« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009.01.27

「氷結」

0801260011
氷結

サイトのほうを更新しました。去年の今頃、北海道は日高本線でのカットです。

日高本線を訪れたのは数年ぶり。しかも冬の日高本線は初めて。
氷結した川を渡るカットがよく発表されていますが、
周辺のどの川も同じように氷結しているのにはワクワクしました。

線路に沿う国道をクルマで走っていても列車に追いついてしまうので、
撮影→追いかけ→併走→追い越し→停車→撮影・・・と、
ひとつの列車を何度も撮影することができました。
ただし、撮影ポイントは国道沿いのいわば「お手軽ポイント」になりますが(^^;;

今回のカットはそんなお手軽ポイントのひとつ。
付近にクルマを止め、カメラを持って橋の上に立つとほどなく列車がやってきて、
さくっと1カット撮った後はすぐにクルマに戻り、追いかけを開始したのでした・・・。

[ お気に入りの1枚氷結 ]

| | コメント (0)

2009.01.21

「冬の吾妻線」

0901200008
冬の吾妻線

サイトのほうを更新しました。先日行ってきたJR吾妻線のカットを早速UPです。

この路線は一昨年の夏に鉄道利用で撮影しました。
このときに沿線の様子をだいたいつかんだので、今回は自動車利用での撮影。
列車の中と外からた沿線の風景は、私のお気に入り路線になりそうです。
少なくとも、桜の季節と新緑の時期、そして紅葉の時期に再訪したいと思ってます。

0901200024
8カット目の列車を後打ち撮影。
ステンレス製の車両がどんどん増えている中、ここ吾妻線の車両はオール鋼製車。
しかし、近年中のステンレス車への置き換えが見えてきているので
しばらく通っていろいろ撮っておきたいなぁ・・・と思っています。
自宅からもちょうどいい距離ですし、沿線には立ち寄り温泉もたくさんあるし(笑)

[ お気に入りの1枚冬の吾妻線 ]

| | コメント (0)

2009.01.20

吾妻線へ行ってきました

1月20日は休暇をいただいて群馬県はJR吾妻線の撮影に行ってきました。

撮影したカットの一部は現在更新作業中・・・UPは明日かな?(今日はもう寝る・・・)

「帰ってきました」という取り急ぎの報告でした♪

0901200023

| | コメント (0)

自由雲台

写真の撮影機材のお話。

Pict2446
今まで使っていた三脚の自由雲台にガタがきはじめたので買い換えました。

三脚の雲台って「2本ハンドルタイプ」と「ボールジョイントタイプ」がありますが
ストッパーのねじをひねるだけで撮影後の収納ができる後者を愛用しています。

Pict2441_2
三脚は比較的小型なもの。鉄道利用での撮影でも持ち運びが楽なように。
ただ、最近はもうひとまわり大きいサイズのも欲しいなぁと思うことがあります。

Pict2450
縦位置時の構成はこんな感じ。
三脚+自由雲台+クイックシュー+L字アングル+縦位置グリップ+カメラ本体。
完全にアタマでっかちですね(^^;;
基本的には三脚使用時でもカメラを持ってシャッターを切るので不都合はありません。
三脚を使ういちばんの理由は「アングルがずれるのを防ぐため」であります。

20日は休暇をいただいたので撮影に出かけてきます。
行き先は群馬県を予定しております~。

| | コメント (0)

2009.01.17

ペーパークラフトとおくるみ

タイトルに関連性はありませんのであしからず・・・

長男・うど坊のために消防車のペーパークラフトを作りました。

Pict2475

最近、ペーパークラフトの製作がちょっぴり楽しいです(^^;;
元手がほとんどかからない割には、作ってやると子どもが喜んでくれるし
自分自身にとっても「手を動かして作る楽しみ」みたいなものを味わうことができます。

すぐにぐちゃぐちゃにされるのが分かっているのに、敢えて丁寧に作ってみたりして
気がつくと子どもそっちのけで製作活動にのめりこんでいる自分がいますね(笑)

Pict2477
作ってあげたら「うぅ~! かじだ~!」と遊んでくれました♪

★★★

次男・しん坊には、いつもお世話になっているらいははさんからプレゼントが届きました。

Pict2480
「おくるみ」であります(^^)

次男・しん坊が生まれてから早くも2ヶ月が経ちました。
すでに風邪をひいて心配させる場面もありましたが、おおむね順調に経過してます。
泣けば親がやってくることや、口元に笑みを浮かべると親が喜ぶことも覚えたみたい。

送り主のらいははさんとはしばらくお会いしていないので、
今年こそは猫町さんで待ち合わせをしてお礼をしたいなぁと思ってます(^^;;

改めてこの場を借りてお礼申し上げます>らいははさん

| | コメント (2)

2009.01.13

「引き込み線」

06010808l2
引き込み線

サイトのほうを更新しました。
今から3年前、大井川鉄道にある引き込み線でのスナップです。

地図を見ていて「この線路、何だろう?」と思うことがあります。
工業地帯の引き込み線なら馴染みが深いのですが、
大井川鉄道のそれは「実際に行ってみなければ!」と思わせるのに十分でした。

この引き込み線、列車が通る頻度はおそらく1週間に1回くらいでしょう。
保線用の車両が時たま通るだけ・・・と想像しますが、
その途中には立派すぎる踏切が整備されつつあり、軽い違和感を覚えました。

Pict3103

Pict3104_2
か細い引き込み線に本線級の立派な踏み切り設備・・・過剰ではないですかぁ?

なお、6カット目と7カット目ですが、道路上からの撮影であることに触れておきます。
現地は鉄道敷地と道路の境界があいまいで、それを隔てる柵などないので、
入ろうと思えば線路に入り、機関車に近づくことができてしまいます。
人気もないところなので敷地内に乱入・・・とはなりませんようお願いしますね。

[ お気に入りの1枚引き込み線 ]

| | コメント (0)

2009.01.12

どんど焼き

Pict0164

Pict0169

私が住む街で「どんど焼き」が行われました。

自分が住む地区のどんど焼きを見に行くのは、6年間住んでいて実はこれが始めて。
広報に出ていた時間ぴったりに現地に着いたものの、もう8割が焼けていました・・・。

長男うど坊を連れて行き、どんど焼きについていろいろ教えてあげたかったのですが、
燃え盛る炎に「こわいぃぃ!!!」と大泣きしてしまって、全く近づけず(^^;;

「たきび、たのしいねぇ!」と、必要以上の興味を示されるよりはいいでしょう(笑)

Pict0171
待機していた消防車にだけは興味津々でした(^^;;;;;

| | コメント (0)

2009.01.11

「ちょうどいい」動物園

午後から一家で動物園へ行ってきました。

Pict0114
東京都羽村市にある「羽村市動物公園」。
東京の中でもそれほど大きくない自治体が持っている小さな動物園。
小ぢんまりしているけれど、評判は良いとのことでいつか行きたいと思っていました。

大人の入場料300円(安い!)×2人分=600円を支払って中に入ると、
まずはレッサーパンダが出迎えてくれます。
長男うど坊はこの時点で「れっしゃーぱんだ!」と大はしゃぎ。

Pict0120

歩くペースは子どもに任せて、のんびりと園内を1周しました。
どの檻の前でも「**さんこんにちは!」と声をかける長男うど坊。
高いところにぶら下がるサルに「あぶない!」と声をかけるのがほほえましいです(^^;;

Pict0130
園内の一角には蒸気機関車も保存されています。
ペンキがかなり厚塗りされているので状態はあまりよくありませんでした。

この羽村市動物公園、我々が思っていた以上に楽しめました。

希少種はあまりいないようでしたが、幼児が楽しむ動物園にはこれは不要でしょう。
キリンやシマウマを筆頭に、基本を押さえた種類の動物たちがいるのでこれで十分。
希少種は親のほうがどう解説していいかわからないし、
希少種のことを子どもに説明しても理解するのが難しいだろうし。

それから「狭くもなく、広すぎず、ちょうどいい」サイズも好適です。
のんびり周っても全部を見るのに2時間はかかりません。
これ以上広い動物園は、子どもにとって歩いているだけで疲れてしまうでしょう。
「隣を見ると次の動物が視角に入る」というまとまりがちょうど良かったですね。

| | コメント (2)

2009.01.08

今年もからくりカレンダー

日ごろ懇意にさせていただいているテイク25さんから、
今年も「からくりカレンダー」が届きました。

Pict2440

ほんと、毎年ありがとうございます♪

「今年も絵手紙風のイラストかなぁ」と思って包みを開けたところ、
出てきた絵柄は見事な篆刻。思わず「おぉぉ」と声を上げそうになりました。
自作の消しゴムスタンプで押されたそうで、相棒も「器用だねぇ」と褒めていましたよ。

毎年いただくこのカレンダーを置く場所として、
相棒のパソコンラックの上に定位置を確保していたのですが、
実は昨年末にリビングの模様替えをして、この「定位置」がなくなりました。
暫定的にカラーボックスの上のちょっとしたスペースに置いてみましたが、
さてどこに置こうか・・・と、相棒と楽しく考えたいと思っています。

| | コメント (2)

2009.01.07

「少年」

02010302l2
少年

サイトのほうを更新しました。
今から7年ほど前、「EL&SL奥利根号」に乗ったときのスナップです。

客車列車って乗ったことありますか?
「電車」ではありません。機関車に引っ張られて走る「客車」の列車です。
客車の進行方向のいちばん前のデッキまで来てみると、
このように、機関車の顔とガラス越しではありますが対面することができます。

02010301l

通路からちょっと奥まっていて、行き止まりなので人通りも少ない・・・
私もこの場所に行くと、時間を忘れてしばらくたたずんでいました。

偶然見かけた少年が、私の姿を投影しているように見えたので
横から1枚だけ撮らせてもらったのが今回の1枚です。

機関車に引かれる客車列車は、廃止が相次いで本当に本当に少なくなりました。
この場所に立つことができる、というのはかなり貴重なことだと思います。
電車の旅ではなく、客車の旅。生きているうちにあと何回できるでしょうかね。

Dscf8022
2002-1-3 EF6019 EL&SL奥利根号 上野駅

[ お気に入りの1枚少年 ]

| | コメント (4)

2009.01.05

線路際へ行ってきました(2)

前回の続きです)

「線路際で列車を中心に撮る」といっても、ずっと同じアングルではすぐに飽きます。
数本の列車を同じアングルで撮影し、線路際から離れていつものペースでの撮影。
周囲は水田なので、いろいろな撮り方ができるんですよねぃ。

0901040023
空を大きく入れて・・・

0901040028
あるいは流し撮りで・・・

0901040057
下からあおってみたり・・・。
この写真の左隣には、同じように列車を撮影されている方が何人かいたのですが、
こんな撮り方をしているのは私だけ。いわば確信犯です(^^;;
ひねくれた私は「みんなと違う方向にカメラを向ける」ことが楽しいんですよね。

0901040047
1月の成田付近の撮影のお楽しみは「成田臨」の存在。
成田山新勝寺の初詣客のために、団体専用の列車が何本か走ります。
普段は撮る機会がないのでこちらは正攻法で押さえさせていただきました。

「よく知り合いに連れてもらって、この成田臨を撮りにきたっけ・・・」
十数年前の私は、確かにこの場所に立っていました。
特別な列車がやってくるときの緊張感がたまらなく懐かしくて、
列車が通り過ぎた後もしばし感傷にひたっていました。

| | コメント (0)

2009.01.04

線路際へ行ってきました(1)

1月4日。今年初めて列車にカメラを向けてきました。

行き先は千葉県。総武本線の物井-佐倉間。
2009年1月のトップページのカットに見える踏み切りです。

0901040061

正月三が日の関東は実にいい天気に恵まれました。
そんな青い空と澄んだ空気に「どこかに行きたい」とココロを動かされ、
三が日が明けた4日、相棒に出撃許可をいただいて、2009年の初出撃です。

どんな写真を撮ったかというと・・・

0901040019

私にとっては珍しく「列車が中心」の写真です(^^;;

なんかね、うずうずしてたんですよ。「こういうのが撮りたい」って。
ただ、順光ではなくて逆光で撮っているというのは自分らしいですが。

0901040016

列車の姿をいかに格好よく、バランスよく、ピントをしっかり合わせて撮るか。
10~15年ほど前の自分の撮影スタイルはこんな写真が中心でした。

房総を走る列車は、この先何年かのうちに「世代交代」が行われます。
国鉄時代の設計の重厚な走りをする普通列車も、
JRに入ってすぐに製造され都心と成田空港をひたすら往復した特急列車も
2~3年後には車両が入れ替わり、ガラリと顔ぶれが変わります。

「撮れるうちに撮っておきたい」

こんな想いもあって、久々にこの場所でカメラを構えたいと思っていたんですよね。

次回へ続きます)

| | コメント (0)

2009.01.03

駅の写真館-JR山手線29駅

Tokyo

サイトのほうを更新しました。
「JR山手線29駅」の全ての駅で1枚ずつ・・・いつもと趣向を変えてみました(^^;

「全ての駅で1枚ずつ」
3時間もあれば山手線を1周できるだろうと考えてましたが、
実際にはその倍くらいの時間がかかりましたね。
午前10時頃から神田駅を皮切りに、内回り電車に乗って1駅ずつ移動。
できるだけ駅の特徴を入れて撮ろうという目標を立てたのですが、
5~6駅移動したところになると集中力が落ちてしまい、
電車を降りたところで、第一印象優先でぱっと撮って、すぐ撤収(^^;;
肝心のスタートの神田駅では画面のどこにもホームの姿がなく、
「駅で撮った写真」ではなくて「駅から撮った列車写真」になってしまいましたが、
「全ての駅で撮った」ということに免じて許してやってください(笑)

Pict9383_2
2008-12-27 目黒 (α-7D)

29駅のうち、27駅分は2005年12月の撮影。
それをのぞいた目黒駅と東京駅の2つだけは最近(2008年12月)の撮影です。
目黒駅は半地下の構造なので暗くて撮りにくく、ポジフィルムで撮ったカットは失敗。
東京駅は夕方時間切れとなってしまい、撤収して自宅に帰ったので未撮影。
この2つの駅をいつか補足撮影してUPしたいと思っていたところで、
いつも拝見している東雲紀行のサカモトさんのブログにて
山手線のエントリーがいくつか続いたことで火がつきました・・・。

Pict9391
2008-12-27 目黒 (α-7D)
75-300mmf4.5-5.6 200mm 1/60 f5.6 ISO800

2005年から2008年までの間に一眼レフをデジタル化しました。
そのおかげで、目黒駅のような薄暗い駅でも手持ち撮影が可能になりましたね。
フィルムはフィルムでデジタルにはない長所はたくさんありますが、
デジタル化したおかげで機動力は何倍にもなったように思います。

[ 駅の写真館JR山手線29駅 ]

| | コメント (2)

2009.01.01

「薄氷の朝」

あけましておめでとうございます(^^;

2009年の元旦は、例年通り相棒の実家で過ごしました。
長男うど坊もずっとテンションが高いまま過ごして機嫌が良かったです。
実家に行く前に、近所の神社へ寄って家族4人でささやかな初詣。
「家族なんだなぁ」と、自分の周りのことを再認識した1日でもありました。

何はともあれ、今年もこのブログをのぞいていただければと思います(^^;;

さて。1月のトップページの更新はこんな感じです。(昨晩のうちにUPしましたが)

05010302
[ 薄氷の朝 ]

撮影したのは今から4年前の1月3日。
例年、元旦は相棒の実家で、1月2日は私の家系の新年会で過ごします。
1月3日にもなるとのんびりと自宅で過ごし、食べ過ぎに憂慮しているはずです(笑)

この日は「どこかへ撮影に行きたい」という気持ちが強かったのでしょう。
夜明け前に自宅を出て、千葉県に入って高速道路を下りたところのファミレスへ。
まだ長男は生まれていなかったので、相棒と2人で優雅に朝食をとりました(^^;;

この場所(総武本線物井-佐倉間)は有名撮影地のひとつなのですが、
ちょっと周りを観察してみたところで、田んぼに薄氷が張っていたのを発見。
薄氷と朝の光、そして田んぼに降りた霜と列車をからめて撮影してみました。

この日に撮影したクリアーな光と青い空がまた見たくて
いつか冬の時期に再訪問したいと思っているのですが・・・今年はどうでしょう?

[ トップページ薄氷の朝 ]

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »