« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010.07.28

駅の写真館-八木沢駅

0708140009
駅の写真館八木沢駅

駅の写真館」に追加しました。長野県のローカル私鉄・上田電鉄の八木沢駅です。

0708140046
夏の暑ぅぅい日。お隣の舞田駅からテクテクあるいて着いたのがこの駅。

0708140051
雰囲気は良さそうだなと事前リサーチしておいたのですが
照りつける太陽に対して日陰を提供してくれるその待合室は
私にとってオアシスのように思えたのです(ちょっと大げさ)

0708140012s
そんなつかの間のオアシスにもオチがありまして・・・

水分補給のためのペットボトルを完全に飲み干して、喉がカラカラだったんです。

0708140014
「駅前に自動販売機くらいあるだろう」と読んでいた私が甘かったです。
駅前はおろか、駅周辺の集落を歩いても1台たりとも見つからず。。。
田んぼのずーっと先の国道沿いにそれらしき箱が見えたのですが
その距離を目測すると「歩くのはちょっと嫌だなぁ」と、どうしても足が動きません(笑)

仕方がないので、電車を待って次の別所温泉駅へ移動・・・
たっぷりと水分を補給した後、またこの八木沢駅に戻って撮影を再開しましたとさ(^^;;

本編はこちらです↓
[ 駅の写真館上田電鉄別所線・八木沢駅 ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.24

大人の社会科見学-首都圏外郭放水路

7月23日。
休暇をいただいて、相棒と「社会科見学」に行ってきました。

行き先は「首都圏外郭放水路」。

名前だけ聞いても、ピンと来ない方が多いと思います。

その役割を、公式サイトから引用します(^^;;

>>洪水時に中小河川から溢れた水を地下トンネルに取り込み、
>>江戸川に排水している・・・

この「地下トンネル」の一部、「調圧水槽」が巨大な地下空間になっていて
その様子はパルテノン神殿のように見えるので「地下神殿」とも呼ばれています・・・

ここまで聞いて「!」と思ったそこのあなた、正解です♪

Dsc03723
埼玉県春日部市、江戸川のほとりにある「庄和排水機場」。
この建物の中にあるPR施設「龍Q館」に集合して、まずは概要説明を受けます。

Dsc03682
その後、建物の屋上から施設の位置関係を確認。
青い線で囲んだラインの下に巨大な「地下神殿」があります。

Dsc03684
その広場の外れ、調圧水槽の入り口からいよいよ内部へ潜入。

100段ほどの階段を下りきると・・・

Dsc03693
・・・息を呑むような空間がそこに広がっていました。

大雨が降り、周囲の河川の流量が増えていくと
この調圧水槽に水が貯蔵される仕組みで、年間数回の稼動があるとのこと。
外との気温差が激しく、内部は霧がかかっているようでした。

説明を聴き、地下神殿の自由見学時間に。上ばかり見上げている我々2人・・・。
写真を撮る私も楽しくて、ホワイトバランスをいじるとさらに幻想的な風景が撮れました。

Dsc03687

Dsc03709

Dsc03713

Dsc03716

Dsc03719b

Dsc03720

見学会に参加して「地下神殿」の役割をよく理解できましたし、
いちど行ってみたかった場所に行けて、またちょっと経験値が上がりました(笑)

江戸川河川事務所 首都圏外郭放水路
見学会:毎週火~金曜、事前予約要。1回あたり定員25名。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.07.21

「夏の久留里線 四景」

0708010041
夏の久留里線 四景」 

じりじりと暑くて外に出るのが躊躇するような日でも、
列車に乗って、のんびり揺られて、途中下車して、写真を撮りたくなるときがあります。

0708010002
これらを撮影した3年前の夏。ちょっといろいろあって、たくさん旅に出ていました。
ガタゴトと列車に揺られて、線路際でぼぉーっと過ごして。

0708010044
確かに暑いけれど、「暑いから夏なんだ」と思うようにしています。

2007年夏。久留里線のスナップ4カットはこちらから。
[ お気に入りの1枚夏の久留里線 四景 ]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.20

0717-野辺山宇宙電波観測所

7月17日の八ヶ岳ドライブ。最後に立ち寄ったのはここ。

Dscf0248
国立天文台 野辺山宇宙電波観測所

Dscf0250
宇宙からの電波を複数のアンテナで観測するとのこと。詳しくはよく分かりません(笑)

Dscf0251
この施設の本命はこれ。口径が45メートルあるそうです。確かに迫力。

Dscf0252

Dscf0253

Dscf0256

長男うど坊は、このアンテナがこの日のドライブでいちばん印象に残ったようです。

Dscf0258
夕方4時半、高原の風がちょっぴり涼しくなったところで帰路につきました=おわり=

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.18

0717-八ヶ岳界隈で美味かったもの2題

八ヶ岳界隈で美味かったもの、2題。

Dscf0223
道の駅はくしゅう。前回エントリーの「名水公園 べるが」の直近。

Dscf0224
ここで昼食に食べた手打ちうどんが激ウマでした!!
白州は水がきれいなところで、道の駅の中にも水汲み場があるほどです。
その水を使ったうどん、コシもあるし風味も豊かだし本当に美味しかったです。

Dscf0232
ところかわって、八ヶ岳山ろく・野辺山にある「ヤツレン」の直売所。
SLのイラストが描かれた牛乳などの乳製品はたまに地元スーパーで見るのですが
こんなところに直売所があったのか?ということで寄り道。

Dscf0233
おやつに、のむヨーグルト。130mlで100円。

「まぁ普通の飲むヨーグルトでしょ」とタカをくくっていた私がいけませんでした・・・。

飲むヨーグルトといいつつも、その濃厚さにびっくりしました。
今までにこれほど濃いやつを飲んだ記憶がありません!
家族みんなで「おいしい」と1本ずつあっという間に飲み干して、
さらに自宅に持ち帰り用の大瓶を改めて買い求めるほどでした(^^;;

Dscf0234
「ヤツレン」の「のむヨーグルト」、オススメですよ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.17

0717-山梨は白州で水遊び

世の中は3連休が始まりましたが、いかがお過ごしでしょうか・・・

初日の7月17日。我がどんぶり一家は久々に家族で遠出をしてきました。

Dscf0196_2
朝の中央道を西へ。
3連休の初日ということで大混雑するのが目に見えていましたが
渋滞のピークを外した時間に自宅を出たのでそれほど影響なし。ほっ。

向かった先は山梨県は北杜市・白州地区にある「白州・尾白の森名水公園 べるが」。
某社のミネラルウォーターの源水採取地として有名なところです。

Dscf0205_2
ここにやってきた目的は・・・やはり水遊び!

Dsc03296_2

Dscf0210_2
我が家の子どもたちももちろん参戦です!
私もひざまでジーンズをめくって足だけ水遊びを楽しみました。

Dscf0215_2
長男・うど坊が親水池で小さなカエルを見つけて大興奮。
何度も手ですくったり放したりと、すっかり気に入った様子でした。

Dsc03305_2
雲は多めながらも、十分に水遊びを楽しめました・・・(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.12

0704-田沢湖も立ち寄ってみた

7月4日、日曜日。

Dscf0168
ちょっとゆっくり宿泊先を出て・・・

Dscf0171
・・・クルマを田沢湖へと走らせました。

Dscf0174
私も小さい頃にここに来た記憶があります。確か小学校低学年かなぁ。
秋田に住んでいた祖父母と一緒に来て、おみやげとしてオモチャを買ってもらって・・・。
辰子像の記憶はありませんが、田沢湖に来たということだけははっきり覚えてます。

Dscf0172
そんな田沢湖の湖面の魚と戯れる我が長男・うど坊。

Dscf0173
辰子像前は「触れるのではないか?」というほど魚がうじゃうじゃでしたw

1007040020
角館駅でレンタカーを返却し、11時44分発・こまち14号で親子旅の帰路へ。

Dscf0187
初めて乗る新幹線の車窓、彼の目にはどう焼きついたでしょうか。(撮影:うど坊)

★★★

親子2人だけの長旅、以上でオシマイです。
後日、写真をフォトブックにまとめてしっかり保存しておこうと思っています。
もらってきた切符やポストカード類も含めて。
十数年後、大きくなったころに思い出話ができればいいなぁ・・・ってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.11

「もうすぐ盛夏」

1007040010
もうすぐ盛夏

2010年7月の親子秋田旅。最終日の午前中はレンタカーにて仙北地域を周ります。
前日7月3日の午後に続いて、この日の朝も内陸線沿線に出没しました。
それまでの天気予報はあまり思わしくない内容だったけれど、
実際には朝から陽が差して、嬉しい梅雨の中休み。
白っぽいけれど雲の表情がある空を大きく入れて撮ってみました。(本編はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.09

0703-秋田内陸線の「ホタル号」

1007030078
日が暮れたころ、再び秋田内陸縦貫鉄道・角館駅。

今回の旅のメインイベント・「ホタル号」に乗車です。

1007030080
予約してあった参加証を出札窓口で購入して・・・

1007030082
・・・電飾つきヘッドマークを掲げた「ホタル号」に乗り込みます。

このホタル号、角館駅を発車する普通列車1両に専用車両2両を増結して、
40分ほど走った上桧木内駅で分割して、ホタル号として改めて角館へ戻る行程。
帰りの列車は「ホタル鑑賞スポット」で臨時停車し、車内からホタルを眺めるというもの。
90名ほどの募集に対して2両編成がほぼ埋まっていたので、
鉄道会社にとっても集客はまあまあだったのではないでしょうか?

1007030083
行きの車内では内陸線の職員さんから資料が配られ、
ホタル号の取り組みについてやホタルの生態についての説明がありました。
ホタルって、成虫になると水しか飲まないって知ってた???

1007030087
ホタル号についての紙芝居や・・・

1007030088
・・・ホタルについてのミニクイズ大会なんかあったりして、意外と飽きさせません。
長男・うど坊も紙芝居を食い入るように見てましたよ。

で、肝心のホタルですが・・・

1007030090
もちろん車内から見ることができました!
(飛んでいる光跡が撮れたけど・・・ちょっと苦しいかな?)

途中、2箇所のホタルスポットで臨時停車。
車内の灯かりが消えると、すぐそばをホタルが飛んでいて感激。
みんな窓を開けたりして「こっちこっち!」なんて楽しんでいましたよ。
我々親子は運転席の真横の窓に入れてもらうことができ、違った意味でもプチ感激。

1007030093
ホタルスポットを発車すると、こんどは車内でホタル鑑賞会。
こんなに目の前で見られると思っていなかったので、貴重な経験になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.08

0703-ぐるっと秋田・乗り鉄旅

1007030029
秋田駅で小休止して、こんどは「リゾートしらかみ1号」へ。

1007030030
運転室後ろの特等席も堪能できました。

1007030036
景色の良い五能線方面へずっと乗っていたいけれど、今回は能代で下車。
恒例のバスケットボールもちゃっかり体験(^^;;

1007030039
能代駅から普通列車で1駅戻って東能代駅へ。

1007030047
さらに特急「かもしか1号」で鷹ノ巣駅へ。

1007030048
鷹巣駅からは秋田内陸縦貫鉄道へ乗り換えます。
内陸線の前半の車内は、「大人の休日倶楽部」の団体さんで大入り満員。
さらにうど坊もひざの上で眠ってしまい、外も強いにわか雨が降っていましたが・・・

1007030053
・・・阿仁マタギ駅で団体さんが全て下車し、
うど坊も目が覚めてくれて、空いた車内から「仙北の風景」を堪能。

1007030055
にわか雨が上がり、つかの間の青空も見えたりして・・・

1007030056
・・・13時21分、角館駅に到着です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.07

きょうは七夕

Dsc03168
エキナカの喫茶店の前の七夕飾り。

そばのテーブルには短冊とペンが置かれていて、
通りがかりの人が自由に願い事を書いて吊るせるようになっていました。

どれどれ・・・とのぞいてみると、思わずふきだしてしまいました(^^;;;;;;;;;

Dsc03169

その願い、かないますように(笑)

(東急電鉄 二子玉川駅)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あけぼの号の印象」

1007020017
あけぼの号の印象

7月最初の週末に乗ってきた寝台特急あけぼの号。
そのスナップ14カットをUPしました。(本編は→こちら

1007020011
あけぼの号のB個室寝台に思い入れがあるのは以前のエントリーに書きましたが、
寝台の個室だけではなく、機関車や客車の外観、そして内装のひとつひとつが
夜行列車の旅の雰囲気を盛り上げる大切なアイテムなんだな・・・と思いましたね。

本編にUPしたのは夜のスナップですが、もちろん朝のスナップもありますよ。

1007030014
庄内平野の朝陽。

1007030019
A個室寝台車の廊下。

1007030020
空いているB寝台にちょっとだけ腰掛けて。

1007030022

1007030018
このあけぼの号、余命いくばくもないという噂が流れてきています。
私にとってこれが乗り納めかも?と思うようにして、とにかくいろいろ撮ってみました。

7/11追記:12月の新幹線青森延伸で廃止の噂が流れましたが、存続とのことです。

[ お気に入りの1枚あけぼの号の印象 ]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.05

0703-あけぼの号のあけぼの

Dsc02842
目が覚めたのは、庄内平野の夜が明けようとしていたころでした。

Dsc02855
午前4時半過ぎ、長男・うど坊も目が覚めて。
日の出をじっと観察するという経験も、彼にとって初めてだと思います。

Dsc02862

Dsc02873

午前6時45分、あけぼの号は定刻に秋田駅に到着。

Dsc02874
寝台特急・あけぼの号での旅は、ひとまずここで終わりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.04

0702-あけぼの号で北へ

2010年夏。ほぼ衝動的に秋田へ行ってきました。

Dsc02762
きっかけは・・・長男・うど坊と「寝台特急に乗る」と約束をしたこと。

約束自体は以前からしていたけれど、
実際に出かけるタイミングがなかなかつかめずにいたのであります。
ただ、これから夏休みにかけては何かと忙しくなりそうだし、
今回乗った寝台特急「あけぼの」についてはあまり良い噂を聞かないし・・・。
「善は急げ」ではないけれど、前週末にきっぷを調達して、金曜日の夜から出発。

Dsc02777
あけぼの号に対しては、個人的には強い思い入れがあります。
私が15歳の頃だから・・・19年前に初めて乗った寝台特急があけぼの号でした。
母方の実家が秋田県南の奥羽本線沿線だったので、
高校に入る直前の春休みに一人旅をしたのが初めてのこと。

Dsc02764
初めて乗ったときも、やはりB寝台個室の上段の部屋でした。
それ以来、幾度も乗ったあけぼの号。1回だけ下段だったけど、それ以外は全て上段。

Dsc02802
そのB個室上段に、今回は長男坊も一緒の親子2人旅。すごく感慨深い瞬間でした。

Dsc02799
窓の外、流れ行く通勤電車にちょっぴり優越感を感じたりして・・・。

Dsc02816
長男うど坊は、個室寝台に対して何度も「すごーい」と言ってくれて喜んでいました。
いつもよりずっと遅くまで起きていたけれど、今夜くらいは好きにさせてあげましょう。
2人で寝る幅70センチの寝台。
ちょっぴり狭かったけれど、2人でいることに改めて感動。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.02

この週末はお出かけ

Pict4946
この週末は↑この列車に乗ってお出かけしてきます♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.07.01

「グリーン・カーペット」

0907180006s
グリーン・カーペット

梅雨明け間近の田園風景を
できるだけシンプルに、シンプルに。

高いところから撮影しているように見えるかもしれません。
でも、それほど高い場所ではありません。

クルマに常備している2段のアルミ踏み台。その上に立っただけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »