« 春浅き | トップページ | 散り果て »

2012.04.17

鶴見駅4番線

4番線、鶴見線ホームにて。

1110040014_2

日中は人気のないホームの真ん中で、大きな時計が静かに時を刻んでいます。

[ 2011-10-4 JR鶴見線 鶴見駅(横浜市鶴見区)]
(写真はクリックで大きくなります)

------------

オンラインでお世話になっているKyo-toさんという方がいらっしゃいます。
何かの縁でKyo-toさんのブログに出入りするようになってもう3年くらい経つでしょうか。
彼は「鉄道を撮る」というスタイルではなく「デンシャ旅を撮る」というスタイルで
その旅の姿勢や、成果物としてのスナップ写真に好感を持っています。

今年の2月、彼はJR鶴見線を訪問したようです。
鶴見線は、京浜工場地帯のど真ん中を走る「都会のローカル線」であります。
小さなころから沿線に縁がある私も、度々鶴見線を被写体にすることがあって
「準ホームグラウンド」とも呼ぶべきのお気に入りの路線です。

彼の鶴見線ミニトリップの様子が昨日からUPされ始めました。

そこで見た写真は・・・私が撮ったそれとほぼ同じ位置、ほぼ同じ角度からの1枚。
「おー! 同じー!」と、思わず笑ってしまいましたね。

Kyo-toさんの好感度がさらに上昇しましたよ。
(「お手並み拝見!」・・・と、ここでプレッシャーをかけておくテスト(笑))

Kyo-toさんのブログ「デンシャと、京都と」:
http://camkyo.blog46.fc2.com/
2012-2-11 #1 JR鶴見線-1 鶴見駅 

|

« 春浅き | トップページ | 散り果て »

お気に入り-鉄道風景」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
身に余るお言葉の数々、ちょっと照れながらも
本当にありがたく読ませていただきました!

このお写真も、最初は「ホントに一緒だ!」と
可笑しいやら嬉しいやらごちゃ混ぜのインパクトで目にしましたが、
よく拝見するとやっぱり「画」の切り詰め方というか
モノクロで色を削ぎ落とされたのもそうですが
腑に落ちる感じがあり、翻って僕の写真は
間延びした冗長な印象が浮き彫りになった気がします。

ほんのちょっとのことのようなんだけど、
そこがどんぶりさんとの大きな差なんだと感じます。
チクショー!(笑)

投稿: Kyo-to | 2012.04.19 03:06

■Kyo-toさん

ふっふっふ。同じでしょ~。
お褒めの言葉をいただいたのは率直にありがたいです。
モノクロで撮ると味が出るんですよね。国道駅もそう。
引き続きKyo-toさんの鶴見線トリップを「チェック」させていただきます♪

投稿: どんぶり | 2012.04.19 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172745/54496790

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴見駅4番線:

« 春浅き | トップページ | 散り果て »