« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006.10.29

「すすきとSL」&「猫さんと一緒」

0610290005
すすきとSL

サイトのほうを更新しました。
撮ったのはきょう。撮って帰ってきてその日のうちにUPです。
場所は茨城県の下館(しもだて)と栃木県の茂木(もてぎ)を結ぶ真岡鉄道。
ここには、週末になると定期的にSL列車が走ります。

撮影した場所は、真岡鉄道のSL撮影地の中でもメジャーな場所。
線路の南側から撮る構図が最も一般的なのですが、
今回は趣向を変えて、線路際のススキを入れています。
画面の右上にSLを入れ、全体的な露出をオーバーにするのは意図どおり。
絞りも開放(使ったレンズの開放値はf4)にして、
ピントがすすきの穂に明確に来るようにしています。

数年来、真岡鉄道のSL撮影によく出かけているのですが、
アングルを変えたり、季節のアイテムを入れることでまだまだ撮影が楽しめますね。
[お気に入りの1枚すすきとSL]

話題は変わって。

きょうの撮影ドライブは、ワタシ独りではなくて相棒もうど坊も一緒。
撮影は午前中であっさりと切り上げて、
午後はいつもお世話になっているのりきちさんと待ち合わせ。
のりきちさんは真岡鉄道の近隣在住なので、帰りに立ち寄るのが恒例となってます。

のりきちさんの飼い猫・グーちゃん
いつもサイトでその楽しい生態を紹介していただいていますが、
今回のドライブの目的のひとつは「うど坊とグーちゃんを会わせる」ということ。

5月にも一家で訪問してグーちゃんに引き合わせています。
そのときはグーちゃんが赤ん坊を怖がって「うど坊の勝ち(?)」だったのですが、
今回はどうなることやら・・・と、非常に楽しみな訪問でした。

Pict4441
引き合わせ早々、うど坊に厳しい視線を送るグーちゃん。

Pict4513_1
うど坊は怖がる様子もなく、好奇心いっぱいの目で近づく。

Pict4514
「どこ行っちゃうの~?」

Pict4529
「また遊ぼうね」「ニヤァー」

今回は、うど坊が怖がる場面もあったので「グーちゃんの勝ち」となりましょうか。
両者は似たような大きさなので、いいお友達に見えてきちゃいますね。

| | コメント (3)

2006.10.28

旅に出たい

激忙の仕事もようやく先が見えてきて、少しは余裕がでてきた今日この頃。
(とはいっても来週前半はまた忙しいんだけどね)
頑張った自分へのご褒美ということだろうか、
それとも少し独りになる時間が欲しいという願望からか、
どこかに旅に出たくてウズウズしている。

相棒も「行っておいで」なんて言ってくれているので、
言葉に甘えて次の3連休は旅に出ようかと思っている。

とにかく、今は「夜行列車に揺られたい」という願望が強い。
寝台特急でもなく、夜行バスでもなく、座席の夜行列車。
学生時代によく使った「大垣夜行」や「ムーンライトえちご」がたまらなく懐かしい。

行き先は、今のところの第一候補が富山県。
「富山地方鉄道」というローカル線を撮る、というのが目的のひとつ。
古い駅舎が残っていて、懐かしい匂いを感じられるんじゃないかなって。
いつもの撮影旅行ではレンタカーを使うことが多いけれど、今回はナシ。
自宅からクルマを使って長距離ドライブ+撮影というパターンも多いけど、
今回はそれもナシ。(クルマだと眠くなってもウトウトできないもんね)

座席の夜行列車に揺られ、夜が白んでくるのをぼぉーっと車窓から眺めて。
そして、見知らぬ列車に乗って、気になった駅で降りて、ゆっくり写真を撮って・・・と、
10年前の自分がやっていた撮影旅行のスタイルに原点回帰したいなって思う。

| | コメント (0)

2006.10.27

「秩父事件」を読む

自宅近くに図書館ができてからは、2週に1回のペースで通って本を借りてきている。
会社の帰りの電車の中。以前は1本見送って、座席で眠って帰宅していたけれど、
最近は10分でも早く帰りたいので立って帰ることがほとんどになった。
40分弱の電車の時間も本を読んでいるとあっという間に過ぎてしまうし
何よりも知識が増えていくのが嬉しい。久々に読書の楽しみを味わっている。

どんな本を読んでいるかというと・・・小説や文学作品はほとんど読まない。
ドキュメンタリーのように「知識」として残るものが好きである。

最近夢中になった本はこんな本。

Pict1293
秩父事件-圧制ヲ変ジテ自由ノ世界ヲ(秩父事件研究顕彰協議会

「秩父事件」とは、近代日本における民権運動のひとつ。
「明治初期、埼玉・秩父地方の主要産物であった絹の価格の暴落に加え、
高利貸しや圧政・増税に苦しむ人々が政府転覆のため蜂起した」というもの。
結局、当時の軍隊に鎮圧されて転覆は失敗に終わってしまい、
蜂起した人々は捕らえられて処罰され、要求が直接かなうことはなかったのだが
当時の民権運動の象徴的なできごとのひとつであったのは確かである。

なぜこんな本に夢中になったか。

明治17年11月1日、刀や槍を持った知識人や農民3000人が終結し蜂起した場所が、
先日、私自身が実際に足を運んで「龍勢まつり」を見てきた椋(むく)神社だったから。

Pict1251
(椋神社)

実は、サイトで龍勢まつりの記事を書くためにいろいろ調べていくうちに、
秩父事件と椋神社が関連あるということを知ったのである。
のどかで楽しい龍勢まつりの会場が、実は歴史の大舞台だとは知らなかった私は
もっと知りたいと思い図書館でこの本を見つけて読んだ、というワケ。

Pict1245

龍勢のロケットを見るために大勢の人々が集まったこの地に、
100年以上前、志を持った大勢の人々が集まったという事実・・・
ワクワクする気持ち、分かっていただけるだろうか。

事件後は、首謀者が「暴徒扱い」とされ冷遇されたために、
近年まで積極的に歴史が紐解かれることは少なかったそうだ。
それでも、資料館史跡が残っているそうなので、
こういうところを本を片手に巡ってみるのもいいなぁ、と思っている。

関連リンク
wikipedia 「秩父事件」
吉田観光協会「秩父事件」

| | コメント (0)

2006.10.21

「冬の足音」

03101807l
冬の足音

サイトのほうを更新しました。
3年ほど前の写真ですが、北海道は道北・宗谷本線で撮った3カットです。

北の大地は紅葉の盛りが過ぎて、もう冬がすぐそこなんですよね・・・
夏からずっと仕事が忙しいせいか、最近は時間が経つのが早く感じます。
(こんな晩秋の写真を見たらなおさらそう思いますね)
東北以南はこれからが紅葉ですが、ちょっと早い晩秋の鉄道風景です。

カットは3カット。いずれも曇り空の下で撮ったものをまとめました。
個人的には2カットめ、3カットめがいちばんのお気に入りです。

晩秋の冷たい空気感を感じていただけたらいいな・・・と思っていますし
最後のカット、板張りホームのそれは「足音」を聞き取って欲しいと思っています。

時間は夕方。原野の中の無人駅にあなたは立ち尽くしています。
で、ウッドデッキを歩くときの「コツコツコツ」という音を思い浮かべてみてください。
それから、冷たい木枯しの風に吹かれ、頬が冷たくなった感じを思い出してください。
きっと何かを感じていただけるものと思っていますが、いかがでしょうか。

ちなみに、3カットめを撮った南幌延駅は
1日の列車の本数は下り2本上り3本という少なさです。
駅の周囲には遠くに牧場が見える以外は何もないところなので
果たして列車が止まる価値はあるのだろうかと心配になってしまいます。

[お気に入りの1枚冬の足音]

| | コメント (2)

2006.10.13

「雨上がり花輪線 3題」

05100801
雨上がり花輪線 3題

サイトのほうを更新しました。
昨年のちょうど今頃、秋田県のローカル線「花輪線」で撮影した3カットです。

久々の花輪線の撮影・・・意気込んで撮影に出かけたものの、この日は雨降り。
大館駅でレンタカーを借りたときには結構な降り方でした。
しばらく走ったころに小降りになり、傘をささなくても大丈夫なようになったので
雨の雰囲気、あるいは雨上がりの雰囲気を出せればと意識しました。

1カット目。ピントは右側手前の稲わらに合わせてあります。
車両の後ろがわずかに手前の棒がけの棒にかかってしまい、ちょっと失敗(^^;;

2カット目。雨は完全に上がり、空を覆っていた雲に表情が出てきました。
いやはや、露出が難しかったです・・・
(地面に合わせると空の白が飛ぶ、空に合わせると地面がアンダー)
数カット露出を変えて撮って、最終的に残ったのはこのカット。
左中央の列車の姿のほうは背景の森に浮かぶように写ってくれましたし、
空の雲の感じも悪くないと思っています。
手前の田んぼの水溜りは意図的に入れたものです。

3カット目。前のカットを撮った翌朝、本格的に天気が回復してきました。
どこで撮ろうかかなり迷った結果、やはり田んぼの水溜りを入れてみました。
水面に青空が写っているのがお分かりいただけると思います。

[お気に入りの1枚雨上がり花輪線 3題]

| | コメント (2)

2006.10.12

とある急患患者の1日

■10月11日(水)
・13:00
職場でデスクワーク中、左腹に鈍い痛みを感じる。
おなかを壊したときの痛みとは違うのがすぐに分かった。
すぐに治まるかな・・・と思ったけどその気配は一向になく、
同僚にひとこと断って会社の医務室へ。

・13:05
階段を歩くとズキズキと腹に響く。今までにない経験だ。
産業医は不在なので、看護師に「休ませて欲しい」とお願い。
ベッドに横になり、左腹を上にして寝ると痛みが若干和らぐが、根本的には消えない。

・14:00
ベッドでいつの間にか眠ってしまった。
起きたら腹の痛みは消えていたが、軽い目まいを感じる。そのまま職場へ復帰。

・20:45
退社。

・21:30
帰りの電車で座って過ごしていると、また左腹に若干の痛みが発生。

・22:00
最寄り駅下車。痛みが少しずつ強くなってくるものの、自転車には乗れる状態。
普段よりも少しスピードを落として自宅へ。

・22:10
自宅到着。痛みがひどくなる。
昼間は医務室で「楽な姿勢」を見つけることができたが、今回は楽な姿勢がない。
食事も用意してもらったがそれどころではなく、居間から動けない状態。
相棒も心配して「病院行く?」と声をかけてくれる。少し様子をみることに。

・22:30
ズキズキする痛みが全く消えない。
自宅に居てもどうにもならないと判断し、病院の急患受付に連絡。
タクシーを呼び、相棒とうど坊も一緒に自宅から5分ほどの病院へ。

・22:45
急患受付には2~3組の急患患者が。結構いるもんだなと思う。
椅子に座って前かがみになると若干ではあるが痛みが和らぐ。

・23:00
内科の医師により診察。採血と尿検査。
体温は36.8℃、血圧は139/99。血圧はいつもよりだいぶ高い。
で、採血はすぐにできたものの、尿が出ない。
「搾り出してください」と医師は言うものの、出ないものは出ない。
相棒に水を買ってきてもらい、300mlほど一気飲み。

実は昨年春にも左腹の違和感を感じたことがあり、精密検査を受けたことがある。
そのときは「腎臓にごく小さな結石があるが、問題ないだろう」という診断だった。
そんな心当たりもあり、「今回の痛みは結石だろう」という自己診断を下す。

・24:00
トイレにこもったり、椅子に座ったりするが尿が出ない。
廊下とベッドとトイレを行ったり来たり。腹の痛みは相変わらず。
看護師は「どうしても尿が欲しい」とのこと。そりゃそうだ。
うど坊も目を覚ます。彼の笑顔にちょっと救われた。

■10月12日(木)
・0:30
尿が出ないとどうにもならないことは理解しているが、気配が全くない。
相棒とうど坊には先に帰ってもらう。

・0:45
ベッドに横になっているうちに眠くなってきた。
隣のベッドの男性も同じ症状らしく、ひたすら腹が痛むと訴えるのが聞こえる。
「痛み止めの座薬と胃薬で対応する」という医師の声で眠ってしまった。

・1:00
看護師の「大丈夫ですか~」という声で目が覚める。
尿意は相変わらず全くないことを伝えると、
「先ほどの男性と同じ処置をしましょう」という判断に。
座薬を使うのは子どもの頃以来だから・・・約25年ぶりか。
痛み止めの効果は20分ほどで出てくるはずだが、効果を実感する前に眠ってしまう。

・2:30
目が覚めると痛みはほとんどなくなっていた。でも、左腹には違和感を感じる状態。
明日、改めて泌尿器科にかかるように指示され、とりあえず一旦帰宅することに。
痛み止めの座薬と胃薬を2回分もらって帰宅の途へ。
病院から自宅までは歩いて10分弱。近いところに病院があり本当にありがたい。
夕食も何も食べていないのでさすがに空腹だ。
1リットル入りの紙パックの烏龍茶とおにぎりひとつをコンビニで購入して帰宅。

・3:00
就寝。相棒とうど坊はぐっすり眠っている。

・6:30
いつもより1時間遅く起床。痛みはないものの、「痛みの跡」みたいな違和感あり。

・7:30
うど坊を保育園に見送り、その足で病院へ。
受付開始時間からかなり早いけど、読書タイムと割り切って待つ。

・9:30
泌尿器科で診察。レントゲン撮影と尿検査のメニューが課される。
朝から水分を多量に摂っていたので尿検査はあっさりパス。

・10:20
レントゲン撮影と尿検査の結果、特に異常となるような所見は見当たらず。
さらに詳細に診るため、造影剤を使ったレントゲン撮影を追加で行うことに。

・11:00
造影剤を使ったレントゲン撮影開始。
気管支喘息の既往歴があるので、造影剤は標準の量の半分(50ml)とした。
点滴で2分30秒かけて左腕から造影剤を注入。点滴も25年ぶりか。
注入後5分、10分、20分、排尿後の4枚を撮影して終わり。

・12:10
造影剤を使っても尿管や腎臓、膀胱には異常が見られず。
医師の結論としては「(写真に写らないような)ごく小さな結石の疑い」とのこと。
また痛みが出た場合は、きのう処方された座薬で対応するけれど、
それ以上の投薬や破砕などの積極的な措置は行わず、様子を見ることに。
気づかないうちに石が抜けたりすることもあるということだが、
念のため経過観察を行い、1ヶ月後に受診することで今回の診察は終了。


えぇ、今も左の脇腹がなーんとなく変な感じです。
でも元気も食欲もあるのでご心配なく。

| | コメント (7)

2006.10.09

埼玉・秩父の「ロケット祭り」

この3連休、関東では風が強いものの好天が続いています。
きょうはきれいな秋の青空にふさわしいお祭りを見に行ってきました。

Pict1255

その名も「龍勢祭り」。別名「ロケット祭り」。
埼玉県は秩父市、旧吉田町にある椋神社の例大祭で、
竹でできた手作りのロケットを空に打ち上げ奉納するというもの。

今回は書きたいことがたくさんあるので別ページにまとめてみました。
クリックして見てやってください。
[秩父・吉田の龍勢祭り]

| | コメント (2)

2006.10.07

飛騨・高山に行ってきました

先週末のお出かけの様子をサイトにUPしました♪

[旅に出てみた山を越えて飛騨・高山へ-子連れでのんびりドライブ旅]

だいたい書きたいことは本編に書いちゃったんでここでは省略しますが、
北アルプスの山々を見ることができて嬉しかったなぁ・・・ってのがいちばんの感想。
「高校生のころ、あの山の頂上に立ったんだよな」と思うと、
また行きたいという気持ちがこみ上げてきて、その場からしばらく動けませんでした。

好天でなければ寄り道しないで高山に抜けていました。
北アルプスの山を見よう、と思いついたのは長野県に入ってから。
ほんと、突発的な計画だったことをここに白状しておきます。


Pict4054

<追記>
ここのところ吹雪の悪天候が続き、遭難者が出ているそうですね。
たった1週間違うだけでこうも気象が変わるのかとびっくりしています。
(2006.10.9 1:19)

| | コメント (2)

恐るべし川崎

きょうは相棒とうど坊を連れて神奈川の川崎界隈を歩いてきました。

川崎駅の周辺って気がついたら大ショッピングゾーンになっていて
これまでも地下街駅ビル百貨店複合店舗複合店舗
駅周辺にずらずらとひしめいていたところに
ラゾーナ川崎というショッピングモールがさらに追加でオープンして
どこで買い物していいんだか分からない状態ですわ・・・。

Pict1231

ラゾーナ川崎はつい2週間前にオープンしたばかりのショッピングモール。
300ものショップが集まっていて、たぶん1日かかっても全部を回りきれない!
オープンの賑わいがきょうも続いていてかなりの混雑ぶりでしたぞ。

落ち着いたころに美味しいご飯を食べに行きたいですわ。

家電量販店も川崎が大激戦区になりました。
数年前までは家電量販店は存在しなかったものの、
今ではヨドバシカメラとさくらやとビックカメラの三つ巴の戦い。
こんなに集中しちゃって大丈夫?と心配になっちゃいますね。

| | コメント (0)

2006.10.01

出かけてきました

この週末を使って、一家で中部地方の某所へお出かけしてきました。
久々の長距離ドライブも走り応えがあったし、
旅行に出かけることでうど坊の成長もこの目で実感したように思います。
とりあえず、心地よい疲れを楽しんできょうは早く寝ます。おやすみなさい。

Pict4062
2006-9-30 中部地方の某所(行き先はまだナイショ)

<サイト更新の予定>
月替わりでトップページの写真を入れ替えていますが、これは明日2日の夜。
この週末のお出かけ旅行記は3~4日後くらいですかね・・・

| | コメント (4)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »