« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008.06.28

「マーガレット 風に吹かれて」

04062711
マーガレット 風に吹かれて

サイトのほうを更新しました。
北海道の小さな無人駅のマーガレットと、通過する特急列車をからめた1枚。
1/90というスローシャッターにして通過する列車に動きをもたせました。
モニタの画面上で見るとちょっと露出オーバーに見えるかもしれません。
しかし、これはこれで正解で、フィルム原版も少し露出オーバーなんです。
明るめの画面に緑・青・白といった色彩が爽やかさを醸し出していて
原版で見ると本当にきれいな絵なのですが・・・伝わるでしょうか?

[ お気に入りの1枚マーガレット 風に吹かれて ]

| | コメント (2)

2008.06.23

「中休みの空」

0806210061b
中休みの空

サイトのほうを更新しました。
お知らせどおり、先週末に撮影してきたJR只見線でのカットです。

「雨」という予報にもかかわらず、空はいい天気・・・。
それならば!と、気分を入れ替えて空を入れて撮ってみました。
ちょっと湿度が高そうな白っぽい空でしたが
幸いにも表情のある雲がぷかぷかとずっと漂っていたので
夏の強い日差しとからめて、いい感じで撮れたかなと思っています。

0806210062
同じ場所での別カット。車両の先頭の「お顔」の部分を画面に入れるとこんな感じ。

撮影に対するスタンスとして、「車両を撮る」ということをテーマとして重視するのならば、
列車の「顔」は画面に入れるのが当然、あるいは自然かもしれませんが
「顔を画面に入れなくてはいけない」というようなこだわりは、私はもっていません。

この場面の場合、構図や画面のバランスを直感で考えた結果、
広角レンズを使っているので収差の影響で顔がゆがむこともあり
前者のカットのように白い車体を画面端まで入れた方がいいと判断しました。

シャッターを切る位置もちょっと悪いし・・・やっぱり後者のカットはボツですね(^^;;

[ お気に入りの1枚中休みの空 ]

| | コメント (3)

2008.06.22

この週末は只見線へ

ここのところ仕事が忙しく、対応に気を使う案件ばかりが続きました。

「うーん、リフレッシュしたい・・・リセットしたい。」

ということで、この週末は福島県は奥会津・JR只見線の撮影に出撃してました。

いつもは相棒や我が息子を連れてドライブがてらの撮影が多いですが、
今回は年に数回の「撮影集中旅」。私ひとりの単独行動。やりたい放題です。

金曜日の仕事が終わってから自宅で準備を終えて、夜23時にクルマで出発。
高速道路を夜通し走り、翌朝の只見線の一番列車から撮影。
そのままあちこち立ち寄りつつ撮影をこなし、夜景撮影まで楽しんでから帰宅の途へ。
日曜日の深夜というか未明に帰宅したので、この週末はまともに布団で寝てません。

というわけできょうはオヤスミナサイ。。。

0806210063
雨という天気予報をチェックして出かけたのに、実際は夏の雰囲気満点の晴天。
写真のほうも「自分なりの目線で見た只見線」が撮れたように思います。
(撮ったカットは明日あたり更新します(^^;; )

ちなみに、今回の走行距離は793km、燃費は19.78km/Lでした♪

| | コメント (0)

2008.06.19

「カーブの向こうから」

05061832
カーブの向こうから

サイトのほうを更新しました。
いまから3年前、北海道の第3セクター「北海道ちほく高原鉄道」のカットです。

今回のカット、特にひねった撮り方をしたわけではありません。
踏切脇のスペースから、カーブをやってくる単行の列車を1カット。
でも・・・大好きなんですよね、この1枚。
なんというか、空気感がいいというか、納まりがいいかというか・・・
いい表現が見当たらないのですが、自分自身「見ていて落ち着く」のです。

夕方近くの光線が線路周囲や背景の緑を立体感豊かに照らし出し、
手前のレールにはヘッドライトの光が反射しているのが写りこんでいます。

この鉄道は2007年4月をもって廃止されてしまいました。
あのとき感じた空気感を、この場所でもういちど味わいたいですね。

[ お気に入りの1枚カーブの向こうから ]

| | コメント (0)

2008.06.16

「2号」在中

土曜日の話ですが・・・

東京は「水天宮」に行ってきました。

Pict1975
ここ、水天宮は「安産と子授けの神社」。
うど坊が生まれる前、両親義父母全員でお参りしました。
今回は、2歳半になったうど坊を連れての「お礼参り」と、それから・・・安産の祈願。

・・・ここで正式発表しちゃいましょう(^^;;;

Pict1972

11月中旬が予定日です♪

「予定日よりもきっと早くなるだろう」と2人で話しています。
うど坊もとうとうおにーさんです。

| | コメント (10)

2008.06.14

道北への親孝行旅

Pict1846
道北への親孝行旅~豊富・稚内・いつもの美深

サイトのほうを更新しました。
お待たせしました(^^;;; 2週間前の道北の旅日記であります♪

智子さん! 「***」の中の文字は「親孝行」だったんですよ~。

というわけで、今回は我が相棒・うしねこと息子・うど坊、そしてうしねこ両親を連れた
大人4人+幼児1人の3世代旅であります。

昨年のどんぶり両親の親孝行旅は2人が「北海道は初めて」だったので
道東の観光地を中心としたコースを設定して周りました。

一方、うしねこ両親は「何度か北海道に行ったことがある」という方々。
しかし、「クルマでのドライブはほとんど経験がない」ということで、
「観光ではなかなか行かないような道北をめぐるドライブ旅」がテーマです。
道北の景色を車窓から楽しんでもらい、我々の常宿・ファームイントントにも案内し
「いつもどんな風景を我々が見ているか」を見てもらいたい・・・と思ってました。

Pict1851
うど坊買い物中@道の駅・おびら鰊番屋

今回の旅ですが、旅行記には載せていない「別行程」があります。

2日目に宗谷岬に案内した後、うど坊と相棒、義父母を稚内駅で解放。
彼らは鉄道で移動してもらい、「車窓からの旅」を味わってもらう一方で、
私はクルマを走らせて宗谷本線の撮影をし、幌延駅で合流するという別々の行程。

(私)稚内駅-(宗谷本線写真撮影)-幌延駅
(私以外)稚内駅~(宗谷本線乗車)~幌延駅

結果的には、私は満足いく写真を撮ることができました。
鉄道移動組は・・・みんな列車の中で居眠りしてしまったそうです(笑)
でも、旅に変化がついていいかなぁという目論見は達成できたものと思っています。

Pict1925

次に3世代で旅行に行けるのは2~3年ほど先になります。
今回の旅でいい思い出作りができたかな?
・・・少なくとも、私は満足していますよ(^^)v

[ 旅に出てみた道北への親孝行ドライブ旅 ]

| | コメント (0)

2008.06.09

「清冽な流れとともに」

05060402
清冽な流れとともに

サイトのほうを更新しました。栃木県内での東武鉄道のカットです。

本当は5月30日から出かけていた北海道旅行記が更新順序で先なのですが
先週から仕事の上で大きな動きがあったために忙しい状態にさらに輪がかかり、
この週末もなかなか疲れが抜けきれず・・・まだ旅行記に手が付けられていません。
というわけで、更新ペース確保のために「お気に入りの1枚」でつなぎます(^^;;

梅雨入りした関東地方。雨が降る風景を撮るのも悪くないものです。
ただ、雨の写真ってあまり多くないんですよねぇ。
「雨を撮りに行く」のだから、雨が降っていないと写欲が起きないので
降っていないと「出かけない」ってことがよくあります(笑)

この日は雨を確信しての撮影+ドライブ旅。
その途中で見つけた水量豊かな小川と、東武鉄道の列車とをスローシャッターで。
広角レンズを使っているので見た目以上に水路に近づいて撮っています。
足場も悪く、水の流れに吸い込まれて落ちていきそうな感覚で撮った記憶があります。

今年はしとしと降る雨の中で写真を撮りたいものです・・・。

[ お気に入りの1枚清冽な流れとともに ]

| | コメント (0)

2008.06.03

「あじさい咲く小径」

04061006
あじさい咲く小径

ちょっと遅くなりましたが、6月のトップページのカットを入れ替えました。
三重県のローカル私鉄・三岐鉄道と「あじさい」です(^^;;

この日は仕事の関係で名古屋へ行く用事がありました。
朝ゆっくり出ても会議には間に合うのですが、
「チャンスがあったらモノにしよう」ということで、相当早起きして現地入り。
・・・スーツ姿で撮影していたのはこのワタシです(笑)

電車の中から見えた風情のよさそうな階段。
実際に行ってみると、その階段の上段付近には数輪のあざやかなあじさいの花。
階段の下の黄色い電車も一緒にフレームに入れたかったので
少しでも高いアングルから撮れるように「背伸び」をして、
ぐっとこらえて列車の通過を待った記憶があります。

[ トップページあじさい咲く小径 ]

| | コメント (0)

2008.06.01

帰ってきています

Pict1949
2泊3日の北海道・道北旅から無事に帰宅しております~。
走行距離は800km強。お疲れなのできょうは寝ます・・・zzz。

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »