« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009.04.30

たわいもない写真:その3

0904300007
2009-4-30 8:46

0904300009
2009-4-30 8:51

0904300010
2009-4-30 8:57
小田急電鉄小田原線 読売ランド前-百合ヶ丘(川崎市多摩区)

最近お気に入りの踏切にて。ひっきりなしにやってくる朝ラッシュの上り列車。
たまにはこんな「デンシャ!」な写真も撮りたいわけで・・・

| | コメント (0)

2009.04.29

「こんどは4人で北の大地へ」

Pict2777
[ 旅にでてみたこんどは4人で北の大地へ ]

サイトのほうを更新しました。
4月中旬に出かけてきた「いつもの北海道」の旅行記です。

いつもだったら帰宅後2~3日で仕上げてUPする方針なのですが
今回は嬉しい長期休暇中で毎日出かけまくっていたり、
休みが明けても結婚式やら飲み会やらで時間がとれなくて・・・遅くなっちゃいました。

完全に鮮度落ちですねぃ・・・雪もかなり溶けてしまったことでしょう。
でも、「4人で行ってきたよ」という記録ですのでご笑覧いただければと思います。

「10年目の長期休暇、いつもと違う旅がしたいね」

相棒とはそう話をしていたのですが、
小さな子がいるのでやはり気兼ねなく過ごせる
我々の常宿・ファームイントントにお世話になりました。

ただ、旅のバリエーションをつけるために
いつもは旭川空港から入るところを新千歳空港経由にして、
長男・うど坊が喜ぶように途中の鉄道利用を加えてみました。

レンタカーは滝川から借りたのですが、実はこれにエピソードがありまして。

クルマを走らせていると、油のにおいがしてきたんです(怖)

最初は「走行系の油漏れか?」と疑いましたが、
どうやら前の借用者が灯油をトランクルームにこぼしたようです。

窓を閉めると灯油のにおいが室内にこもります。
かといって、窓を開けると室内の空気が循環されてにおいが強くなる(泣)

レンタカー会社に連絡して、とりあえず走りは問題ない旨を報告し、
クルマの交換を検討するよう依頼しました。
しかし、レンタカー会社の営業所が道北方面では旭川と稚内しかないため、
3日目のお昼に立ち寄る稚内でしか交換するタイミングがないことが判明。
「交換のために宿までクルマを持っていく」という話も出てきましたが
旭川から美深町の宿まで片道2時間半、往復5時間・・・ちょっと頼めませんでした(^^;;

夜に窓を全開にして放置したり、トランクルームのパーツを外して走ってみましたが
それでもにおいに悩まされてしまい、ドライブの楽しみがちょっと減ってしまいました。

その後、稚内で無事にクルマの交換を済ませて旅を続け、
新千歳空港での返却時にレンタカー会社の担当者から謝罪がありました。

「料金割り引け~」と口から出かかっていましたが(爆)
もともと安い料金プランを使っていたことや
交換後のクルマがちょっとグレードが良いクルマだったことと
今回は旅の満足感が高かったことから、まぁいっか・・・って引っ込めてしまいました。

いま改めて思うと、もったいないことをしたかもしれませんね(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.04.27

たわいもない写真:その2

Pict2966
2009-4-27 12:56

久々に雲にカメラを向けました・・・

| | コメント (0)

2009.04.26

侍戦隊シンケンジャー

Pict2961
日曜日の朝のテレビ番組といえば、いわゆる「戦隊モノ」。
私も小さいころに見た記憶があります、もちろん。

我が家ではこれまで特に積極的に見せることはしなかったのですが
保育園で情報を仕入れてくるらしく、長男うど坊は「しんけんじゃー」を知っている・・・。

今朝、私が起きたら・・・我が家で初めてテレビからシンケンジャーが流れてました(^^;;

Pict2962

ただ、最後まで見ることはなかったので「絶対に見る!」という気はなさそう。
ちょっと見てどんなものだか確認したようで、気がついたらスイッチは切れていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.25

たわいもない写真:その1

Pict1822
2009-4-25 18:01
都内某所 友人の結婚式にて

#きのう・今日と飲み会が続いて連日帰りが12時です(^^;
#ほっかいどの旅行記はまだこれからです・・・

| | コメント (0)

2009.04.22

一日一写:その14

Pict1703
2009-4-22 10:57
小田急電鉄小田原線 伊勢原-鶴巻温泉(神奈川県伊勢原市)

★★★

私の勤務先では、勤続10年目の節目に2週間の特別休暇をもらえる制度があります。
私もこの4月でなんとか10年となり、早々に休暇を取得してしまいました。

「特別休暇といっても家でゴロゴロするのは絶対に避けたい!」
「普段できないようなこともしたい!」

・・・時間の使い方として選んだのはやはり「旅行」「撮影」でした。

家族で北海道にちょっとゆっくり出かけたり、あるいは独りで撮影の遠征に行ったり。
実は海外にひとり旅でもしてみようかなんて漠然と思っていたのですが
やはり国内の行きたいところに落ち着いてしまいましたね。

家で過ごす日も、必ずデジタル一眼レフを持って線路にカメラを向けるようにしました。
で、この2週間は「毎日ブログに1カットをUPする」ということを続けてみました。

実際には旅先からのブログの更新はケータイで撮った写真を使っていたので
画質の違いとかアングルの違いとかお分かりいただいていたと思います。

9日:秩父鉄道(埼玉県)
10日:留萌本線(北海道)
11日:宗谷本線(北海道)
12日:宗谷本線(北海道)
13日:宗谷本線(北海道)
14日:小田急多摩線(地元(笑))
15日:南武線(地元(笑))
16日:津山線~因美線(岡山県/鳥取県)
17日:因美線→福井県へ移動(鳥取県→福井県)
18日:えちぜん鉄道(福井県)
19日:福井県から夜行列車急行能登で帰宅(福井県→東京都)
20日:小田急小田原線(地元(笑))
21日:高島貨物線(横浜市)
22日:小田急小田原線(神奈川県西部)

まぁ毎日何らかの形でシャッターを切ったので、溜まったカットも膨大な量になりました。
連日撮影の計画を立てて、翌日の準備に時間を割いていたので、
はっきり言って撮ったカットの整理があまりできていません(^^;;

北海道の旅行記は作る予定ですので2~3日ほどお待ちを(^^;;;

保育園に子どもたちを迎えに行く時間が迫ってきました。
私独りの時間もあと10分ほどでオシマイ。また家の中がにぎやかになりますな・・・。
そろそろ現実に戻らないと明日からの職場復帰が・・・あぁぁ(泣)

| | コメント (0)

2009.04.21

一日一写:その13

0904210026
2009-4-21 13:56
東海道本線(高島貨物線) 鶴見-東高島(横浜市神奈川区)

| | コメント (0)

2009.04.20

一日一写:その12

Pict1553
2009-4-20 8:18
小田急電鉄小田原線 登戸駅(川崎市多摩区)

| | コメント (2)

2009.04.19

一日一写:その11

Pict1492
2009-4-19 4:33
JR高崎線 高崎駅(群馬県高崎市)  急行能登号

| | コメント (0)

2009.04.18

一日一写:その10

一日一写:その10
2009-4-18 13:47
えちぜん鉄道勝山永平寺線 越前竹原駅(福井県永平寺町)

| | コメント (0)

2009.04.17

一日一写:その9

一日一写:その9
2009-4-17 7:47
JR因美線 美作河井駅(岡山県津山市)

| | コメント (0)

2009.04.16

一日一写:その8

一日一写:その8
2009-4-16 8:42
JR津山線 建部駅(岡山市北区)

| | コメント (0)

2009.04.15

一日一写:その7

0904150001
2009-4-15 7:57
JR南武線 南多摩-府中本町(東京都稲城市)

| | コメント (0)

2009.04.14

一日一写:その6

0904140002
2009-4-14 13:27
小田急電鉄多摩線 小田急永山-はるひ野(東京都多摩市)

| | コメント (0)

2009.04.13

一日一写:その5

一日一写:その5
2009-4-13 6:04
旧国鉄美幸線 仁宇布駅跡(北海道中川郡美深町)

| | コメント (0)

2009.04.12

一日一写:その4

一日一写:その4
2009-4-12 13:35
宗谷本線 稚内(北海道稚内市)

| | コメント (0)

2009.04.11

一日一写:その3

一日一写:その3
2009-4-11 12:57
宗谷本線 智北(北海道中川郡美深町)

| | コメント (0)

2009.04.10

一日一写:その2

一日一写:その2
2009-4-10 13:43
留萌本線 北一已(北海道深川市)

| | コメント (0)

2009.04.09

一日一写:その1

0904090012
2009-4-9 9:58
秩父鉄道 ひろせ野鳥の森-大麻生(埼玉県熊谷市)

| | コメント (0)

「雨上がりの予感」

0604100010b
雨上がりの予感

青空に映える桜もきれいですが、雨に濡れる桜も悪くないものです・・・。

とは言ってみたものの、やはり雨の日の撮影は大変ですね。
調子に乗ってモチベーションが高ければいいのですが、
実はこの日はカメラトラブルなんかもあって沈みがちな気持ちでした。

帰りの時間の関係で、鳥取県は若桜鉄道でのラストカットは14時過ぎ。
桜にピントを合わせて待っていると、空が急に明るくなりました。
しとしと降っている雨も、気持ち小降りになったかな・・・と思った瞬間でした。

[ お気に入りの1枚雨上がりの予感 ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.04

「SAKURA meets 201」

0604010011
SAKURA meets 201

東京や横浜の桜はこの週末に満開を迎えたようですが、これは標準木での話。
郊外に住む私のところは、実際にはまだ5~6分咲きという気がします。

今回の更新は自宅からクルマで30~40分ほどの場所でのカットたち。
東京は立川を流れる残堀川と中央線が交わる鉄橋での9カットです。
(いま調べたのですが、この残堀川の上流は昭和記念公園を貫いているんですね)

0604010004
さくらの花に彩りを添える電車は注目の中央線の201系。
現在は新車投入に押されて2編成のみの在籍ですが
これを撮った当時(3年前)は新車はまだ影も形もなく、全てが201系電車。
ステンレスの新しい車両もいいけど、オレンジ色1色の車体も映えますね。
上述のように2009年4月現在では2編成が残るのみですので
撮影できるチャンスは当時と比べて極端に少なくなっていますね。

0604010016
川沿いの桜並木の両側に遊歩道が沿っています。
高台もあるので、「見上げても良し」「眺めてもよし」「見下ろしても良し」と
変化に富んだ撮影地なのではないかな・・・と思います。

[ お気に入りの1枚SAKURA meets 201 ]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.04.02

「やわらかな午後」

0604090030b
やわらかな午後

4月のトップページのカットを入れ替えました。
夕方近くのやわらかい光に包まれた山陰の海辺の集落。
その中を走る列車の姿を、背景に半島を浮かべて撮ってみました。
国道沿いの高台のスペースからの見晴らしはすごく良かったものの
鉄道の姿を撮るにはちょっと工夫が要るような感じでした。
画面右下の桜の木はどうしても入れたかったのでこんなアングルですが
列車のオレンジ色が絶妙なバランスで引き立ったかな・・・と思っています。

0604090031
同じ列車を同じ場所で違うアングルにて。水平線が傾いてしまいました(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.01

エイプリルフールは工場で♪

「鉄道写真には飽きました! これからは工場写真です!」

・・・というのはもちろんウソです。

4月1日はエイプリルフール。

昨年に続き、今年も仕掛けてしまいました(^^;
きょう1日だけ、いつもの鉄道写真中心のサイトを「工場写真中心」にしてみました♪

D

本文中にも記述しましたが、このうちの「千鳥町」は私もたまに行く場所です。
なぜかというと、ここには貨物線の引き込み線が入っていて、
道路から間近に貨車の姿を見ることができるからであります。

背後にそびえるプラントの姿にもともと興味・・・というか、惹かれるものがありましたが
やはり書籍「工場萌え」で工場鑑賞というジャンルが確立されたことが大きいです。
機能至上主義のはずのプラントの配管が、有機的に見えるのが楽しくて
今回はたくさんカメラに収めて、エイプリルフールのネタとしてあたためていました。

Pict9803

このために3箇所の工場地域を3時間ほどで周りました。
神奈川県川崎市の浮島町、千鳥町をそれぞれ撮った後は
東京湾アクアラインを走って対岸の千葉県市原市の五井地区へ。
「日の出前→日の出直後→冬の青空」とそれぞれ色調に統一感が出たと思ってます。

Pict9854

写真の1点ずつにそれぞれ表題をつけることも考えましたが、実際には難しいですね。
1点ずつをじっくり眺めるよりも、たくさんのカットをぱらぱら眺めて
「整然としたごちゃごちゃ感」を楽しむのがきっと正解でしょう。

Pict9903

エイプリルフールのお遊びとしての1日限りの被写体変更。
昨年は飛行機、今年は工場・・・来年はどうしましょうか? (^^;;

いつもの鉄道写真と違った被写体の感想をひとこと殴り書きいただけると嬉しいです。

[ D's plant ]  <4月1日限定のつもりでしたがしばらく置いておきます

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »