« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006.09.25

「都会の中のローカル線」

0609240007
都会の中のローカル線-西武鉄道多摩川線-

サイトのほうを更新しました。いつもと比べて大増量、19ものカットたちです。
東京の多摩地区を走る西武多摩川線。
24日の日曜日の午後は、カメラを持ってこちらへお散歩してきました。

コンテンツ中にも記しましたが、中央線の武蔵境駅から多摩川べりの是政駅まで、
4両編成の黄色い電車が行ったり来たりする、単線の「ローカル線」です。
西武鉄道というと関東の大手私鉄でたくさんの路線がある印象ですが、
この多摩川線だけは離れ小島になっていて、ちょっと不思議な感じです。

0609240015

自分自身も、近くに引っ越してくるまではこの路線の存在を知りませんでした。
引っ越してきた後も、写真を撮るという観点からみても
あまり食指が伸びることがありませんでした(^^;;
沿線は宅地が中心で、田畑が点在していて雰囲気は悪くないのに・・・

0609240027

貴重な休日、日曜日の午後。あまりの天気の良さにじっとしていられず、
「ダメ元でも、多摩川線に行ってみるか」と思っての訪問。
でも、実際に行ってみるとこれがまたいろいろ撮れるではありませんか!
秋の午後の気だるい陽射しが雰囲気を盛り上げていたように思います。

0609240030

[お気に入りの1枚都会の中のローカル線-西武鉄道多摩川線]

| | コメント (2)

2006.09.23

レンズを手に入れた

夏休みが終わってから1ヶ月以上、まともに撮影活動してません(^^;;
仕事が忙しくなってちょっと余裕がなくなってしまったんですよね。
本来ならば明日から北海道に行く予定だったけど、
忙しくなることが分かっていたので8月の時点でキャンセル。
ま、実際は忙しいのでこれは正しい選択ではあったのですが。

残業が多い分給料も増えるので、金銭的にはいつもより余裕が出てきてます。
ちょっと食事にお金をかけてみたり、
ごほうびと題して週末に甘いものを買ってきたり(笑)
「がんばった自分への慰めだ」と思うと、なんか気分が大きくなってしまうんですよね~。

Pict1044

というわけで、ネットオークションでカメラのレンズを落札しました。
今は一眼レフから撤退してしまったミノルタのαレンズ。
「24-105mmf3.5-4.5D」という、いわゆる標準ズームレンズであります。
なむさんのサイト掲示板、ここの9月17日付けのコメントに刺激されちゃったのよ~)

今までの常用標準ズームレンズは28-105mm。使いやすいズーム域ではあります。
ただ、これをデジタル一眼で使うと42-160mm相当となり、広角域が不足気味。
室内で子どもの写真を撮ろうとするときにちょっとした物足りなさを感じてました。

今回落札した24-105mmならばデジタル相当で36-160mm。
わずかではありますが広角域に余裕が出ます。

それから、私が持っているデジタル用のレンズのラインアップに穴があって、
これを少しでも埋めたかったということも、今回レンズを手に入れた動機のひとつです。
(手持ちのデジタル用レンズのラインアップは
広角側から11-18mm、28-105mm、135mm、70-210mm、70-300mm。
つまり、18mmから28mmまでの間が「穴」になっていたのです)

いやはや、最近のレンズって本当に軽いですね・・・
(最近の・・・といっても発売初年は今から6年前ですが(^^;; )
古い設計のレンズばかり持っている私にとっては
「レンズは重いのが当たり前」という感覚がしみついているのでなおさらです。

ちょっと使いにくい点は「マニュアルフォーカスのときのピントリングが重い」こと。
ま、コレは慣れていくしかないでしょうね。11-18mmも重たいし。

今回のオークションの流れは本当に速くて、
落札した1時間ほど後には入金が済んで、2日後には品物が届きました。
これほど早く取引が終了した経験はありません。出品者様に感謝。

あぁ・・・早くどこかに撮影に行きたい(^^;;
でも23日土曜日は休日出勤、次の日曜日は所用でお出かけ。
来週こそは・・・うぶぶぶぶ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.20

「棒がけとともに」

01092410
棒がけとともに

仕事が忙しくて季節の移ろいをあまり感じていないどんぶりです(^^;;
朝晩涼しくなったなぁ・・・と思ったのもつかの間、もう9月下旬じゃないですか!

更新した写真は、宮城県北部のローカル線「くりはら田園鉄道」のカット。
収穫を終えて干されている稲の列を配して、紅い気動車を入れて撮ってます。
タイトルは「棒がけ」としましたが、「はさがけ」と表現する場合もあるようですね。
正しい名前はこれ!というものがないようなので、
ネットで探してしっくりきた「棒がけ」という表現にしてみました。

この「くりはら田園鉄道」ですが、来年の春の廃線が決定しています。
このような稲刈りの情景を撮るのは今年が最後のチャンス・・・
沿線の風景もそうですが、駅の風景をもっと撮っておきたいと思っていますが
仕事が忙しかったり、他にも行きたいところがあったり・・・再訪できるかなぁ(^^;;

[お気に入りの1枚棒がけとともに]

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.09.17

実家のお風呂がダメ

きょう日曜日は相棒と我が息子うど坊を連れ、神奈川にある私の実家へ。
最近のうど坊は愛想をつくことを覚えたのか、ニコニコすることが多くなりましたね。
そんな姿を私の両親にも見せたくて、ほぼ1ヶ月ぶりに実家で過ごすことにしました。

昼間はみんなで子ども用品の買い物へ。
冬に向けて長袖のシャツを中心に品定めしていると、
私の父(以下、じーじ)が嬉しそうにお風呂用のビニール人形を持っていました。

今回は実家でうど坊のお風呂を済ませる計画です。
たまにはじーじとうど坊でスキンシップをとってもらおうということで、
じーじには「今回はお風呂に入れて帰るから準備しておいてね」と伝えてあります。
早い時間にお風呂に入れてしまえば、長居をして自宅に着くのが遅くなっても
うど坊はそのまま寝かせるだけなので我々にとってもメリットがあります。
でも、前に実家でやはりじーじがお風呂に入れたとき、
うど坊が大泣きしたことを思い出しました。
「ま、今回は何とかなるだろう・・・」と、このときまでは思っていたのですが(^^;;

夕方、いよいよお風呂の時間。
じーじの準備ができたので、うど坊を抱えてお風呂場に連れて行くと、
さっき買ったビニール人形が風呂のフチにずらりと並べてあります(笑)
しかし、うど坊の機嫌の雲行きが急速に悪化(^^;;;
「ふびぃぃぃぃぃ!!!」と大泣きするではありませんか(^^;;;;;;;;

結局、じーじの代わりに私が裸になってうど坊をお風呂に入れましたが、
彼の大泣きは止むことがなく、なんとかなだめてお風呂から上げました。

入れる人を変えても泣き止まないということは、
いつもと違う風呂場の雰囲気が合わないということ。
もう少し物心がつくまでは実家のお風呂はあきらめざるを得ないようです。

Pict1038
そんな風呂場での大騒ぎがひと段落した後、
ビニール人形が緊急の打ち合わせをしているところをカメラが捉えました。
非公式の情報ですが、うど坊が慣れるまで実家でしばらく待機するとのことです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.09.16

気分だけでも北海道

実は来週の週末に北海道に行く計画を立てていたのですが、
仕事が忙しくて残念ながらキャンセルにせざるを得ませんでした。
前回の渡道は5月、次に行けそうな時期は11月半ば。
そろそろ禁断症状(笑)が出てくるころです。

北の大地は遠ざかってしまったけど、
せめて「食」の分野で行った気分になることにしました。

Pict1031

きょうの昼食は、根室のB級グルメ「エスカロップ」。
2002年に根室に行ったときに駅前で食べたものを再現してみました。
バターライスに、スーパーで買ってきたカツとデミグラスソースをかけて・・・。
そうそう、こんな味だったっけ! と思い出すようにしていただきましたね。

Pict1034

そして夕食は「松尾のジンギスカン」。道民なら知らない方はいませんよね。
我が家最寄りのスーパーで売っているのは知っていたんですが、
でも、今まで買ったことがなくて・・・今回はちょっと安かったので初めての「まつじん」。
背後に写したのはテイク25さんから株分けしてもらったニラ。
我が家のプランター農園ですくすくと育ったものを食べる直前に収穫したもの。

Pict1035

昨年の今ころ、札幌の帰りの空港で美味しく食べたっけ・・・
こんなことを思いながら、しみじみしながら相棒といただきました。

あぁ・・・北海道、行きたいなぁ(泣)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.09.14

しとしと・・・秋雨の日々

関東地方はきのうからずっと雨もようです。「秋雨」というやつですね。
朝の最低気温も20℃を切り、Tシャツで寝ていた私はすっかりカラダが冷えました(^^;;
出勤時の服装も今年初めての長袖。久々に通す袖の感覚が落ち着かないですね。
昼間も降ったり止んだりの天気。細かい雨がしとしと降るのもいいなって思います。

仕事の忙しさもちょっぴり余裕がでてきました。
ピーク時は日付が回るころの帰宅が連日続いていたけど、
きのう、きょうは少し早い時間に帰宅することができ、秋の夜長を楽しんでます。
明日は定時相当の時間で帰れる見込み。帰宅は早ければ7時前。
久々にうど坊をお風呂に入れることができますね(←すごく楽しみ)

この週末の3連休は1ヶ月ぶりに撮影に出かけられそうです。
しかし、関東の予報は今後一週間は雨、雨、雨・・・。あーあ。

秋晴れの撮影とはいかずちょっぴり残念だけれども、
そういえば雨の写真もいい感じのヤツを撮ったっけ・・・
ということで、きょうは急遽サイトを更新することにしました。
「お気に入りの1枚:秋雨の小湊鉄道 三景」

3カットを組み合わせての更新です。
それぞれ大した撮り方をしていないけれど、
雨の雰囲気は感じていただけると思います。

04090402

土曜日はどこへ行こうか思案中です。
でもあまりにも雨がひどいようだったら自宅にこもっているかも・・・?
それとも仕事に追われてまた休日出勤? それは回避したいっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.11

「夏の名残り」

03090607
夏の名残り

サイトのほうを更新しました。今から3年前、石川県のローカル線でのカットです。
前回更新のこれを撮った翌日の撮影です(^^;;

能登半島を走っていたのと鉄道。比較的海に近い区間もあったので
ぜひ海と列車を絡めて撮りたい・・・と思っていたところです。
小さな漁港の中の船溜りから、ちょっぴり見上げるような感じで
鮮やかだった青い空と白い雲とを入れての構図にしました。


このカット、実はいつもと違うフィルムを使っています。
・・・というか、自分のチョンボで使わざるを得ない状況になってしまいました(^^;;

普段、フィルムはkodakの「E100VS」という種類のポジフィルムを使っています。
量販店で数本入りのパックを買い、冷蔵庫にストックしておいて
撮影のときには2~3本ずつ小出しにしてカメラバッグに入れていくのですが、
この撮影旅行のときはフィルムを持ってくるのを忘れてしまったのです(ToT)

写真店はもちろん、コンビニや駅売店でも手に入るネガフィルムと違い、
私が使っているスライド用のポジフィルムはなかなか売られていません。
しかも、kodakのポジフィルムを売っている店はさらに限られてきます。
前日、富山駅で時間ができたときに駅周辺を探索してみたけれど見つからず、
何軒か周った写真店のうち、あるところで見つけたのはfujifilmのポジフィルム。
撮影の目的地は能登半島。都会ではないので写真店があるという保証はありません。
ここで買わないと後がないため、仕方なくいつもと違うフィルムを手に入れました。

いつもと違うフィルムといっても、数年前まではしょっちゅう使っていたので
撮影の際に困るようなことはありませんでしたが・・・やっぱり気分が違いますよね。
写真の仕上がりも軽い違和感を感じているような状態です。
(フィルムによって発色や描写といった特性が全然違うんですよね)

・・・ま、いっか(笑)

この写真の中に「とんぼ」が映りこんでいます。探してみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.09

7月からずっと仕事が忙しい状態が続いている。
帰宅は早くて夜9時、いつもは11時近く、土曜日は当然出勤(朝はちょっと遅いけど)。
肉体的にも精神的にもそろそろ身に堪えるようになってきてしまった。
相棒の職場復帰も控えている中で、家事ができないのは自分にとっていちばんつらい。
10月後半になれば少しは下り坂に入る・・・と信じてやっていくしかないですな。

それでも7月までは週に2度は子どもをお風呂に入れられる時間に帰ってきたけど
今では彼が寝静まった後の10時、11時帰宅が当たり前となってきてしまった。
少し前まで、こんなふうに帰宅が遅くなる日の夕食は外食で済ませていたものの、
これが毎日となると恐ろしく飽きる。(実際、選択肢がなくなって困っていた)
しかも遅い時間の食事は太る原因ともなるし、そもそも空腹がまぎれてしまう。

ということで、最近は「軽食セット」と題して、
ワンプレートで軽い食事を準備してもらうようになった。
最初のころはごはん+おかずがちょこっとだったけど、
相棒も気をよくしたのか、少しずつ手がこんだことをするようになってきた。

Pict1023

夜11時の軽食タイムがいちばんリラックスできる時間帯になった。
眠そうな目をしている相棒には、起きていてもらって申し訳ないけど。

Pict1024

子どもの様子を聞いたり、あるいは私の愚痴を聞いてもらったり。
外食も悪くはないけれど、自宅での食事がいちばん!と強く思える瞬間だ。

Pict1026

こんなチキンライスが出てくると、心のもやもやなんか吹き飛んでしまいますね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.09.03

「明日も晴れるかな」

03090505l2
「明日も晴れるかな」

サイトのほうを更新しました。今から3年前、石川県のローカル線でのカットです。

1日の終わり、ローカル線の旅の途中の交換駅。
空を見上げるといい雲だったので思わず1カット・・・という場面です。

地方のローカル線の普通列車では、5分くらいの停車時間って結構あるもので、
息抜きのためにホームに降りたという経験は誰でもあると思います。
そんな場面では、私は当然のようにカメラを持ってホームに降りるようにしてます。
撮影チャンスなんてどこに転がっているかわからないもので、
息抜きのホームで「これ、いいぢゃないの!」という構図が見えることが多々あります。

原版のポジフィルムの色はもう少し空の色に透明感があります。
photoshopで画質調整をして、限りなく原版のイメージに近づけたのですが・・・
このあたりのテクニックって難しいものですね(^^;;
これからもまだまだ精進します~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保育園に通い始めた

我が息子うど坊。
これまでは自宅で、のほほ~んと(?)過ごしていたけれど、
実は9月から保育園に通うことが決まっています。

相棒の職場復帰は「どこかの保育園に入れること」が大前提でした。
育休が切れるまで3ヶ月を切り、そろそろどうしようか考えなければならない時期。
どこの保育園に入れるかで生活が大きく変わる可能性を認識していました。

相棒の職場近くの園に入れた場合は子連れで満員電車に乗る必要がある一方、
地元公立園は自宅から遠く、朝晩の送り迎えに30分のロスタイムを要するという状態。
どっちに入れたとしても「やっていけない」ということが予想できました。
まさに「究極の選択」に近いような状況だったのです。
(そもそも「保育園に入れるかどうか」さえも高いハードルだったことを記しておきます)

「どうしようか、でも動けない」という状況が続いていた中、
運良く自宅近くかつ最寄り駅近くの保育園に入れることが決まりました。
満員電車での子連れ通勤も、送り迎えの余計な時間もなくなり、ホッとしています。

実は先週の金曜日に「慣らし保育」に行かせていました。
3時間ちょっとという時間ではあったけど、
ママと長時間離れるのはやはりイヤみたいで保育園では大泣きしていたとか(笑)

父親の立場の私。
残念ながら、送り迎えを積極的にできるような生活スタイルにはなり得ません。
でも、連絡ノートは必ず目を通し、必ずコメントしていきたいと思っています。
それから、保育園に「預ける」という表現はしたくないなと考えています。
「預ける」というと「仕方なく、親の都合で」というイメージになってしまいがち。
でも保育園には家庭にはない保育のノウハウがあり、そのノウハウを享受できるので
保育園に「通わせる」と表現することにこだわりたいと思っています。

「少子化対策」なんて政府がいろいろ動いているけれど、
いちばん力を入れて欲しいことが「待機児童の解消」だと思っています。
希望の保育園に入れたくても入れないという状況がいかに困るか。
保育園に入れるか入れないかで生活や人生が左右されかねない状況に
これほど悩むストレスを理解して欲しいモンですね。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006.09.01

「稲わらのカーテン」

00090209
「稲わらのカーテン」

月替わりのトップページのカットを9月バージョンに入れ替えました。

稲を干す「はさがけ」の向こうを、2両編成の気動車が横切っていくという構図です。
時間帯は夕方。手前のカーテンの影が長く伸びているのが分かると思います。
場所は千葉県中央部。「小湊鉄道」というローカル私鉄でのひとコマ。

この小湊鉄道は「昔ながらの」という言葉が実によく似合う鉄道です。
車両も駅舎も沿線も、何もかもが「昔のまま」という風情。
これは鉄道会社の方針によるもの、と聞いたことがあります。

このカットを撮ったのは6年ほど前。でも、この場所は今も景色が変わっていないはず。
今も昔も有名撮影地となっているこの場所はここ2~3年はご無沙汰ですが(^^;;

「似たような構図の写真を見たことがあるぞ」と気づく人がいるかもしれません。
実はほぼ同じ位置で撮った写真が「もっと!お気に入りの1枚」にUPしてあります。
探してみてくださいね・・・というのはちょっとアレなので、以下に示しておきます。
http://don.pos.to/album/minori/00090208.htm

両者の違いは以下の2点。
これだけの違いでもずいぶん印象が変わると思いませんか?
・立ち位置が20メートルほど違う
・撮った時間が1時間ほど違う(今回のトップページのカットがより遅い時間)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »