« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011.05.31

「デジブック」で賞をいただきました♪

今年5月に高山本線で撮った「新緑+鉄道」の写真たちを使ったデジブック。
このたび嬉しい知らせをいただきました♪

この作品が・・・
春のデジブックコンテスト」で賞をいただきました♪
http://www.digibook.net/topic/contest_2011spring/

Db
↑「HAKUBA賞」ですって奥さんっ!!

デジブックは私自身も楽しく作品をまとめているのですが
時折開催されるコンテストには、全てではないもののたまに応募しています。

<過去の戦績>
2009年鉄道写真コンテスト → グランプリ♪ 「鎌高sunset
春のデジブックコンテスト2010 → フォトブック部門入選 「さくら咲く散歩道
春のデジブックコンテスト2011 → HAKUBA賞 「はるいろ・高山本線

鉄道写真をモチーフにした作品、3作目の入選であります。

今回のコンテストは震災復興の応援メッセージ色が強い内容だったようです。
私の作品はというと・・・高山本線と東北ってあまり結びつかないかもしれませんが
撮影していたときの自然の力強さがすごく印象的だったので、
コメントにその旨だけを書き記して応募しました。
だから、コンテストの趣旨からするとちょっとはずれているのかな・・・と思っていますが
でもこうして選ばれたということは率直に喜んでおります。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.05.30

春の道北家族旅(5)-トントの雨降りの朝

前回のつづき)

5月21日。
早朝の撮影から帰ってきたファームイントントの朝。

Dsc02174
なんとも落ち着く、やわらかい朝の光に包まれていました。

Dsc02175
いつもの朝食のメニューも、我が家にとっては「非日常」です。

Dsc02189

Dsc02181

Dsc02194
本当にこの雰囲気、大好きなんです。

いつもは2泊するこの宿ですが、今回はいろいろあって1泊だけ。
「次に来られるのは1年以上後かなぁ」と思いつつ、ファームイン・トントを後にしました。

この日はシトシトと降り続く雨。
音威子府の知り合い宅を訪問し、道の駅に寄りつつ旭川を目指します。

Dscf0987
子どもたちは雪捨て場に残った雪に大喜びでした(^^;;

次回へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.29

「雨降りの朝」

前回のつづき)

5月21日の土曜日、道北の朝。

宿の朝食はいつも7時半。
それまでに時間があるので、早起きして抜け出して、クルマで20分強走って線路際へ。

小雨が降る中、お気に入りの場所で朝の回送列車を撮影しました♪

1105210005

この場所は踏み切りの脇。
そばに道路があるものの通行はほとんどなく、自分だけの静かな時間が流れます。

1105210002

1105210007
早朝でさすがに光量がないので、感度は1000まで上げました・・・

1105210008
通過後に振り返ってバックショット(^o^)

[ お気に入りの1枚雨降りの朝 ]  ←大きなサイズの本編はこちらから~

次回へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.26

春の道北家族旅(4)-我が家の常宿 ファームイン・トント

前回のつづき)

Dscf0970
この日の宿はどんぶり一家の常宿であるファームイン・トント
美深町の仁宇布地区、トロッコ王国のすぐそばの一軒宿で
足かけ8年にもわたって家族ぐるみでお世話になっている「農場民宿」です。
前回は2010年の9月だったので、およそ半年振りであります。

Dsc02066
バルコニーからのいつもの眺め。きょうはお天気がご機嫌ナナメ。

Dsc02063_2
山にはまだ雪が残っています。

夕食~♪

Dsc02071
前菜のホタテのマリネ

Dsc02072
めちゃくちゃ美味しいグラタン

Dsc02078
国産の羊肉のジンギスカン♪

この宿が縁で、家族で仲良くさせていただいている方が何人もいらっしゃいます。
地元の山村留学に来ている親子と久々に再会して、夜まで話が盛り上がりました。
行くたびに「移住しちゃいなよ~」なんて声をかけられるのですが
現実にはいろいろなしがらみがあって難しいですよね・・・

ただ、原発事故がひどくなってどうしようもなくなった場合には
道北のこの地へ避難しようというのは我が家の決定事項であります(^^;;

次回へつづく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.05.25

春の道北家族旅(3)-撮影しつつ留萌~上川へ

前回のつづき)

留萌の市街で昼食をとって、留萌本線沿いに深川~旭川と内陸側へ。

Dsc01988
うは。いい感じ。

Dsc01992
・・・ってなわけで、親子で留萌本線の撮り鉄タイム!

Pict4760
撮影:長男・うど坊(5歳)。おじょーず。相変わらずナナメだけど(^^;;

あ、パパの撮り鉄ですが・・・この方向では失敗しました(汗)

Dsc02013
雨上がりの新緑が目に優しい風景でした。

Dscf0966_2
深川自動車道を通って、旭川をスルーして、いつもの宗谷本線沿いに。

Dsc02032
宗谷本線 多寄-瑞穂

次回へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.24

春の道北家族旅(2)-R231石狩街道を走る

前回の続き)

M1
札幌からは国道231号線「石狩街道」を走ることにしました。
札幌から留萌までのおよそ120km、どんぶり一家にとって初めて見る景色です。

Dscf0938
ポプラ並木が印象的な札幌郊外

Dscf0942
石狩川を渡って・・・

Dscf0948
青い日本海を右手に

Dscf0951
移り行く新緑を楽しみながら走っていくと・・・

Dscf0954

Dscf0955
・・・トンネルと落石覆いが続く道に変わりました。
さっきまで晴れていた天気も、一気に重たい空に(^^;;

Dscf0958
やってきたのは雄冬(おふゆ)岬。
このあたりは海と断崖とに挟まれた険しい土地で、
1980年代までは札幌側からの道路は未開通、留萌側からの道路は冬季閉鎖。
「陸の孤島」と呼ばれていたそうです。

Dscf0957
岬の脇にある「白銀の滝」。寒かったです(^^;;;

Dscf0960
雄冬の集落は実に小ぢんまりとしていました。
ここ、いちど来てみたかったのです。

Dscf0963
雄冬から北、留萌側も相変わらず落石覆いと長大トンネルがしばらく続きました。

札幌から約120kmを2時間強で一気に走り抜けてしまったわけですが、
めまぐるしく変わる天気や風景が実にダイナミックでした。

M2
超ざっくりですが、私のこれまでの北海道実走実績ルート。
今まで走ったところのない道路に、さらに足跡を残すことができました。

地図素材:CraftMAP

次回へつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.23

春の道北家族旅(1)-定番?の早朝便

2011年5月20日、金曜日。
どんぶり一家は懲りずに北海道へと出かけてきました♪

行き先はいつもの「道北」であります~

Dscf0930
今回の旅の主役は子どもたち。
長男・うど坊も次男・しん坊も、もう数え切れないほど飛行機に乗りました。

Dscf0931
搭乗したのはSKY701便。羽田発6時05分の超早朝便です。
この便に乗るために、自宅を4時に出てクルマで空港へ向かいました。
子どもたちも叩き起こして連れて行く理由は「運賃が最安値」であること。
通常、羽田から新千歳へは1万数千円の運賃ですが、
この便は早期予約で1万円を切る価格。
大人2人と子ども1人、運賃が不要の幼児1名の4人家族で片道3万円を切るし
「早起きは三文の徳」というのを実感できるほど道内での時間を有効に使えます。
先月の長男坊との北海道行きで同じ早朝便を使ってみてそのメリットを実感。
「これは家族全員でも使える」と判断し、今回もこの便を選択です。

Dscf0932
7時55分、新千歳空港へ到着。

Dscf0936
レンタカーの手続きにちょっと時間を要したものの、
午前9時過ぎには道央自動車道に乗ることができました。

Dscf0933_2
輪厚PAで買ったザンギのおやつを食べつつ、さてどこへ行こうかと思案した結果・・・・

Dscf0937
どんぶり一家は、いつもと違って札幌市街方面へとクルマを進ませました。

次回へつづく

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.17

「星降る駅」

0805300009b
星降る駅

サイトのほうを更新しました。北海道の無人駅でのバルブ撮影です。

えっと・・・今回のカットはいわゆる「実験作」であります。

かねがね「鉄道」と「星が流れる夜」を長時間露光で撮りたい・・・と思っている私。
撮影機会がなかなかないところで、北海道の豊富温泉に泊まる機会がありました。

夕食をとって、家族と過ごして、子どもたちを寝かしつけて夜10時・・・
いよいよ自分の時間です(笑)
天気もよくて「これは撮れそうだ・・・」って思ってました。

最初は豊富温泉の温泉街からクルマで10分ほどの幌延駅へ。

0805300006b
233秒 f5.6。星は流れてくれませんでした・・・。

「周囲が明るすぎるからいけないのだ!」と判断し、
クルマを隣駅の南幌延駅へ走らせます。

0805300007
南幌延駅は原野の中の無人駅。周囲は駅の照明を除いてほぼ真っ暗。

いくつか試し撮りをして、露光時間は10分と判断してレリーズボタンのロックをぽち。
静まり返った雰囲気で、自分だけの時間が流れる贅沢・・・。

結果はご覧のとおり。
やはりカメラの性能が追いつかないのか、
夜空にはノイズが乗っていましたがレタッチで大部分を消しました。
無人駅のたったひとつの照明でも、水銀灯の光の強さは強すぎるようで、
運転士用のバックミラーで直接レンズに光源が入らないようにさえぎったものの
夜空と駅の風景のコントラスト差というか、アンバランスさもできてしまいました。

私としては構図的に今一歩ですが、雰囲気が伝われば・・・。
いつかリベンジしたいです~♪

本編はこちら↓

[ お気に入りの1枚星降る駅 ]

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011.05.14

緑・みどり・ミドリな休日

Dsc01826

Dsc01816

Dsc01817

Dsc01832

Dsc01830

Dsc01839

Dsc01835

Dsc01889

Dsc01887

Dsc01896

Dsc01856

Dsc01907

Dsc01911

撮影:2011-5-14 神奈川県秦野市・秦野戸川公園にて

土曜日は家族で公園へドライブ+ピクニック。
子どもたちは遊具でおおはしゃぎして、私は芝の上にシートを敷いて昼寝して。
丹沢山塊の新緑が実にきれいな、カラッとした空気の休日でした。

#日付が回っていますが14日付けの更新とさせていただきます。
#宮さん! コメントのお返事もう少し待ってくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.11

駅の写真館-津軽鉄道・嘉瀬駅

0804300044
駅の写真館津軽鉄道・嘉瀬駅

サイトのほうを更新しました。青森のローカル私鉄・津軽鉄道の嘉瀬(かせ)駅です。

今から3年前の2008年、数年ぶりに訪れた津軽鉄道。確かこれで2回目です。
前回は冬だったのですが、今回はGWの真っ只中。

0804300067
この日の午前中は弘南鉄道をめぐり、午後は津軽鉄道の駅めぐり。
立ち寄った嘉瀬駅は「被写体たっぷりの駅」でありました。

0804300052
ボツカット。カラスめ・・・。

0804300077
駅の撮影とともに楽しんだのが、津軽鉄道名物の客車列車。

0804300078
とろけそうな車内の雰囲気でした・・・
(こちらも参照ですよ~ http://don.pos.to/travel/travel156-4.htm

本編はこちら↓から。16カット見てくださいね♪
[ 駅の写真館津軽鉄道・嘉瀬駅 ]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.05.05

「はるいろ・高山本線」

久々に「デジブック」利用の「rail photo story」に一品追加しました。

5月2日、岐阜県は高山本線に行ったときに撮影したカット。
新緑と桜がすごくきれいで絵になって、大量にいい写真が発生・・・
「これはすぐにまとめよう!」ということでせっせかと編集してました。

子どもたちを寝かしつけて21時30分に自宅を出発。
クルマで中央道をひたすら西へ。。。
初めて走る伊那谷の高速道路を楽しみ、
霧がかかる恵那山トンネル付近のカーブにびっくりし、
東海環状自動車道の美濃加茂インターを降りて、
午前2時半、道の駅・美濃白川に到着してしばらく仮眠・・・

1105020001
朝起きて辺りを見ると、霧が晴れ上がる様子にいい1日の予感がしました・・・

1105020037
高山本線の撮影は、私にとってほぼ初めて。
高山近辺をスポットで撮影したことがあるものの、それ以外は未知の領域。
でも・・・新緑の美しさに助けられて、どこで撮っても絵になりました(嬉)

1105020070
飛騨一ノ宮駅からすぐそばにある「臥龍桜」。
樹齢1100年の見事な咲きっぷりでした。
今年は開花が遅く、私が訪れた5月2日でちょうど満開のころでした。
願わくば、青空をバックに撮りたかったのですが
この日は黄砂の影響で終日空が白っぽくてその願いもかなわず。

ただ、黄砂の影響の白い空のおかげで、新緑の様子を柔らかく撮れたと思ってます。
陽射しが強いと、コントラストが上がってきっと印象が違ったものになってましたね。

三十数カットでまとめたストーリー、ぜひご覧ください♪
はるいろ・高山本線

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.05.01

「薫風の大地を駆ける」

0605150008b
薫風の大地を駆ける

5月のトップページのカットはこんな感じにしてみました。
私の大のお得意先(?)、宗谷本線の春の風景です。

大型連休が明けると桜前線が一気に駆け抜けて、緑が日に日に濃くなります。
新緑の一歩手前の淡い田園風景を眺められるこの場所は
国道40号線の歩道の上、和寒の「かぼちゃの王国」の目の前です。

最近は高速道路でこのあたりはスルーしてしまうことが多いですが、
今年の5月の渡道では、久々に立ち寄ってみようかと・・・。

0605150009
特急サロベツ号、このあたりはトップスピードで駆け抜けます。
ファインダーの中を横切るのが速いこと!

0605150011

0605150012
稚内を目指してあっという間に見えなくなりました。

[ トップページ薫風の大地を駆ける ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »