« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008.03.31

「デキが動いたよ!」

0803300014
デキが動いたよ!

サイトのほうを更新しました。
3月30日に参加してきた「銚子発!デジカメ撮影会」で撮ったカットたちです。

この週末は「銚子発!デジカメ撮影会」に参加してきました。
鉄道写真家の広田 泉氏を講師に迎えて、銚子電気鉄道を撮影しようというのが趣旨。
その中でもいちばんの目玉が、この仲ノ町駅の車庫での機関車の撮影会でした。

06122230045
2006-12-23 デキ3号

「デキ3号」という黒くて小さな車体の機関車は、この鉄道のマスコット的存在。
しかし、残念ながら本線上を走ることはできず、車庫で待機する日々を過ごしています。
この撮影会では、車庫の構内限定ながらも「この機関車を動かそう」ということで
撮影会参加者の目の前で、この撮影会のために何度も往復してくれました。
この車庫での撮影終了の時間には周囲から自然と拍手がおきて
「なんかいいなぁ」「来てよかったなぁ」と感じてしまい、すでにおなかいっぱいでした。

0803300002
講師の広田さん(左)を囲んでのオリエンテーション。
広田さんをはじめとしていろいろな方と話をすることができて楽しかったです。
普段は鉄道を撮らないという参加者の方とも意見交換ができましたし。
また、撮影会後の講評会の席上でRAW現像の解説があったりして、
特にデジタルイメージに対しての理解を得ることができました。
今はデジタル一眼といってもjpegで撮影している私ですが、
もう少し余裕があったらRAW撮影やいわゆる「明るい暗室」も挑戦したいものです。

0803300023_2

今回の撮影会ではスタッフの方ともお話をすることができました。
事前にスタッフブログを見ていたので、一方的ながら親近感を持っていたんですよね。
スタッフの顔が見えるイベントってなんかいいなぁ・・・って思いましたよ。
以前からリンクさせていただいたスタッフのサカモトさんともお話することができて
ほんとに楽しい1日を過ごすことができました。

次回の機会があったらまた応募したいなぁ・・・って思います。

[ お気に入りの1枚デキが動いたよ! ]

| | コメント (4)

2008.03.30

「さくら咲く街」

0603300007
さくら咲く街

サイトのほうを更新しました。横浜市の桜満開の住宅街を走る赤い電車のカットです。

この場所は「京浜急行の電車+桜」の撮影地・・・の、はずです。
私も事前情報を集めて実際に行ってみたのですが、
メインとなる「線路沿いの桜の木」は伐採されてしまっていて期待した構図がとれず、
天気も曇り空で「どうしよう(^^;;」と途方にくれてしまっていました。
せっかく来たのだからどうにか撮りたい・・・ということで探したのがこのアングル。
トンネルの上の道路のガードレールに足をかけて、ちょっと無理な姿勢で撮ってます。

0603300016

ちょっとひくとこんな感じ。画面の右隅に若い芽が伸びてきています。
2年前でこのような苦しいアングルだったから、
木が成長した今では、同じアングルは厳しいと思われます。

[ お気に入りの1枚さくら咲く街 ]

★★★

さて、全国に先駆けて、ひと足先に東京の桜が満開となりました。
私が住んでいる多摩地区(都心より少し気温が低い)も概ね満開。
一年のうちで撮影にチカラが入る時期のひとつです。

というわけで、きょうから1週間は「連日更新ウィーク」としてみました。
普段、サイトのほうは4~7日おきの更新ですが、これを毎日続けてみようという企画。
桜+鉄道のカットを中心に、成り行きでも何かしら更新ができればいいなと思ってます。

| | コメント (0)

2008.03.26

駅の写真館-上総鶴舞駅

0704010020
駅の写真館上総鶴舞駅

サイトのほうを更新しました。
千葉県中部のローカル線・小湊鉄道は上総鶴舞駅のカットです。

「かずさつるまい」「上総鶴舞」

漢字で書いてもひらがなで書いても響きがいいこの駅は
「関東の駅100選」に選ばれた、昔ながらの情景が色濃く残る駅です。

0704010009
以前は2本のホームと3本の線路がある大きな駅だったようですが
利用客が減った現在は、使われているのはホーム1本に線路が1本。
構内の雰囲気はどこまでものどかであります。

0704010010_2
訪問したのは朝の8時頃。低い光線が菜の花の色を艶やかに照らしていました。

| | コメント (2)

2008.03.23

春へとシフトチェンジ

Sn340017

朝から家族でお散歩中。
自宅近くの公民館で、咲き始めた桜の花を1カット。

「春が来たなぁ」って思いました。

毎年、年度末の忙しさもあるせいでしょうか、
桜の開花直前の時間の流れがものすごく速く感じます。
今年も「もう3月下旬じゃないの!!」という思いでいっぱいです。

4月は桜に菜の花に新緑に・・・と、被写体に事欠かない月。
例年、桜前線の北上に合わせるようにして週末を中心に撮影スケジュールを考えます。
どの年も首都圏の自宅近郊から撮影開始となるのですが、
今年はすでに予定が入っていて、休みでも取らない限り撮影はお預けとなりそう。
(29日(土):友人の結婚式/30日(日):千葉県・銚子で撮影会

その代わり(?)、5月の連休には北東北へ行く予定を立てています。
桜前線に追いつき、撮影に集中するひとり旅として。
相棒とうど坊は悪いけどお留守番。おみやげたくさん買っていきますからね。

Sn340018
お散歩途中、コブシの花も1カット。
今回の2点はデジカメを持っていくのを忘れたのでケータイで撮ってます。
古い機種だけど今回はなかなか良く撮れてますなぁ。

| | コメント (0)

2008.03.20

「光さしこむ」

01031824
「光さしこむ」

サイトのほうを更新しました。
今から7年前に撮った、岡山県のローカル線の駅の表情です。

撮影旅行で偶然降り立ったこの駅には、夕方の斜光線がやわらかくさしこんで
古い木造駅舎の表情をよりやわらかくしていたように感じました。
伸びる影や、木の表情を気が向くままに撮影していた記憶があります。

01031828

駅は無人駅。出札口の向こうはがらんどうでしたが、それがいい感じだったのかも。
窓からさしこむ光が長い影を作っていて、この雰囲気にメロメロでしたね。

Dscf4690
誕生寺駅・全景。
訪問した2001年当時は、相当古そうな建物がきれいに残っていましたが、
他サイトによると、近年「改築に近い修繕」をしたようで、
駅舎の外形こそ変わらないものの、内装が大きく変化したらしいです。

駅の雰囲気に心をうばわれ、気が向くままにシャッターを切る・・・。
今、私が楽しんでいる「駅のスナップ」の原点は、この6枚のカットたちです。

[ お気に入りの1枚光さしこむ  ]

| | コメント (2)

2008.03.15

あーあ(^^;;

Pict1490
派手に散らかしてくれちゃって・・・
ちゃんと片付けてくれればいいんだけど(笑)

| | コメント (0)

2008.03.12

「海と穏やかな陽射し」

05031201
海と穏やかな陽射し

サイトのほうを更新しました。3年前のきょう、北海道で撮影したカットです。

噴火湾と列車を撮れるこのアングルは・・・「定番撮影地」となっています(^^;;
だから、鉄道を撮る方にとってはそれほど目新しい写真ではありませんね(汗)
このカットを撮影したのは午前9時前。
雪が残っているものの、陽が高くなった明るい春の陽射しに包まれた風景でした。
背景の山々と海がバランスよく収まるようにフレーミングしてます。
もう少し列車が手前に来たところでシャッターを切ってもよかったかな・・・?

写っているのは寝台特急「北斗星」3号。
現在2往復走っていますが、3月15日のダイヤ改正で1往復に削減されます。
寝台特急の退潮傾向が顕著な中、普段の姿を今から撮っておきたいものです。
(廃止が決まってからだと撮りたいように撮れないもので・・・)

[ お気に入りの1枚海と穏やかな陽射し ]

| | コメント (0)

2008.03.09

この週末

この土日は忙しかったです(^^;;
忙しくしているのは自分なのですが(笑)

3月8日(土)
・午前4時に自宅を出て、高速道路を1時間ほど走り、お昼過ぎまで撮影活動。
・夜、友人の結婚式に出席。帰宅は午前0時。

3月9日(日)
・午前7時に自宅を出て、一般道路を1時間ほど走り、某所で撮影活動。
・午前10時、相棒の実家へ移動。うど坊を連れて買い物へ。
・午後4時、自宅へ帰宅。久々に夕食の準備。
・夕食は手抜きでパスタ。でもうど坊大喜び。両手を上げて「ばんざーい!」だって。

このところ睡眠時間が3時間台の日々が続いています。今日は早く寝ようっと。

Pict4213
大学時代の友人の結婚式。久々に仲間が集まりました。嬉しいことです。

| | コメント (4)

2008.03.05

「午後の汽車旅」

0803010046
午後の汽車旅

サイトのほうを更新しました。先週土曜日に撮った真岡鉄道の列車内のスナップです。

土曜日は家族でSL列車に乗って汽車旅を楽しんできました。
私自身も久々にSLの走りに揺られていたい・・・と思っていたのですが
それ以上にやりたかったのが「客車列車に乗りたい」ということなんです。

0803010024

客車列車・・・「電車」とは違い車両自身で動力を持たず、機関車に引かれる列車。

ここ、真岡鉄道のSL用の客車は、国鉄-JR-真岡鉄道と渡り歩いた車両で、
昔は東北地方のローカル普通列車として走っていた「50系」という客車です。
真岡鉄道にやってきてかなりの年月が経ちますが、
車内は目立った改造はされておらず、十数年前の旅の雰囲気を今でも味わえます。

0803010058

実は、ここ2~3ヶ月ほど、この「50系客車に乗りたい!」と強く思っていて
その思いをかなえるために、真岡鉄道に乗った・・・というわけなのです。

-----

私が中学生から高校生だったころ-1990年代前半。
当時は夏休みになると、母方の実家がある北東北・秋田方面に旅に出ていました。
ある時は仲間と、ある時は単独で・・・青春18きっぷを使った鈍行列車旅。
そのとき、奥羽本線や東北本線を走っていた50系客車にのんびりと揺られて
「汽車旅」を私なりに満喫していました。

93081201
現役当時の50系客車-1993-8-12 奥羽本線 秋田駅

この車両には冷房はないため、窓を大きく開けて外の風を思いっきり取り入れました。
その窓から顔を出して、心地よいレールの継ぎ目のリズムを感じ、
秋めいてきた北東北の空気を感じ取っていたものです・・・。

93081202
赤い50系客車は赤い電気機関車に引かれていました-1993-8-12 奥羽本線 神町駅

-----

最近の私は「昔を懐かしむこと」が多くなりました。
高校生の頃によく聴いていたCDを久々に引っぱり出して聴いてみると、
当時の生活のリズムや考え方がよみがえってくる気がするんですよね。

懐かしい曲に久々に出会えたり、中学校の同窓会の計画が立っていたり・・・。
十数年前を懐かしむ生活はまだしばらく続きそうな感じです。

話題が逸れました(^^;;

0803010063
この真岡鉄道のSL列車は終点の下館駅に到着すると
反対側にディーゼル機関車を連結し、普通列車として車庫がある真岡駅まで走ります。

今回の15カットは撮影順では並べていません。
SL列車と上記の普通列車の2本の列車にわたって
車内外で撮影したスナップを混在させています。
「客車の旅」の雰囲気を感じ取ってもらえれば・・・と思うのですがどうでしょう?

もっと「人物を入れたカット」を撮りたかったのですが、
乗客が少ない中で人様にカメラを向ける勇気もないので・・・あまり撮ってません(^^;;

いつもは外から撮ることが多い真岡鉄道のSL列車。
たまには乗ることもしなくてはいけませんね。

[ お気に入りの1枚午後の汽車旅  ]

| | コメント (0)

2008.03.01

いちごを食べてSLに乗って

月が変わって3月1日。栃木・茨城方面へドライブに行ってきました。

春の栃木といえば、「とちおとめ」を代表とする「いちご」の季節。
毎年、いちごが出回る時期になると栃木へ出かけて、
旬のいちごを楽しんだり、真岡鉄道のSL列車を撮影したりしています。

Pict1463
「道の駅もてぎ」の「おとめミルク」。
ミルクのアイスクリームに本物のとちおとめが入っています。
「本物」と強調するのには理由があります!
注文をすると、その場でミルクアイスの缶にとちおとめを3~4個投入し、
ぐいぐいとつぶして軽くまぜて作ってくれる・・・つまり、本物の果肉が入っています。
春になると、この道の駅に来てこのアイスを食べるのがすっかり恒例となりました。

Pict1465
午後立ち寄った「道の駅にのみや」。農産物直売所には旬のとちおとめが並びます。
「『いちごがなくなりそうだから追加で納めてくれ』という直売所の要求に急遽対応した」
納品作業をしていたいちご農家の方の言葉を小耳に挟みました。

そして、このいちごスポットの沿線を走るのが「真岡鉄道」。
週末になるとSL列車が走り、ワタシも年に2~3回ほど撮影に出撃してます。
で、今回は「撮る」ではなくて「乗る」ということがテーマ。
なんでもうど坊が「しゅっしゅぽっぽのりたい!」と言っていたそうなので・・・
私自身も久々に汽車旅を楽しみたくて、1時間ほどですが列車に揺られましたよ。

Pict3644
SLを見たうど坊の感想・・・「こわぁーい」だって(^^;;

彼にとって、SLを見ることは何度かありましたが、実際に乗るのは今回が初めて。
「SLに乗る」といっても、実際には機関車ではなくて後ろの客車に乗るのだから
いつもとあまり変わらないはずなんだけど・・・と思っていたのですが
列車の中では緊張しまくりで顔がひきつっているのが良く分かりました(笑)
ま、しばらくすると慣れて、彼なりに汽車旅を楽しんでいるようでした。

久々のドライブでちと疲れました。掲示板・ブログへのお返事はまた明日・・・(^^;;;;

| | コメント (3)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »