« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008.04.29

それでは秋田・青森へ

ケータイからのカキコミなので手短に・・・

本日これから秋田・青森へいってきます♪
テーマはずばり「写真撮影」(笑)
朝から夜までローカル私鉄を追いかけます!
残念ながら桜前線はすごい勢いで去ってしまいましたが、
まぁいろんなシーンが撮れることでしょう!

| | コメント (0)

2008.04.27

「緑の風を感じて」

0804270002
緑の風を感じて

サイトのほうを更新しました。きょう日曜日に撮影した新緑の鉄道風景です。

自宅の窓からは小さな山が見えます。
その山の木々の緑が少しずつ濃くなる様子を眺める・・・いちばん眼に楽しい季節です。
今回の3カットはそんな自宅から程近い場所で撮影したカットです。
緑が多いところに住みたかったために、この土地に住むことを決めた我が一家。
その恩恵を享受しているなぁ・・・と思ったきょう一日でした。

0804270005
いちばん上のカットの構図違い。日が回って手前の栗林には光線が当たってません。

0804270004n
いちばん好きなのはもちろんこのカット。同じ場所で撮影。栗の葉を大きく入れて。
きょう撮ったカットは全て露出をオーバー気味に心がけて緑色を明るく見せてます。

0804270004
ちゃんと葉脈まで写しだされているんですよ・・・デジタル一眼レフの威力ですね。
(これでも原寸から縮小していますが)

きょうの撮影のアシスタントはもちろん我が息子・うど坊。
週末の電車ウォッチング+撮影がすっかり恒例となりつつあります。
撮影を終えて帰宅すると、玄関を開けるなり
「ぱぱとー、でんしゃみった!」と相棒に報告してくれるんですよ。

[ お気に入りの1枚緑の風を感じて ]

| | コメント (0)

2008.04.25

駅の写真館-東新庄駅

0705010001

サイトのほうを更新しました。
富山県のローカル私鉄・富山地方鉄道の東新庄駅のカットです。

毎年、連休や夏休みは相棒の許可を得て(笑)ひとり撮影旅をしています。
昨年は富山地方鉄道の駅をテーマとした駅めぐりの鉄道旅。
その旅で初めて降り立ったこの駅は電鉄富山駅からわずか2駅目。
早朝の静まり返った住宅街の中、ちょっと薄汚れた駅舎がたたずんでいました。

0705010005
細いレール、薄汚れた縁石、ガタガタのプラットホーム・・・。
毎日利用されている方には申し訳ありませんが、見ていてグッときます。

[ 駅の写真館東新庄駅 ]

★★★

今年の連休は、青森は津軽地方への旅を計画しています。
桜が満開になるであろう時期に合わせて日程を決めたつもりですが、
桜前線はすでに超駆け足で青森を駆け抜けていってしまいました(^^;;

というわけで、どのような旅のテーマにしようか再考中。
ま、去年と同じように「地方私鉄駅めぐり」になりそうな感じですねぇ。

| | コメント (2)

2008.04.21

低血圧ですって

4月の中旬になって、仕事の量がほぼ倍になった。

ま、今までやっていた仕事の延長といえばそうなので
それほど重荷にはなっていないが、忙しくなったのは確か。

それに加えて先週末は夜更かししてしまったので、
そんな生活が響いたのかそれとも日ごろの疲れが溜まったのか、
日曜日の午後から妙に眠くて食欲がない状態。
「・・・風邪かな???」くらいに思って、ちょっと睡眠を多くとったつもりだった。

きょうの午前中はとうとう頭痛に襲われ、たまらず会社の診療所へ。

「風邪だと思うんですけど」

そんな問診もそこそこに血圧を測ってみると、上が90しかない(^^;;;

「低血圧だね~」

体温を測ったら35.8℃しかなかったし、なんだかだるくて気合いが入らないし。
この原因は低血圧なのか。納得納得。

普段は上で110ちょっとくらいの血圧が100を切るとこんな風になるんですね~。
初めての経験でありました。

★★★

ささやかではありますがリンクを1件追加しました。

Take-Off Time (れーずんさん)

以前からこのサイトをご覧いただいていたそうです。(ありがとうございます!)
熊本をベースに、「たまに飛行機を、たまに鉄道を」撮られているとのことですが
熊本市電の写真は「地元の利」という感じがしますね。
望遠系レンズでの切り取り方は私にはない眼をお持ちだと思います。
飛行機の写真も、れーずんさんのように色彩感覚豊かに撮りたいと思いました・・・。

| | コメント (4)

2008.04.13

「芽吹きのとき」

0804130007
芽吹きのとき

サイトのほうを更新しました。
きょう日曜日に撮ってきたカットをさっそくUPです♪

朝からシトシトと降っていた雨も午後からは小降りになる予報。
それなら・・・ということで、自宅からクルマで1時間ほどの「いつもの場所」へ。
裏高尾と呼ばれるこの場所は私が昔から通っている撮影ポイントのひとつで、
春先になると咲く梅の花と中央線の電車を撮ることができます。( これ とか これ
高尾山の裏だから裏高尾。近年は高速道路の工事が進みましたが
まだまだ自然の中の雰囲気が残り、ハイキングには絶好の場所であります。

行ってみての第一印象は「背景の山の芽吹きの様子」。
桜もまだ残る一方で、鮮やかな黄緑色も出てきたり・・・ほどよいミックス具合。
わずかにもやがかかって景色が白っぽかったので、
それを活かすべくちょっと露出オーバー気味に撮るよう心がけました。
ただ、シャッターを切るタイミングが難しくて、
電車の先頭が右隅にやられすぎてしまったのが反省点かと (^^;;

Sn340019
きょうは小さなアシスタントとして我が息子・うど坊も同行です。
2人で出かける撮影ドライブもすっかり板につきましたね。
親の血をばっちりひいた(笑)彼も、電車が通るたびに喜んでいました♪
待ち時間にはおやつを食べたり、あるいは追いかけっこをしたり。
別の撮影ポイントでは、撮影に使う踏み台を「いっちに、いっちに」と運んでくれました。

[ お気に入りの1枚芽吹きのとき ]

| | コメント (2)

2008.04.12

谷戸をお散歩

「谷戸(やと)」という言葉があります。

wikipediaの記事を要約すると、
「丘陵地が浸食されて形成された谷状の地形」という難しい表現ですが
私の言葉に変えると「谷あいの田んぼで昔ながらの風景や生態系が残る土地」、
あるいは「トトロの世界に出てきそうな里山の風景」・・・ってな感じになるでしょうか。
(ちなみに、この谷戸という言葉は関東~南東北で使われる言葉らしいですね)

で、都市化が進む東京近郊にも、こうした谷戸がまだあちこちに残っています。

桜が終わって新芽が出てきてポカポカ陽気のきょう、一家でお散歩してきました。

Pict1531

Pict1543
自宅からクルマで30分、横浜市内にこんな雰囲気の場所が残っています。

Pict1522
葉桜になりかけた微妙な色合いの桜に、新芽の緑に・・・眼に優しい風景でした。

Pict1524

Pict1542_2
小川ではザリガニが捕れるそうです。
私が子どものころ、自宅近くの田んぼや川でこうして遊んだっけ。

Pict1525
我が息子・うど坊とミニ山登りごっこ。
彼が大好きな電車を見せに都会に連れ出すのも楽しいけれど、
こうして自然の中に放り出すのも大切だなぁ・・・って思いました。

谷戸の風は本当に心地が良く、クルマの中で居眠りしてしまいました。
自然の中に放り出されたいって思ったときにまた来ようと思いますね。

(横浜市青葉区寺家町にて)

| | コメント (2)

2008.04.10

「淡色の光に包まれて」

0604090032
淡色の光に包まれて

サイトのほうを更新しました。「淡い色」とかいて「あわいろ」と読んでください。
2年前、鳥取は山陰本線の駅での撮影です。

久々の北海道以外の遠征撮影ということで張り切って鳥取入りしたこの日
残念ながらこの日は予報に反して曇り空からスタートしていました。
午後になって多少持ち直したものの、私が好きな青い空はなかなか望めず。。。
そんな中、最後の撮影ポイントで遭遇したのは「淡くてやわらかい光」でした。

0604090034
同じ場所で横位置で撮るとこんな感じ。
露出が少しアンダーになってしまい、撮ったときの印象から少し離れてしまいました。
桜の並木もちょっとごちゃごちゃしてしまったので、私は上の縦カットが好きですね。

[ お気に入りの1枚淡色の光に包まれて ]

| | コメント (4)

2008.04.06

「水道みちの桜」

03040602
水道みちの桜

サイトのほうを更新しました。
東京近郊では、この週末が桜の最後の見ごろでした。
ちょっとタイミングが遅れましたが、首都圏近郊の桜のカットを。

「水道みち」って聞いたことがない人が多いと思います。
都市近郊では水源から需要地まで距離があるため、
幹線となる太い導水管が、水源の湖や水道施設から都心近くまで敷かれています。
埋設されている導水管の上には細い道路や遊歩道がある場合が多く、
さらに始点から終点まで直線状に結んでいるため、地図上で容易に分かります。

このカットは、その水道みちと鉄道が交差する踏み切りでのカット。
「縦位置で撮ってください」と言わんばかりの桜の木を、
お望みどおりに縦位置で撮影してみました。

03040604
シャッターを切るタイミングを変えた別カット。
電車の正面が見えたほうが私はいいかな・・・と思ったのですが、
手前の人物の入り方はこちらのカットのほうがいいんですよね。

★★★

東京の桜はほぼきょうでオシマイ。
明日は雨の予報がでており、あとは散り行くばかり。
今日はせっかくの好天でしたが、残念ながらカメラは修理に出ていて出撃不能。
そこで、来年以降の参考に、我が息子と撮影地の「下見」に出かけました。

Pict1506
以前から気になっていた撮影ポイント。
「来年はどう撮ろうかな・・・」って、お散歩しながら眺める遊歩道。
空が真っ青な日の朝方にこの場所にまた来ようと思います。

[ お気に入りの1枚水道みちの桜 ]

| | コメント (0)

2008.04.03

「朽ちゆく101」

0803300065
朽ちゆく101

サイトのほうを更新しました。
前回更新に引き続き、「銚子発!デジカメ撮影会」で撮ったカットたちです。

銚子電鉄の中間駅・笠上黒生(かさがみくろはえ)駅。
この駅は私が好きな駅のひとつであります。
で、その構内の外れのほうに、1台の車両がずっと留置(放置?)されています。

ここにこういう物件があるということは以前から知っていました。
その崩壊のペースはどんどん加速しているように思いますね。
触ったら崩れてしまいそうな車体はここまで来るともう末期症状だし、危険。
普通の鉄道だったら解体撤去・・・という運びになるのでしょうが
一昨年、資金難をきっかけに銚子電鉄の支援の動きが出たことから判断すると
解体する費用よりも安全対策にかける費用を優先させているのだと思っています。

0803300040

危険な状態にあるのは間違いないのですが、
写真を撮る立場からすると、ここまで廃墟化した車体は格好の被写体。
撮影会の本隊のほうは駅の風景を撮影する人が多かったのですが、
一部の方が熱心にこの廃車体を取り囲んでいました。もちろん私も。

雨が降りそうな暗い天気と、廃車体のさびれた雰囲気がマッチした場面。
シャッターを切る速度もどんどん加速していった私でした。

[ お気に入りの1枚朽ちゆく101 ]

| | コメント (4)

2008.04.02

「お花見日和」

03040611
「お花見日和」

4月2日になったので元に戻りますよ(笑)
というわけで、4月のサイトのトップページの写真を入れ替えました。

さくら並木の下に続々と集まってくるクルマや人たちを入れて、
お花見の雰囲気を写し取ってみました。
桜の木の下から鉄橋を見上げる構図で撮れるかな・・・と思って行ってみたのですが
あまりパッとしなかったので、ちょっと引いたところからの撮影です。
クルマだけではなく、ブルーシートと酒盛りの風景がもっと入れば最高でしたが
なかなか簡単にはいかないものですね(^^;;
個人的には鉄橋の間に見える「雪が残る山々」がアクセントだと思っています。
稜線が鉄橋に隠れないように立ち位置を調整した記憶が残っています。

[ トップページお花見日和 ]

| | コメント (0)

2008.04.01

エイプリルフールは飛行機で♪

「鉄道写真には飽きました。これからは飛行機写真です!」

・・・というのはもちろんウソです。

4月1日はエイプリルフール。

なんか仕掛けてみたいな・・・ということで、
きょう1日だけ、「鉄道写真中心」のサイトを「飛行機写真中心」にしてみました。

Top

いかがでしょう?(汗)

飛行機は好きです。乗るのも見るのも好きです。
ただ、「本格的に撮る」ということは初めての経験。
写真も下手くそかもしれないし、専門用語も間違っているかもしれないし・・・
とりあえずは「自己満足」ということに尽きると思います(^^;;

しかし、飛行機の写真を撮るって難しいですな!

Pict4294
被写体が飛んでいるという「動感」を出すのが本当に難しいです。
空を飛んでいる飛行機にレンズを向けると背景は空しか写らないし、
ファインダーの中で飛行機を追いかけるだけで精一杯。
「ただ浮かんでいるだけの写真」が量産されてしまいましたね。

Pict4346
離陸の場面を撮っても水平が出ていなかったり・・・あはは(^^;;

本当だったら、飛行機に加えて周囲の色彩感覚で助けてもらおうと思って
「空が青い日」とか「夜景」とかを狙いたかったのですが、
条件に合う日と休みが重ならず、残念ながら空が白い日にしか出撃できてません。

というわけで、どんぶり初挑戦の飛行機写真にコメントをいただけると嬉しいです。
ただ、いつもの鉄道写真と違ってシロート同然なのでそのあたりはご容赦ください(^^;;

[ D's Wing (4月1日限定) はこちらから ]<4月中は置いておきますね

| | コメント (5)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »