« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010.02.27

20100213-剣淵・絵本の館

Dsc08835

Dsc08831
帰り道。
いつもこんな風景を見て、名残惜しくなります。
「次も来よう」と、心に決める瞬間でもあります。

Pict3571
最後に立ち寄ったのは剣淵町にある「絵本の館」

Pict3563
剣淵町は「絵本の里」として町おこしをしています。その中心施設が絵本の館。
文字通り絵本がたくさん。子どもたちを放し飼いにする絶好のスポット(^^;

Pict3548
大人も夢中になれる「たまごのへや」。

Pict3560
木のボールが敷き詰められているプールは大人が昼寝してもキモチが良いっす(笑)

今回の旅で訪れた場所は、以前も何度か行ったことがある、いわば「リピーター」。
それらは特に著名な観光地というわけでもないのですが、
道北の自然というか、風土というか・・・やはり何かに惹かれるものがあるんです。

2010年冬の道北旅。長々とご覧いただきありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.25

20100213-松山農場の羊たち

Dsc08782
2010年2月13日、3日間の道北旅行の最後の朝。

Dsc08781
気温はここまで冷え込みました(^^;;

Dsc08803
ファームイン・トントに泊まったときに欠かせないのが「松山農場」の見学。

Dsc08821
Dsc08826
生まれて1~2週間の子羊たちがたくさんいました。

ただ興味本位で羊たちを見学するのではなく、
羊乳や羊肉をいつもありがとう!という感謝の気持ちを持たなければなりませんね。

Dsc08815
牧舎に入ると羊の迫力に圧倒されて必ず泣いていた長男・うど坊。
今回の見学で泣かずに見学できました!

Pict3573
この松山農場、2010年2月のAIR DOの機内誌「rapora」で紹介されています。
羊の毛を用いた羊毛クラフト作家 おおいえのりこさんと農場のオーナーさんとの話題。
行きの機内でこの記事を見てびっくりしましたね(^^;;
嬉しくなって、思わずCAさんに「これからここに行くんですよ!」なんて伝えたところ
自宅保存用として新しい機内誌を何部かいただきました♪

【おおいえのりこさんのサイト maaberry → http://www.maaberry.com/

Pict3595
特集のトビラのページは、ファームイン・トント前で撮った羊の写真。
知っている人は知っている我が長男・うど坊の名前は
まさにこの場所の広い風景に感銘を受けて名づけたものなんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.24

「真夜中のラッセル」

1002120013
真夜中のラッセル

サイトのほうを更新しました。前回の更新に引き続き、宗谷本線のラッセル車です。

1002120023
こんどは宗谷本線の夜のラッセル車がテーマであります。

2月11日。一家での道北旅行の途中、子どもたちが寝静まった23時。
布団から抜け出してカメラを用意し、真夜中の雪道を走る私がいました(^^;;

1002120026
夜のラッセル車、いちど撮影してみたいと思っていたのです。
結局、東恵橋で1発目を撮影し、恩根内~音威子府と追いかけてしまいました。

1002110012
東恵橋からのこのカット(1ページ目)、正直言ってほとんどボツです(^^;;
三脚をセットしているうちに列車が来てしまい、結局手持ちで撮影(泣)
手ぶれ補正があるといえども、シャッタースピード1/3秒でブレずに撮るのは無理!
降雪もかなりあってかーなりかすんだようなカットになってしまいましたが、
この場所からのこのイメージはストーリー上で欠かせないと思って撮ったので
イメージ写真として5割引くらいで見てもらえればありがたいです m(_ _)m

1002120005

1002120007



1002120009

1002120011
音威子府駅手前、スキー場下のカーブにて。
シャッタースピードは1/4秒、ISOは1600で設定。
ISOを上げてシャッタースピードを稼ぐともう少し上手に流し撮りができそうですが
画面がノイズだらけになるのもちょっとアレなので上げませんでした。
流し撮りって難しいですね・・・。

[ お気に入りの1枚真夜中のラッセル ]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.23

20100212-国産羊肉のジンギスカン

Dsc08688
夕暮れ時のトント前。

トントでの夕食の一番の楽しみはこれであります。

Dsc08716
ジンギスカン♪

ここ、ファームイン・トントは羊牧場が経営している「農場民宿」。
自家製の羊肉をたらふくいただくことができます。

Dsc08719
この夜は、同宿のお客さんにいただいた「チーズ」が緊急参戦!
ジンギスカン鍋の上でやわらかくなる程度まで焼いて食べると
実に香ばしいチーズの香りが広がって・・・これは美味かった!!

Dsc08765
食後はみんなで薪ストーブを囲んでゆったりのんびり。

羊肉の国内生産はわずかに100トン。その自給率はなんと0.3%だとか。
国産の羊肉を美味しくいただけるのも、この宿の実に大きな「魅力」であります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.22

20100212-なよろ雪質日本一フェスティバル

Dsc08612
今回の旅のお楽しみ、「なよろ雪質日本一フェスティバル」。

「子どもたちに雪と遊ばせたい」というのが今回の旅のテーマのひとつ。
ただ、某有名雪まつりのように会場が広くて・・・というのは敢えて避け、
地元の雪まつりでちょっと遊ばせることができればいいな。。。って。
実際、4歳と1歳の我が家の子どもたちにはちょうどいい規模でした。

Dsc08618

Dsc08626
名寄市街のちょっとした広場に市民制作の雪像が並びます。(うど坊・・・壊すなよ(^^;; )

Dsc08617
雪のすべり台。
2年前に支笏湖に行ったときにうど坊が大喜びしたことがあるので、
今回も楽しんでくれるかな・・・と思ったものの、1回で「もういい」だって。
大人の私も一緒にすべりましたが、思った以上にスピードが出るので怖かったのかも。

Dsc08630
その代わりに喜んでくれたのがスノーモービルの試乗。

Dsc08633
スノーモービルに引かれるそりに乗って♪

Dsc08645
雪像にほんのりと色味のある光が当たりだしたころ、トントに戻ることにしました。
夜のライトアップされた雪像も美しそうですねぃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.21

20100212-美深・井上食堂

Dsc08609
2日目の昼食は美深は国道40号線沿いにある「井上食堂」

Sa3d0013_2
一見して普通の食堂なのですが・・・

Sa3d0014
・・・メニューが豊富すぎるんです(^^;;  (ケータイの画像なので見にくいですが)

スープが7~8種類、麺も数種類、さらにしょうゆ味・味噌味・とんこつ味他6種類・・・
全ての組み合わせを計算すると300通りくらいになるでしょうか。

Sa3d0015
どの組み合わせで頼んだか自分でも覚えていなかったりする(^^;;;;
ただ、「これは美味い!」と絶賛できるような組み合わせに
いまだ出会ったことがないのも事実。(まだ2回しか行ったことがないけどね(笑))

ソフトクリームもSSサイズから6Lサイズまであるのでこれも食べたかったっす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.19

20100212-トントの朝

Dsc08486
いつも泊まるファームイン・トントの和室の窓から。

Dsc08487
ダイニングまで下りてくると、改めて雪の深さを感じることができます。

Dsc08504
テーブルに飾られている羊さんのぬいぐるみ。本物の羊の毛でできています。

Dsc08503
見る角度によっては、雪面が朝陽を浴びてきらきらと・・・

Dsc08501
やはり外はキンキンに冷えたようです。

Dsc08515
何回来ても大好きです。ファームイン・トントで過ごす朝。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.02.18

20100211-いつもの「トント」

この冬の北海道旅はいつもの道北方面へ。

宗谷本線のラッセル車を撮るという目的もそのひとつですが、
ここを訪れて、家族で楽しく過ごすというのがいちばん大きな楽しみであります。

Dsc08382
北海道美深町にある「ファームイン・トント」。
2003年に初めて訪れて以来、一家でとりこになりました。
羊牧場が経営する「農場民宿」。部屋数はわずかに4部屋の小さな宿。
大自然の中にある一軒家で、周囲には本当に何もありません。

宿泊した回数はもう両手では数え切れないくらいでして、
宿のオーナーご夫妻ともすっかり顔なじみ。
子どもを連れていくたびに「大きくなったね~」と言われるのがすごく嬉しいんです。

宿に着いて・・・日没近い時間でしたが、まずは子どもたちを着替えさせて雪遊び。

Dsc08371
ここまで積もった雪を見るのは次男・しん坊にとっては初めての経験。

Dsc08398
一方で、長男・うど坊がここに来るのは4歳児にしてすでに5回目。
すっかり勝手も分かっていて、放っておいても遊んできてくれます。

Dsc08392
ママさんダンプに次男・しん坊を乗せておおはしゃぎの図(^^;;

Dsc08400
たっぷり遊んだ後は、薪ストーブがある暖かいダイニングが待っています。

Dsc08773
トントの夜は静かに、楽しくふけていくのでありました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.16

「ラッセル! ラッセル!」

1002110003
「ラッセル!ラッセル!」

2月11日から13日にかけて撮影した宗谷本線のラッセル車のカットをUPしました。

1002120046
今回の北海道旅行の目的のひとつが、このラッセル車の撮影。
2004年12月、2006年2月にもこのラッセル車を撮影しているので、今回が3回目。

1002120055
毎日、しかも昼間に走るラッセル車は全国でもここだけ。注目度も高まっています。

1002120047
音威子府駅でのこのカット。実は長男・うど坊が撮影したもの。
最近は「おしゃしん撮る!」なんて言って私のカメラをよこすよう要求してきます。
彼には遊びのつもりだと思ってカメラを渡すのですが(落とさないことだけが心配・・・)
それなりに真剣に撮って、たまにハッとするような写真を残すので侮れません。

1002130012
注目度が高まっているためか、今回は撮影する「同業者」をあちこちで見かけました(^^;;

[ お気に入りの1枚ラッセル! ラッセル! ]

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2010.02.15

写真の整理をしています

Dsc08647

北海道で撮影してきたカットが300カットほどあって、ただいま写真の整理中。
明日のこの時間には1発目の更新ができるかと思います・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.14

帰宅してます

Dsc08836
今年1回目のほっかいど旅行から無事に帰宅しております♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.02.13

剣淵なう

剣淵なう
ここでしばらく昼寝していきたいです(^^;)

@剣淵 絵本の館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.12

音威子府なう

音威子府なう
雪! 雪! 雪!
@道の駅音威子府

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.11

美深なう

美深なう
北海道は美深にある「いつもの宿」に来ています♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.10

「くりでん・冬旅の印象」

01021103l
くりでん・冬旅の印象

前回のエントリーでは「9年前のくりはら田園鉄道」と題して
2001年に訪問したときのコンパクトデジカメによるカットを載せましたが、
今回はポジフィルムによるカットをこちらに4カットほどUPしてみました。

オフ会の間での慌しい訪問だったので数えるほどしか撮っていませんが
今の私だったらきっと1時間は夢中になれると思います。
2007年3月に廃止され、この沢辺駅も解体されてしまったそうです・・・。合掌。

01021102l

[ お気に入りの1枚くりでん・冬旅の印象 ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.09

たわいもない写真:その45

Dsc08326
SONY α700 /SONY DT 16-105mm F3.5-5.6(16mm)/ 1/4sec f5.6/ISO=1600

夜間撮影の練習・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.07

9年前のくりはら田園鉄道

前回エントリーではくりはら田園鉄道のカットをUPしましたが、
初めて訪問したのは2001年の2月のことでした。

当時のコンパクトデジカメによる写真をご覧いただきましょう。

Dscf4408
写真は同鉄道の東北本線からつながる起点・石越駅ではなくて
途中駅の沢辺駅から始まっています。
というのも、路線バスでここまで到着したわけでして・・・その理由はのちほど。

Dscf4409
雪が舞う駅に赤いディーゼルカーが入線し、終点の細倉マインパーク前を目指します。

Dscf4416

Dscf4417

Dscf4420
車両の(たぶん)最後尾から、みんなで雪景色の鉄路を眺めていました。

終点の細倉マインパーク前駅はちょっと質素な駅なので、
駅自体の写真は残っていないのですが・・・

Dscf4421
駅前に保存してあった電気機関車はしっかりと残っています。

Dscf4431
イメージ的に1カット・・・(^^;;

Dscf4439
起点の石越駅に到着して、みんなで撮影♪

ここまで「みんなで」という表現を2回使いました。
というのも、このときはオフ会での小旅行での「くりでん」訪問だったからです。

当時のオフ会の案内のメールが残っていました。行程はこんな感じでした。

盛岡(9:40)→一ノ関(10:53)  「お座敷列車ゆったり号」
一ノ関(11:00)→延年閣(11:31)  宮交栗原バス築舘行き

 ◆温泉入浴、昼食  

延年閣(14:01)→沢辺(14:11)  宮交栗原バス築舘行き
沢辺(14:28)→細倉マインパーク前(14:56)  くりはら田園鉄道
細倉マインパーク前(15:07)→石越(15:51)  くりはら田園鉄道
石越(15:59)→一ノ関(16:22)  539M
一ノ関(16:54)→盛岡(18:09)  「お座敷列車ゆったり号」

そういえば「お座敷列車」なんてありましたね。
今はすっかり淘汰されてしまいましたが・・・

Dscf4375

Dscf4395

Dscf4376

Dscf4377
機関車に引かれて走る列車なんて本当に少なくなりましたね・・・

【2001年2月11日撮影】

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.02.05

不定期刊「おうち通信」vol.5

先日、いよいよ「工事中の室内に入る機会」ができました。

Dsc07616
リビング+キッチン。手前が食卓テーブルを置くスペースかな?

Dsc07623
冬の午前11時の光線状態。陽射しの入り方は及第点でしょう。
ただし、15時を回るとリビングは日陰になってしまうようです。
いまの家のリビングが、冬ならば午前8時頃から日没間際までずっと陽が差すので
この差が部屋の暖かさにどう影響するかちょっと心配です。

Dsc07630
2Fの屋根裏収納へ続く可動式はしご。屋根裏といっても窓があるので明るいです!
はしごは大人でもちょっと怖いくらいの高さなので、子どもの遊び場には向きません。
ま、普段ははしごを天井に収納してしまうので遊び場にはなりえませんが。

まだ内装工事中なので、木材の切り粉がものすごくて服が真っ白になりました(^^;;

#このエントリーは会社の同期のK氏のリクエストでお送りしました。
#いいでしょ~!!!>K氏

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「さかみちのぼって」

0602180002
さかみちのぼって

今はなき「くりはら田園鉄道」。最後に訪問したのは2006年の2月でした。
ひでぶぅ氏のサイトで写真を拝見して、行ってみたいと思った「お立ち台」から。

高台の公園の駐車場の隅っこから、
ときおり舞う雪が下から吹いてくる風にあおられながら撮った1枚。

0602180000

[ お気に入りの1枚さかみちのぼって ]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.01

「湯瀬温泉駅の夜」

0702100019b
湯瀬温泉駅の夜

2010年2月のトップページのカットはこんな感じです。

今はなきJR花輪線の国鉄型気動車を、駅の北側の踏切近傍からバルブ撮影。
(ちなみに駅の南側踏切から撮ったカットはこちらです)
湯瀬温泉駅はその名のとおり、駅周辺にちょっとした温泉街があるのですが
午後6時だというのにシーンと静まり返っていました。
絶妙な位置に立った車掌さんが「直立不動」してくれたので、
6秒のシャッタースピードでもそれほどブレていません。助かりました。

0702100020
同じ場所、同じアングルから30sec f13で。

[ トップページ湯瀬温泉駅の夜 ]

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »