« ホーキンスのキャンピングシューズ | トップページ | 川遊びに行った »

2006.08.18

「かがやく川霧」

0608160003b
「かがやく川霧」

サイトのほうを更新しました。

今回のカットは、実はついおととい撮ったカットであります。
福島・会津若松と新潟・小出を結ぶJR只見線の撮影に行ってきました。

只見線は只見川という川に沿って走るローカル線で、
夏場は川霧が発生し、幻想的な風景が見られることを知りました。
で、今回はこの川霧がうまく撮れればいいな・・・と、
午前6時過ぎの朝一番の列車から撮る行程で前夜に自宅を出発。
途中でわずかな睡眠をとり、目が覚めると外は素晴らしい晴天。
「期待したほど川霧は出ていないかな」と思いつつこの鉄橋に着いたとき、
差し込む朝日に川霧が黄金色に輝いているこの風景に息を飲みましたね。

晴天の空も入れ、かつ手前の岸の樹木も入れたかったので縦位置です。
ちなみに横位置だと下のようなアングルになります。(試し撃ちカットからどうぞ)
縦にしようか横にしようか甲乙つけがたく迷いましたが、
横位置だと画面右下にどうしてもゴーストが入ってしまうのと
画面のバランス(鉄橋・列車の位置)を考えて縦位置を選択しましたが
奥行きではなく広がりが出る横位置が良かったかな・・・と
今になってちょっぴり後悔してますね(あはは)

改めてみると横位置でも十分に奥行きが出ている気がします(^^;;

0608160002

列車が通過してから5秒後。
風が動き、霧が舞い上がり、鉄橋の姿が隠れてしまいました。
わずかにタイミングがずれたら霧で何も見えないカットになっていたはずです。
今回は天気と風が全て好条件を作り出してくれたように思います。

|

« ホーキンスのキャンピングシューズ | トップページ | 川遊びに行った »

お気に入り-夏」カテゴリの記事

コメント

素晴らしー!
今、その時でなければ存在しない風景だったんですねー。
縦位置も横位置も、それぞれ意図されてらっしゃるので、どちらもOKOK!とσ(^^)は思います。
後はどんちゃんの考えしだいなのでしょうか?
朝から眼福でした~、ありがとうございます~。

投稿: のりきち | 2006.08.18 09:40

ほんと、このような幻想的な風景になっているとは思いませんでしたね。
現場に到着してからあまり考える余裕時間がなかったし、
通過する列車は1本、つまりチャンスは1回きりだったので
本当に短時間での判断を要求されました。
縦か横、どちらがベストだったかいまだに判断がつきません(^^;;

投稿: どんぶり | 2006.08.18 22:16

はじめまして今晩は。
実は一昨年に奥様のページからこちらを見つけて以来の、隠れファンです。
 毎度すばらしい写真を堪能させていただいてます。
 しかし、今回のは特にすばらしいですね。

 私は縦アングルの方がやっぱり正解と思います。
 水面は近くなのに、まるで天空の鉄橋のように見えますし、
 霧と鉄橋の上の山の稜線が昇竜のように見え、まるで水墨画
 の掛け軸のようです。
 更によく見ると、霧の下に水鏡で列車が映ってます。
 
 私は写真の方は最近デジイチの中古を買ったばかりのド素人なので、今後も参考にさせていただきます。

投稿: 夜鍋 | 2006.08.22 00:45

■夜鍋さん
コメントどうもありがとうございました(^^)
相棒のサイトとこちらとはその方向性が全く違いますが
たまに出かけて作る旅行記は見ていてそれぞれの個性が出ると自負してます。

この川霧のカット。
もしかするとここ1~2年の間で最も夢中になった場面かもしれません。
ひとつの場所や駅でじっくりと何カットか撮るというのも夢中になりますが
ワンチャンスをモノにするために久々に「熱く」なれましたね。

>>霧の下に水鏡で列車が映ってます。

よくお気づきになりましたね~。
実は撮る瞬間は水鏡は意識していませんでした(^^;;

投稿: どんぶり | 2006.08.23 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172745/11487057

この記事へのトラックバック一覧です: 「かがやく川霧」:

« ホーキンスのキャンピングシューズ | トップページ | 川遊びに行った »