« 20100212-なよろ雪質日本一フェスティバル | トップページ | 「真夜中のラッセル」 »

2010.02.23

20100212-国産羊肉のジンギスカン

Dsc08688
夕暮れ時のトント前。

トントでの夕食の一番の楽しみはこれであります。

Dsc08716
ジンギスカン♪

ここ、ファームイン・トントは羊牧場が経営している「農場民宿」。
自家製の羊肉をたらふくいただくことができます。

Dsc08719
この夜は、同宿のお客さんにいただいた「チーズ」が緊急参戦!
ジンギスカン鍋の上でやわらかくなる程度まで焼いて食べると
実に香ばしいチーズの香りが広がって・・・これは美味かった!!

Dsc08765
食後はみんなで薪ストーブを囲んでゆったりのんびり。

羊肉の国内生産はわずかに100トン。その自給率はなんと0.3%だとか。
国産の羊肉を美味しくいただけるのも、この宿の実に大きな「魅力」であります。

|

« 20100212-なよろ雪質日本一フェスティバル | トップページ | 「真夜中のラッセル」 »

コメント

自分ところの牧場で育てた羊さんですから、鮮度がいいですよね。
自給率0.3%ですか。
実は先日、ここから取り寄せた羊肉を使って、自宅で焼き肉をしました。うまかったです。
でも、トントの食堂で食べるとさらにおいしそう~(^o^)

ところで一番下の写真の奥の方にいる赤いシャツの方が、トントのご主人では?
ほのぼのとした方ですが、我が家が泊まったとき外国からのお客さんがいて、その人と英語で会話していて「おっ」と思ったのを憶えています。

投稿: tagucyan | 2010.02.23 21:56

■tagucyanさん
tagucyanさんは「トントクラブ」へは入会されてますか?
http://matsuyama-farm.com/archives/2004/12/30005606.html

ウチはもちろん入ってますよ~。
ジンギスカン用の手切り肉と朝食に出てくるウインナーが年2回、4食分届きます。
これでしばしば遠き道北に想いを馳せている我が家です(^^;;
http://donburi.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-5d74.html

宿泊料金も割引になるので我が家は相当なメリットを享受しています。
年に最低は2泊するので、大人2人×2泊×2割引相当で数千円は違うかな?

tagucyanさんもぜひ!

そのとおり、椅子で舟をこいでいるのはオーナーの柳生さんです。
ガーガーいびきをかいて寝ていました(爆)

外国からのお客さんって、カナダ人の女性の方ではなかったですか?

投稿: どんぶり | 2010.02.24 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172745/47639328

この記事へのトラックバック一覧です: 20100212-国産羊肉のジンギスカン:

« 20100212-なよろ雪質日本一フェスティバル | トップページ | 「真夜中のラッセル」 »