« 「夏の陽射しとあじさい」 | トップページ | 「天塩の流れに沿って」 »

2007.06.23

「駅の写真館」はじめました

0608160044

サイトに「駅の写真館」というコンテンツを新しく立ち上げました♪

最近、自分の写真の撮り方が少し変わってきたように思えるんです。
「鉄道のある風景」というテーマで撮るために、
「ファインダーに線路を入れて、走ってくる列車を入れて・・・」というのも楽しいんですが
ふらっと立ち寄った駅でスイッチが入ったように撮りまくるようになったんです。

「車両が入っていなくても鉄道の匂いがする写真が撮りたい」
ずっと思っていたことに対するひとつの答えがこれなのかな、と思います。

あるときは現役の駅で、またあるときは廃線跡の駅で。
あっちを向いたり、こっちを向いたり・・・「カメラを振り回す」のに夢中になれます。
この傾向はこの2~3年で強く意識するようになり、
いろんな駅に立ち寄って、1ヶ所で十数枚のカットを撮り貯めるようになったのですが
それを「発表する場」が欲しくなり、新しいコンテンツを立ち上げることに至りました。

最初は6つの駅から立ち上げました。
鹿島鉄道の石岡駅常陸小川駅鉾田駅の3つの駅は
最近「お気に入りの1枚」で発表したものをこちらへ移動・再構成してます。
残る北見相生駅会津中川駅桜川駅は今回初めて発表するカットたちです。

最近の出撃先は東日本方面に極端に偏ってしまっていますが、
北海道から九州まで、今後はいろいろな駅の表情をUPしていきたいと思います。

[station-駅の写真館]

|

« 「夏の陽射しとあじさい」 | トップページ | 「天塩の流れに沿って」 »

駅の写真館」カテゴリの記事

コメント

「駅の写真館」。魅力ある写真館ですね。
田園風景の中の電車も好きなカットですが、駅の風景も今まで楽しませていただいてました。
その写真館が出来てまた楽しみが増えました。

廃線になってしまった路線のひっそりとした駅。沿線に住む人たちのさびしさや納得のいかない気持ちも空気の中に漂っているような気がします。「ガンバレ かしてつ」のポスターには胸打たれました。

健在の駅とその路線を利用している人々の何気ない日常の景色もいいですね。いつまでも健在であって欲しいと願ってます。

記録としても素晴らしい写真。それを見られる写真館立ち上げ、おめでとうございます。

投稿: テイク25 | 2007.06.24 17:51

拝見しました!
もう鳥肌が立つって言うんですか?
こう胸が締めつけられるような感じになりました。

やはり1枚の写真よりは
組み写真の方がドラマ性が感じられていいですね。
歴史の1ページというのか
その一瞬に立ち会えたどんぶりさんが羨ましいです。

見てるだけで
もう~ワクワクしてきちゃいますね。

てっちゃんの血をひいているのかな・・・

投稿: グリフ | 2007.06.24 23:34

■テイク25さん
この2年ほどで駅のカットがたくさん溜まりました。
そして、これからもいろいろな駅を巡る楽しみが増えました。
ローカルな駅や廃線の駅のみならず、
今後は都会的な駅も撮りたいなと思っています。
どうぞよろしくお付き合いくださいね♪

■グリフさん
喜んでいただけたようで(^^)
列車の姿を入れるような写真は1枚の写真で、
駅の写真は複数の写真で・・・という使い分けになるかな?

実は、このコンテンツのために「塔ノ沢」も撮ってきたんですよ。
基本的には駅の写真も撮影した季節に合わせてUPしたいと思っていますが
立ち上げたばかりの今ならば、ご希望であればすぐにUPしますよん。
5月21日に撮ってきた「夜の塔ノ沢」って感じです(^^;

投稿: どんぶり | 2007.06.26 00:05

ご無沙汰です(^^)
いいですねぇ「匂いのする写真」。好きです。この言葉の言い方も好きです。僕は、例えて「(人や物を)感じさせる写真」と言ってますけど、一緒ですよね(^^) この年代は同じ思考回路なのかしら?(爆) シリーズ楽しみにしていますよ。

投稿: ごん太4号 | 2007.07.03 20:50

ごん太4号さん、コメントどうもです。
ごん太さんのサイトやブログもしょっちゅう拝見していますよ。
もう少し近ければいろいろ活動に参加してみたいんですがね・・・
「東京は長野だ」というコピー、以前ありましたよね。
なかなかツボをついていて私好みのコピーでした。

話がそれました(^^;;

写真ってごん太4号さんもおっしゃるとおり
「自己満足」が基本であると思います。
だって、撮っている本人が楽しくないと本末転倒な気がしません?
で、撮っているうちに「こうしてみたい」と思うものが出てきて
そのひとつが「見る人に何かを感じて欲しい」というものだと思います。
「何か」とは何か・・・端的な言葉で表すことはできないけれど、
きっと同じような思いを持っているのではないでしょうか。

シリーズですが、先週末にさっそく1駅分の写真を撮ってきました。
早ければ明日にはUPしたいと思っています。

投稿: どんぶり | 2007.07.04 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「夏の陽射しとあじさい」 | トップページ | 「天塩の流れに沿って」 »