« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.28

猫のグーちゃん vs うど坊

先週出かけてきた栃木・茨城方面でのこと。
ネットでお世話になっているのりきちさんと飼い猫のグーちゃんとご対面してきました。

これまで何度かグーちゃんとうど坊を顔合わせさせていて、
いつもの「対決」をひそかに楽しみにしているのですが・・・今回もやってくれましたね。

Pict0771
グーちゃんをみかけるとすぐに臨戦態勢へ・・・(^^;
猫を見ると押さえつけてしまううど坊にとっては「いつものこと」ですが
グーちゃんは戸惑いを隠しきれていない様子・・・。

Pict0775
あーあーあ、やりすぎだって・・・。

Pict0786
「グーちゃんかわいそうでしょ・・・エサをあげてゴメンナサイしてきてね」

Pict0792
「はい、どーじょ」

いちどは仲直りしたかのように見えた2人・・・じゃなかった、1人と1匹ですが・・・

Pict0801
「これが愛情表現なのさ!」と言わんばかりに、
力任せにグーちゃんにとりかかるうど坊。

その後しばらく観察するも、相変わらずのひどい仕打ちが続きました(笑)

彼らから目を離して、カメラの設定をチェックしていると、
いきなり「うわぁぁぁぁぁぁん!!!」という泣き声が(^^;;;;;;;

どうやらしびれを切らしたグーちゃんがうど坊をひっかいたみたいです。
うど坊の耳の上には小さな傷ができていました・・・。

相当びっくりしたみたいで、しばらく泣き止まないうど坊。
傷は大したことがなく大事には至らなかったので、
「猫さんだって嫌がるんだからね」と、いい教育の材料にしましたわ・・・。

のりきちさんのところには2匹の猫がいます。
猫のコーちゃんと一緒にじゃれている(?)様子を
のりきちさんのブログでも紹介していただきました。
→「うど坊ちゃん・1」「うど坊ちゃん・2」 by ふぉとま

| | コメント (4)

2007.10.26

「柿の実たち」

04102910
柿の実たち

サイトのほうを更新しました。今から3年ほど前、山形県で撮ったカットです。

民家の庭先に実った柿の木を、半逆光の光線で料理してみました。
露出は1/200でf4.5。絞りは開放側に近いところに設定して、列車はボケるように・・・。
柿の実が黒くつぶれてしまわないよう、通常よりもだいぶ絞りを開けて撮っています。
そのおかげで、列車の側面の表情もよく出てくれたように思います。
列車の窓の向こうが透けている(?)のも効果的になりました。

こんな感じで「列車の顔を入れず、サイドから撮る」というときに留意していることを。

「電車のパンタグラフまたは台車が画面に写るタイミングでシャッターを切る」

要するに、背景として入れるときでも「鉄道車両だという主張」をさせたいんですよね。
電車の場合だったらパンタグラフが最も象徴的なパーツですし、
パンタグラフがない場合でも、台車や連結面が入ると画面が締まる気がするんです。

---------

過去の記事からの類似例>
05103004
パンタグラフが画面左に入るようなタイミングでシャッターを切っています。
ワンテンポ早いのでちょっと残念なカットですが、
連結面と車両の塗装の幾何学模様に救われているかな・・・?

---------

もちろん、私が撮る全ての写真に当てはまるというわけではありません。
撮影に夢中になってしまうとこの心がけもぶっ飛ぶことがよくあります(笑)
「こういうことを心がけているよ」という理解で受け取ってくれるとありがたいです。

[ お気に入りの1枚柿の実たち ]

| | コメント (2)

2007.10.21

小田急ファミリー鉄道展

「小田急ファミリー鉄道展」に、うど坊を連れて行ってきました♪
10月のこの時期、神奈川県の海老名(えびな)にある車両基地が公開されて
車両の展示や関連商品の販売会が行われています。

いちおう今回は「うど坊の子守り」という理由付けではありますが、
小田急線沿線で生まれ育った私のほうが楽しみにしていたところがあります。
今は引退した懐かしいロマンスカーに会うことができるし、、
最新鋭の地下鉄乗り入れのロマンスカーも展示されるということで、ちょっとワクワク。

Pict0892_2
左と中央の車両はすでに引退して車庫に保管されている車両。(3000形、3100形)
右は現役ですが、昔の塗装に復元して走っている車両。(7000形)
小田急ロマンスカーオリジナルのオレンジ色の車両は走っていないので感涙モノです。

Pict0893
右は地下鉄乗り入れ対応の最新鋭のロマンスカー。このイベントが一般初公開。
当初発表されていたイメージイラストだと水色のパステルカラーに見えましたが、
実際はメタリックが入ったような塗装で、思ったよりも悪くないかな・・・なんて思います。

Pict0894
うど坊にとって、昔のロマンスカーはどのように映ったかな・・・

Pict0887
やはり、動かない車両よりも現役の車両の方が興味あるようです。
最近「がたんごとん!」と上手に言えるようになった彼。
動く電車を見つけてすかさず指をさして「でんしゃ!」って。

かなり人が多くて大変だったけど、楽しんでもらえたかな???

Pict0900
物販スペースにいたパンダの着ぐるみに興味を示したものの、腰がひけてました(笑)

| | コメント (6)

「巻雲とSL列車がある風景」

0710200003
巻雲とSL列車がある風景

サイトのほうを更新しました。
この週末の土曜日に撮影した、撮りたてほやほや(?)のカットであります。
(ちなみに「巻雲」は「けんうん」と読みます・・・念のため)

土曜日は相棒とうど坊を連れて、一家で栃木県・茨城県方面へ。
真岡鉄道という鉄道を走っているSL列車を撮ったり、
道の駅に立ち寄ったり美味しい蕎麦を食べたり猫と遊んだり・・・と
久々の一家でのドライブを楽しんできましたよ。

土曜日の関東地方は前夜からの雨も上がり、秋らしい爽やかな1日となりました。
真岡鉄道でのSL列車の撮影ポイントは枚挙に暇がないほどあるのですが
今回はこのカットを撮った西田井(にしだい)駅付近に決定。

いろいろなアングルを試しているうちに、空の雲の表情が豊かなことに気づき、
ワタシの定番、広角11mmレンズで空を入れるアングルとしてみました。
左には葉が落ちゆく桜の木、画面中央下には西田井駅を入れて・・・
ご覧のとおり道路からの撮影なのですが、画面右側の処理は正直迷いました。
松の木をカットするような立ち位置でカメラを構えると、肝心の巻雲が入らない・・・
どうしようかと思案した結果、道路と松の木をしっかり画面に入れて、
さらに自分自身は道路に寝転がり、かなり低い位置でカメラを構えています。

0710200004
最初に決定していたアングルはこんな感じ。
(上のカットを撮影後、すぐに立ち上がりって1列車でアングル違い2カットを撮影)
当初は左側の桜の木を主題にしようと考えていたのですが、
バックの雲がきれいなので、これを活かさない手はない!
・・・ということで、少し離れた位置で雲を入れたカットをサイトでは採用しました。

★★★

真岡鉄道に出撃したとき、必ず立ち寄る場所があるんです。
ネットでお世話になっているのりきちさんと飼い猫のグーちゃんとご対面してきました。

見ものは何と言っても「グーちゃんとうど坊の対決(笑)」
今回は通算3回目。どんどん成長するうど坊の対応の違いが楽しいんですよね。

ちなみに過去の対決はこちら。ちょうど1年前のカットです。
うど坊はまだ1歳にもなっていないころのカット・・・成長したのぉ(ToT)

Pict0771
今回の対決は終始うど坊が優勢でしたが、思わぬ展開で逆転負けしてしまいました。
その様子は後日ブログで報告させていただきますね♪

| | コメント (3)

2007.10.15

「裸電球の灯る駅」

05100808
裸電球の灯る駅

サイトのほうを更新しました。2年ほど前に撮影したローカル線の駅の夜景です。

秋田内陸縦貫鉄道・合川(あいかわ)駅。
夜にこの駅を訪れたのですが、住宅街の裏手にあるこの駅のホームはひっそりとして、
暗闇の中でホームの照明が強く自己主張をしているような、そんな感じを受けました。
そこで、ワタシの好きな裸電球を中心にして「灯かりがある風景」を撮ってみました。

HPへのUPは、ポジフィルムをフィルムスキャナでとりこんで画像処理するのですが、
暗部の色がほとんど取り込めないカットが多く、今回はスキャナの限界を感じました。
今回は5カットのみのUPですが、本当は10カットほど撮影しているんです。
5カットはほぼ上手く原版の感じが再現できてはいると思います。
一方で、設定を変えてもダメなカットは残念ながらボツとせざるを得ませんでした。

05100810
<ボツカット例その1>
裸電球に照らされているホームはもう少し明るいオレンジ色なのですが、
調整すればするほど信号の赤がキツくなってしまって調整を投げ出しちゃいました(^^;
一部分を調整すればいいのかもしれないけど、あまり上手くいかなくて・・・(汗)

05100811
<ボツカット例その2>
画面右側に「合川」と描かれた駅名標が写っているのですが・・・
原版だときれいに見えるのですが、スキャナで取り込むとどうしても真っ黒(^^;;

スキャンすると黒くつぶれてしまうということは、
原版そのものの露出不足が考えられるのですが、
ライトボックスに乗せて見てみると、不足しているとは一概に言えないんですよね・・・。

それなら、改善や試行錯誤が必要かな・・・ということになるのでしょうが、
デジタル一眼に移行しているので、本気でポジで夜景を撮ることはもうないかな?

[ お気に入りの1枚裸電球の灯る駅 ]

| | コメント (6)

2007.10.13

運動会で大泣き

うど坊が通う保育園で運動会がありました。

1歳10ヶ月のうど坊にとって運動会はもちろん初めて。
そして、初めて親の立場で参加する我々・・・ものすごく感慨深いものがあります。

きょうが運動会ということを知ってかどうか分かりませんが、
今朝のうど坊は朝から超ご機嫌でパワーがあり余っている様子(^^;;
参観にやってきた母方の祖父母が合流すると、そのテンションは最高潮に。

「この調子ならいいところ見せられるかな?」と思っていた我々が甘かったです。

会場で、入場行進のために親と離れた瞬間に大泣きをし始めるうど坊・・・。
普段と違う雰囲気に不安になったのか、それとも周囲の泣く子の声に刺激されたのか
とにかく「うぎゃぁぁぁぁぁ!!!」と大泣きしっぱなしのうど坊。見ていられません(^^;;

子ども向けには年齢別にミニ障害物レースのような競技がなされたものの、
うど坊は保育士に抱かれたままいいところを何一つ見せられず・・・。
泣き疲れてしまって園児席の椅子に座って居眠りし始めるし・・・。

一方、保護者でチームに分かれて走ったリレーは盛り上がりましたね。
こういう機会って本当に久しぶりなのですごく楽しめました。
ただ、全力疾走したワタシの太ももはすでに筋肉痛の兆候が・・・(爆)

我々一家にとって初めての運動会はいろいろな意味で思い出に残ると思います。
その背景には、準備に尽力してくれた保育園のスタッフの力が本当に大きいですね。
いつも見ている保育士さんも、きょうはみんな輝いているように見えましたよ。

| | コメント (4)

2007.10.11

イメージチェンジ

実は、この10月から異動で職場が変わったどんぶりです。

で、新しい職場で気分もイメージも一新したいと思い、メガネを新調してしまいました♪

Pict0868
以前は黒いリム(ふち)がついているメガネでした。

Pict0866
新しいメガネはツーポイントで、しかも赤色♪(見えにくいけど・・・)

ワタシがメガネをかけ始めたのは今から15年ほど前の高校生のときから。
ただし、「いつもメガネをかけている」というわけではなくて、
授業やクルマの運転など「視力が必要なとき」だけかける存在でしたね。

仕事に就くと常に視力が要求されるようになり、
以来メガネを常用するようになりました。
裸眼視力は0.3あるので、クルマの運転はギリギリ裸眼でも大丈夫ではありますが
乱視もあるのでやはり見えにくいことには違いありません。
クルマの運転はちゃんと見えないと怖いですし、日常生活でも不便ですよね。
それから、写真撮影の際も正確なピント合わせのためには視力は不可欠です。

学生時代の間、しばらくはずっとツーポイントのメガネしかかけなかったので
今回のイメージチェンジは、いわば「原点回帰」というところでしょうか。
自分自身でも全く違和感はありません。

一方、「赤色のフレーム」というのはどんぶり初挑戦。

線が細いフレームなので赤といってもそれほど目立つわけでもなく、
ワタシ自身として大いに気に入ったメガネになりました♪

| | コメント (2)

2007.10.07

「雨上がり」

03101206
雨上がり

サイトのほうを更新しました。今から4年前に撮影したカットです。

場所は自宅から自転車で15分ほどの多摩川の河川敷にて。
ページの本文でも触れましたが、雨上がりの美しい空であります。

この日は夕立のような激しい雨がざーっと降った記憶があります。
で、雨が止んで、窓の外を見ると急速に晴れていくのが見えました。
「これはいい写真が撮れる予感!!」と、スクランブル出撃を決定。
その予感は的中し、素晴らしい雲を背景に撮影することができました。

この写真の原板はポジフィルムなのですが、
スキャナの性能の限界か、それとも自分のレタッチの腕が悪いのか、
原版の美しさの半分くらいしか画面上に再現されていないんじゃないかと思います。
雲の表情の精細さも、水たまりに写る空の質感ももっと高いものなんですけどね(^^;;

で、空を背景にしたこの鉄橋のカットは、「この1枚がベスト」というわけではありません。
全部で数カット撮ったうち、「コッチのほうがもっといい!」と思うカットがあるんです。
ゴメンナサイ・・・こちらでは出し惜しみさせていただきました(^^;;
いつか機会があればどこかで発表したいと思っているのですが・・・ね♪

[お気に入りの1枚雨上がり]

<参考>同じ日、同じ場所で撮影した雲のカット
青と白のぎゃらりー   くも131  くも132

| | コメント (4)

2007.10.04

初めての脳内メーカー

「脳内メーカー」って流行ってますよねぃ。

こういうのってあまり興味がない・・・というか飛びつかない方なので
流行っているとは知っていても、自分で試すことはありませんでした。

で、人に勧められて自分のハンドルネーム「どんぶり」でやってみたら・・・
あまりにも美しく、嬉しくなってしまったのでこのブログでご報告♪

脳内分析:どんぶりさんの脳内 
↑後日試したら結果が違ったのでデッドリンク化(笑)
脳内が全部「夢」でできてたはずなのに・・・(ToT)

 

ただし、類似サイトがいくつもあるようで、サイトによって結果が違います(^^;;

| | コメント (5)

2007.10.01

「稲わら兵馬俑」

04103104
稲わら兵馬俑

サイトのほうを更新しました。10月のトップページのカットはこんな感じです。

稲刈り後の水田に稲を干すいわゆる「はさがけ」は、地方によって様々な形をしてます。
(その呼び名さえも地方によって違うのですが・・・ここでは「はさがけ」とします)

この場所のはさがけを見た瞬間に「お! 兵馬俑だ!」と思ったのはこの私です。
道路から撮ったのですが、ちょっと望遠を効かせて手前のはさがけにピントを合わせ、
ズンズンズンと隊列を組んでいるような印象をそのまま撮ってみました。
もちろん(?)背後には列車の姿を入れて・・・ですが(^^;;
画面の中での線路と水田、稲わらのバランスは計算したつもりですがいかがでしょう?
特に背景の線路は水平が出ていないと構図が崩れてしまいそうな気がしたので(^^;;

[トップページ今月の表紙「稲わら兵馬俑]

| | コメント (4)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »