいただかなくては・・・。

午後2時くらいに雪遊びを切り上げ、札幌駅に戻って・・・

Dsc08400
今回の旅行のメインイベント! 寝台特急「北斗星」への乗車です!

寝台券を取るためにパパ頑張りました!
その結果、2人B個室のデュエットと開放寝台1席を確保♪
小さな子連れだと、個室を取るのが絶対条件だと思います・・・。
今回、申し込み当初には開放寝台×3席しか確保できなかったのですが、
キャンセル待ちで希望のデュエットを取ることができて大喜びした私です。

Dsc08408
寝台列車に乗るのは、長男坊は2回目、次男坊と末っ子は初めての経験。
(末っ子は壁面の照明スイッチのイタズラに夢中でした(笑))

Dsc08418

Dsc08422

Dsc08424
函館駅で機関車交換。

Dsc08433

Dsc08435

Dsc08430_3
家族みんなで個室で寝台列車の旅を楽しめるシアワセ。
思いっきり享受させていただきました。

つづく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.01.09

【旅行記】ほっかいどへ行ってきました #1

しばらくぶりのブログの更新になりました(^^;

この間、何をしていたかというと・・・冬休みを利用して家族で北海道へ♪

昨年2月の渡道からほぼ1年。そろそろ北海道欲が高まる時期です(笑)
今年は家族が長い休みを取れたので、「いっそのこと行くか!」というわけで
1月3日から6日まで、今回は鉄道利用での渡道となりました。

なぜ鉄道利用かというと・・・
年末年始なので、航空機の料金はかなり高めなんですよね。
我が家(5人家族)の場合は末っ子以外で4人分の料金がかかるので相当な出費。
LCCを使っても見積もり金額は11万円ほどでした・・・さすがに高い~。

一方、鉄道利用ならば繁忙期でもほとんど料金は変わりませんし、
我が家の場合は未就学児が2人、つまり「大人2人+子ども1人の料金」で済むので
高い飛行機を使うよりも、時間がかかっても鉄道利用のほうが安いんです。

なお、今回の旅行はいつもの調子で旅行記を作るつもりはありませんでした。
荷物を持って、子どもたちの世話をして、旅行記の写真を撮るのは落ち着かない!
・・・というわけで、今回は「ダイジェスト版」というべき軽量版でお送りします(^^;

【1月3日】

Dsc08167
(自宅最寄駅)-大宮1001-(はやぶさ3号)-1246新青森

最初は子どもたちのあこがれの存在「はやぶさ号」であります。
私自身もE5系に乗るのは初めて。わくわくせずにいられませんw

Dsc08170
新青森1303-(スーパー白鳥19号)-1510函館

青函トンネルを鉄道で通るのも本当に久しぶりでした。おそらく10年ぶり?
1年生の長男坊も青函トンネルを楽しみにしていたようで、
どこを走っているかずっとチェックしていました。

Dsc08174

長男坊のカメラも持ってきたので、ここで1枚・・・。

1月3日の宿泊は函館市内であります。
行こうと思えばその日のうちに札幌に到着できますが、ここでひと段落。

Dsc08214
夕食は「ラッキーピエロ」。函館ローカルのハンバーガー店。
函館に来たら必ず立ち寄るお店です(^o^)

Dsc08204

Dsc08206

Dsc08212
ラッキーピエロはお店ごとに内装コンセプトが異なります。
「十字街銀座店」はサンタクロースだらけ!

Dsc08210_2

Dsc08211
盛りだくさんのカレーと美味しいハンバーガー、家族で取り分けていただきました♪

Dsc08222
夕食後、長男坊と次男坊を連れ、市電に乗って「谷地頭温泉」にも行きました。

【1月4日】
朝ゆっくり起きて、レンタカーを借りて、11時頃にのんびり函館発。
この日は夕方までに札幌に移動し、夜は札幌在住の弟夫婦のところへ遊びに。
今回は記録用のコンパクトデジカメを敢えて置いていったので、
道中の写真はほとんどありませんので旅行記は省略~(あっはっは~)

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.02

2013年になりました

2013年がスタートしました。遅ればせながら、今年もよろしくお願いします。

今年の「撮り初め」は中央本線~富士急行方面へ。
115系スカ色・183系国鉄色に、富士急へ転戦して京王塗装の1000系へ・・・

Dsc08069b
[ 2013-1-2 富士急行大月線 上大月-田野倉(山梨県大月市)]
(写真はクリックで大きくなります)

小田急沿線で生まれ育った私にとって、
京王5000ははっきり言って馴染みが薄い形式ではありますが、
この復刻塗装は「見てみたい」と思っていたし、
きょう初めて見て撮って、その期待を裏切りませんでした。

この電車に惚れてしまいそうですw

例年ならば1月2日は新年会があって「絶対に撮らない特異日」になるのですが
今年は事情により直前で中止になってしまい、
手持ち無沙汰な長男坊・次男坊を連れて1日撮影を楽しんできました。
沿線でお会いしたみなさん、お騒がせしました&お疲れさまでした♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »