« 線路際へ行ってきました(2) | トップページ | 今年もからくりカレンダー »

2009.01.07

「少年」

02010302l2
少年

サイトのほうを更新しました。
今から7年ほど前、「EL&SL奥利根号」に乗ったときのスナップです。

客車列車って乗ったことありますか?
「電車」ではありません。機関車に引っ張られて走る「客車」の列車です。
客車の進行方向のいちばん前のデッキまで来てみると、
このように、機関車の顔とガラス越しではありますが対面することができます。

02010301l

通路からちょっと奥まっていて、行き止まりなので人通りも少ない・・・
私もこの場所に行くと、時間を忘れてしばらくたたずんでいました。

偶然見かけた少年が、私の姿を投影しているように見えたので
横から1枚だけ撮らせてもらったのが今回の1枚です。

機関車に引かれる客車列車は、廃止が相次いで本当に本当に少なくなりました。
この場所に立つことができる、というのはかなり貴重なことだと思います。
電車の旅ではなく、客車の旅。生きているうちにあと何回できるでしょうかね。

Dscf8022
2002-1-3 EF6019 EL&SL奥利根号 上野駅

[ お気に入りの1枚少年 ]

|

« 線路際へ行ってきました(2) | トップページ | 今年もからくりカレンダー »

お気に入り-鉄道風景」カテゴリの記事

コメント

わかりますわかります。
機関車の動輪が刻む重たいジョイント音、モーター音。
連結器の軋み。

日常の「電車」では感じることのできないモノがあるんですよね。
よ~くわかります。
私も少年の頃は、あの場所に飽きることなくたたずんで
機関車の力強さを体で感じていたものでした。

客車列車、減っちゃいましたね・・・

投稿: いじわるビーバー | 2009.01.08 09:40

■いじわるビーバーさん

お分かりいただけたようで(^^)
私にとって、客車のデッキといえば50系客車。
高校生のとき、秋田にある母方の実家に遊びに行ったときに
赤い客車列車に乗って撮影に出かけたことがあります。
撮影地最寄の駅までこのデッキで過ごし、
初めてまじまじと見る「赤い機関車」の表情を飽きずに眺めてました。

いじわるビーバーさんも述べられているように
「日常では感じることができないモノ」を
多感な高校生の私は存分にこの場所で受け止めていましたね。

投稿: どんぶり | 2009.01.08 23:39

こんばんは。
昨年末の北海道旅行で急行はまなすに乗りました。
B寝台の上段でしたが、揺れが少ないので運転士が上手いのかとも思いましたが、
自分が乗り慣れて揺れにも慣れてきているからだろう、と。f(^-^;
客車列車が全く無くなってしまうというのは当分はないでしょうけど、
機会があれば乗っておきたいですね。

投稿: かぜのね | 2009.01.09 21:34

■はまなすさん

年末の北海道旅行の様子、ブログで拝見していました。
特に帰り道は影響を受けたようで大変でしたね・・・。

「はまなす」は乗ったことがありません。
青函トンネルをくぐったのも2回かな?
うち1回は学生時代。
「急行 八甲田号」がそのまま「臨時海峡」になる列車でした。
上野から函館までずっと同じ座席での鉄道旅。
青い客車にずっと乗ることができた当時が懐かしいです。
ちなみにもう1回は新婚旅行の「カシオペア」です(^^;

投稿: どんぶり | 2009.01.09 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 線路際へ行ってきました(2) | トップページ | 今年もからくりカレンダー »