« さくらの季節ですな | トップページ | 「やわらかな午後」 »

2009.04.01

エイプリルフールは工場で♪

「鉄道写真には飽きました! これからは工場写真です!」

・・・というのはもちろんウソです。

4月1日はエイプリルフール。

昨年に続き、今年も仕掛けてしまいました(^^;
きょう1日だけ、いつもの鉄道写真中心のサイトを「工場写真中心」にしてみました♪

D

本文中にも記述しましたが、このうちの「千鳥町」は私もたまに行く場所です。
なぜかというと、ここには貨物線の引き込み線が入っていて、
道路から間近に貨車の姿を見ることができるからであります。

背後にそびえるプラントの姿にもともと興味・・・というか、惹かれるものがありましたが
やはり書籍「工場萌え」で工場鑑賞というジャンルが確立されたことが大きいです。
機能至上主義のはずのプラントの配管が、有機的に見えるのが楽しくて
今回はたくさんカメラに収めて、エイプリルフールのネタとしてあたためていました。

Pict9803

このために3箇所の工場地域を3時間ほどで周りました。
神奈川県川崎市の浮島町、千鳥町をそれぞれ撮った後は
東京湾アクアラインを走って対岸の千葉県市原市の五井地区へ。
「日の出前→日の出直後→冬の青空」とそれぞれ色調に統一感が出たと思ってます。

Pict9854

写真の1点ずつにそれぞれ表題をつけることも考えましたが、実際には難しいですね。
1点ずつをじっくり眺めるよりも、たくさんのカットをぱらぱら眺めて
「整然としたごちゃごちゃ感」を楽しむのがきっと正解でしょう。

Pict9903

エイプリルフールのお遊びとしての1日限りの被写体変更。
昨年は飛行機、今年は工場・・・来年はどうしましょうか? (^^;;

いつもの鉄道写真と違った被写体の感想をひとこと殴り書きいただけると嬉しいです。

[ D's plant ]  <4月1日限定のつもりでしたがしばらく置いておきます

|

« さくらの季節ですな | トップページ | 「やわらかな午後」 »

コメント

うしゃしゃ~楽しみにしておりました!
確かに「工場萌え」ですね~♪
無機質な巨大なプラントが目に入ると
驚きと一種の戦慄を感じるのですが
そこに光の演出や、空・海のブルーが重なると
一気にドラマチックに動き出すような感じですね。
会社員時代、ユーザーがほぼ大規模工場で
独特の資材や油の匂いに包まれていて
それがだんだん好きになってきて。
夏には強い日差しに焼かれたアスファルトの上を
ぐったりしながら歩いた記憶がよみがえります。
長方形の工場の入り口に原料(資材)が入り込み
出口から製品がでてくるだけで感動したのを覚えてます。
写真に登場するプラントとはまた別の「萌え」感がありました。

来年?今度はスィーツでいかが?(^_^)

投稿: のりきち | 2009.04.01 09:12

今年のエイプリルフールも楽しませていただきました。
「鉄道に飽きたので・・・」だなんて嘘八百ですよね。クククッ。
でも、工場地写真のページを加えるのはあり得そう。ないかな?

投稿: テイク25 | 2009.04.01 09:38

やはり毎年の恒例行事にしないとだめですかね(^^;;

■のりきちさん
そうですか、工場に関連したお仕事をなさっていたんですね~。
確かに部外者には配管類は訳が分からないものですが
どのパイプがどこにつながって、何が通っているんだろうなんて考えるのは
想像力がちょっとふくらんで楽しいものですよね。

写真たちは空や海の表情にかなり助けられました。
来年はスイーツですか? うーん、考えておきます!

■テイク25さん
>>「鉄道に飽きたので・・・」だなんて嘘八百ですよね。
あながちウソではないかもしれなくないですよ~。(どっちだ?)
あ、もう日付が回って2日になっちゃった! ウソつけませんね!

工場地帯を走る鉄道の写真だったらいっぱいあります。
それらは機会をみて順次UPしていきたいと思ってますよん。

投稿: どんぶり | 2009.04.02 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172745/45066574

この記事へのトラックバック一覧です: エイプリルフールは工場で♪:

« さくらの季節ですな | トップページ | 「やわらかな午後」 »