« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.04.28

さぁ連休ですね

明日からお休みweekに突入するどんぶりです。
とはいっても、5月1日は休日出勤する予定ではありますが。

毎年、連休中にはちょっと遠出の撮影に出かけます。
長野や福島、新潟方面が定番で、
車中泊したりして気合いが入ったりするのですが、
今年は例年以上にちょくちょくと予定が入っているため
どうしようか、あるいは行くかどうかもまだ決めていません(^^;;

我が息子うど坊の初節句もありますし、
地元で小学校のときの同級生との飲み会もあったりしますし。
行きたいところもあるし、会いたい人もいるし。

何かと忙しい連休になりそうな予感であります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「渓谷の朝」

02042907

「渓谷の朝」

サイトのほうを更新しました。

今から4年前、新潟県の小出と福島県の会津若松を結ぶ只見線での撮影です。
只見線の沿線は自然が豊かで撮影スポットにも事欠きませんが
どちらかというとアングルが多彩な会津側を中心に撮影する方が多い感じがします。

かく言う私は新潟県側がお気に入り。
列車の本数は少ないですが(1日5往復程度)、
私にとっては絵になる風景が多いと感じるんですよね。

このカットは、会津への峠越えに向かう列車の後追い撮影。
撮った時間は朝も早い午前6時過ぎです。
実は、列車の始発駅の小出近辺の違う場所で撮影した後、
この列車を追いかけるようにクルマで移動したら
走っているうちに山の中に入ったところで列車を追い抜いてしまい、
「それなら」ということでお手軽な撮影ポイントでえいやっと1カット撮ったもの。

国道の道路脇からの撮影で、アングルを考える時間もあまり取れませんでしたが
列車の背景に浮かぶ光の筋や、半逆光に映える渓谷沿いの新緑など
朝の風景のみずみずしさが感じられるような絵になったと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.22

「芽吹きの多摩川」

0604220015
「芽吹きの多摩川」

サイトのほうを更新しました。

撮影した日付を見て欲しいのですが、
ご覧のように「きょう撮ってきたカット」であります。
デジタルだから速攻で更新できる・・・大きなポイントですよねぃ。

多摩川にかかる橋の上からの撮影です。
手前に芽吹き始めた木を配置し、この淡い緑の色を強調するために、
この木のバックが緑の水面に重なるように構図を決めてます。
川岸に沿って立ち並ぶ木々もしっかり存在を主張してくれました。

この構図で撮ると列車の姿がものすごく小さくなります。
それを補うためにこだわったのが「列車の色」です。
この青梅線という路線には、オレンジ色の通常の電車と
「四季彩」という白い色の展望電車の2種類が走っています。
オレンジ色の車両では木々に溶け込んでしまいそうだったので、
白い電車が来るのを待って撮影しました。

芽吹き始めた木の淡い緑、水面の濃い緑、針葉樹(杉)のくすんだ緑・・・。
どの色も眼に優しいモンですよね。

さて、このカットを撮影した橋はちょっとした景勝地になっており、
線路に向かって反対側を向くと下のようなカットが撮れます。
半逆光の光線状態で撮る新緑もきれいなんですよね。

0604220016b

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.20

さよなら「ちほく高原鉄道」

4月20日、北海道のある鉄道がきょう限りで廃線となりました。

ふるさと銀河線 住民や鉄道ファンが最後の別れ 北海道

北海道ちほく高原鉄道・ふるさと銀河線。

2001年の秋に初めて訪れて以来、
何度も行くことになるとは思いませんでした。

初めて行った秋の北海道。カラマツ林のオレンジ色に見とれました。
01110205

冬の北海道の美しさ、そして厳しさも味わうことができました。
03121902l

青と緑、そして白・・・夏のコントラストも満喫しました。
02060905l

残念・・・というか、心残りなのが「春」に行かなかったこと。
桜の時期、新緑の季節。できることなら、目に焼き付けておきたかった。

ちほく高原鉄道の沿線は私にとって強い思い入れのある土地になりました。
ハードコアなファンとは違い、両手で数えられるくらいの回数しか行っていないけど、
私にとっては特別な思い入れのある土地であります。
明日からは廃線なんだ・・・と思うと、やはり寂しいですね。

廃線後の一部区間を使って、保存鉄道を立ち上げるという話もあります。
頑張って立ち上げていただいて、事業が軌道に乗って欲しいと願っています。
私たち3人も必ず訪問させていただきますから。

きょう、ちほく高原鉄道の車両の鉄道模型を買ってきました。
写真も撮ったけど、何かカタチになるものを残しておきたくて・・・。
ジオラマを作って、この車両を飾って、思い出の風景を作りたいと思っています。
Pict0177

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.04.19

結局こんなの作ってました

Pict1538

徹夜明けのきょう。
とりあえず昼食を買いに近所のスーパーへ出かけたら
八百屋の店先で1パック198円のいちごを発見。
即決で購入し、生クリームを買ってきてこんなの作ってました。

スポンジが少し固めになってしまい、ナイフを入れてもなかなか切れず(^^;;
でも、中にサンドしたクリームが秀逸でした。
「ホイップクリームにミキサーでクラッシュしたいちごをふんわり混ぜる」
いちごの酸味がほどよーく効いてておいしかったです♪

| | コメント (2) | トラックバック (1)

どう過ごそうか徹夜明け

昨晩は久々に徹夜の仕事が入っていました。
自宅からすぐそばの現場だったので非常に楽でしたね。
仕事のほうはプレッシャーかかりまくりだったけど、
同行した2人にいろいろ助けられ、かつ勉強になりました。

6時前に自宅に着き、午前中で睡眠をとって目が覚めた12時前。
徹夜明け休みとなる今日はさてどう過ごしましょうか・・・。
相棒とうど坊は夕方までお出かけしてしまい、独りで過ごしてるPC前であります。

・カメラを持って撮影にお出かけ
今から行っても中途半端だしなぁ。そもそも曇り空だし。
新緑はきれいなのですが、曇りではイメージ違うんだよな・・・

・日帰り温泉へ
頭がまだぼぉーっとしているので気分転換ってのもいいかも。

・土いじり
我が家のプランターミニ農園。

・写真整理
整理しなきゃいけない分がかなり溜まってます!

・PC更新
次のflashネタとか構想はあるんだけど・・・

・その他もろもろ。

さぁ、どうする?>自分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.17

寝返りうってます

Pict1238

我が息子うど坊。2週間ほど前から寝返りをうつようになりました。
後姿やでっかいお尻を見ていると「頑張れぇ」って気持ちになっちゃいますね。
画像は10日ほど前のもの。このときはハラハラしながら見ていましたが
彼なりに少しずつ上達しているようで、今はほぼ自由自在にゴロゴロやってます。
上体を起こしたときの首の据わりも安定してきました。見ていて楽しいです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.04.16

「小学校の校庭から」

0604090012_3

小学校の校庭から

先日の鳥取撮影旅行で撮った中から、
デジタル一眼レフで撮った分をサイトに更新しました。

この鉄橋、餘部(あまるべ)鉄橋というのですが、
特徴的な鉄橋のシルエットと雰囲気の良さにすっかり観光地化され、
かつ桜の季節だったので同好のカメラマンも多かったですね。

ひねくれ者の私は、皆と同じ写真を撮るのがイヤなんです(笑)
周囲を見渡してみると、小学校の校庭の片隅に桜の木を発見。
日曜日だったのでちょっとお邪魔して、この桜と鉄橋とを題材に撮りました。

レンズは広角11mmからわずかにテレ側。私の大好きな超広角レンズです。
この超広角レンズで見上げるように撮ると、桜の枝振りが立派に見えるんですよね。
花は5分から7分咲きでしたが、枝振りのよさに惹かれてこの場所に決定。
右下に連なるタイヤ遊具の列を意図的に画面に入れるために、
地面にべたっと座って撮影しているんですよ。

それから、鉄橋を渡る列車にご注目。
ここを渡る列車は、基本的には2両編成と4両編成の2種類。
で、4両編成の列車に狙いを絞り、列車の存在感が風景に埋もれないようにしてます。

さらに・・・校庭の奥で野球をしている子どもたちがわずかに写っています。
彼らがもう少し目立つように写ってくれたら最高だったんですけどね~。

赤いタイヤの上に乗って写真を撮るとこんな感じです。

0604090016_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.04.14

鳥取旅行記更新しました

雨と桜と鉄橋と ~鳥取、兵庫・餘部鉄橋~

先日鳥取に行ったときの旅行記をサイトにUPしました。

いやぁ・・・時間がかかっちゃいましたね。
「旅行から帰ってきた次の日にはUPする」ということを昔はやってましたが、
今は3~4日後の更新が精一杯かもしれません。

鳥取に行くのは5年ぶりでした。
前回行ったときに、どこをどう回ったかすでに記憶が定かではありません(^^;;
レンタカーを借りて西のほうに出かけたんだっけ・・・確かそうだよな。
餘部駅には鉄道で降り立ったんだっけ・・・でも、その後はどこへ行ったっけ??

今回の撮影旅行のテーマは主に2つ。「餘部鉄橋」と「雨と桜」。
「餘部鉄橋」は、実は橋の架け替えが予定されていて、
橋の南側に新しいコンクリートの橋がかけられることになっているそうです。
間もなく工事が始まるとのことで、風光明媚な鉄橋の風景を撮れるのは今のうち。
旅行の前日まで鳥取のどこへ行こうか迷っていたけれど、
餘部鉄橋に行くことを選択して良かったと思ってます。

デジタル一眼レフでも餘部鉄橋の姿を数カット撮ってきました。
いつもは、撮ったカットは一旦ストックしておいて、
次の年以降に季節に合わせて発表するというのがパターンなのですが
今回は1カットくらいはすぐに更新してもいいかな・・・と思ってます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.04.11

トラブル続きでした

1泊2日の鳥取行きから帰ってきました。

ま、全体的な撮影旅行の満足度は高いのですが、
特にきょうはトラブルだらけでかなり凹んでました(泣)

■充電されていない
デジタル一眼レフのバッテリー。
だいぶ使ったので昨夜のうちに充電器にしかけておいたのですが、
今朝起きてみてみると、充電が終わったら消灯するはずのLEDが点きっぱなし。
上手く充電できなかったみたいで、バッテリー残量に不安を抱えたまま出撃。

■消えた!
午前9時過ぎころ。
早朝から出撃して撮影し、撮影の成果としてはかなり満足していました。
デジカメを再生して余分なカットを消去する作業をしてみたところ、
驚くべきことにその日に撮ったカット全てが消えた!!!
もちろん私の操作ミスではないし、消す操作の心当たりがありません・・・
消えた分として、さっき撮った場所へ再度出向いて撮り直しましたが、
消えてしまったカットの全てをフォローすることはできませんでした。

■やっぱり不足
いい撮影ポイントを見つけると、露出確認のために試し撮りを繰り返します。
ちょっと里から離れた山の中に撮影ポイントを陣取り試し撮りをしているうちに
とうとう・・・というかやはりバッテリーの残量がなくなってしまいました(泣)

■勘違い
予備のバッテリーは持っていないけど、単3乾電池で動く縦位置グリップがある。
というわけで、電池を仕入れにお店探し。撮影ポイントを離れて下界へ。
小さな商店でアルカリ電池4本を購入して元の撮影ポイントに戻ったけれど、
必要な電池の本数を勘違いしていて起動不能でした(泣)
(↑6本必要なところを4本しか買わなかった)

■マンガン乾電池じゃダメ
不足分の電池を買いに、再び撮影ポイントを離れて下界へ。
さっきのお店が少し遠かったので、違うお店を探してみる。
小さな駅前あった古い商店。時間もないのでここに飛び込んでみた。
しかし、マンガン乾電池しかないとの返事・・・。
本来、単3乾電池を使うときはニッケル水素系の充電池が必要。
「でも時間もないことだし、規定の電圧にさえ届けば大丈夫だろう」
こう判断し、とっとと購入してさっきの撮影ポイントへ戻る。
アルカリ4本+マンガン2本の組み合わせでカメラに入れてみたものの、
シャッターを切ってもうまく動かない・・・やっぱりダメじゃん(ばか)

■時間の勘違い
1~2時間に1本の列車しか通らない撮影ポイントにて。
次の列車が来るまで時間があるし、雨も降っているのでクルマの中で待機。
お茶を飲みながら車内でぼぉーっと過ごしていると、
列車がやってくる時間ではないはずなのに
「カタン・・・ガタン・・・ごごごぉぉぉ」と列車の走行音が通り過ぎる(泣)
当然、カメラを構えることなどできず、指をくわえて見ているだけ・・・
列車がやってくる時間を5分ほど勘違い。自分のばーか。
次が来るまで1時間半待ち。大きなロスタイムとなっちゃいました。

■1個200円、2個で200円
撮影の途中に立ち寄った道の駅でなんと「梨」を発見。
この時期に梨??? 時期外れなのにどうして???と聞いてみると、
りんごと同じように、どこかで貯蔵しているものを出しているそうだ。
「この時期にしては珍しいお土産になるぞ」と、1個200円のものを購入。
で、その道の駅から1kmほど離れた物産館へも立ち寄ってみると
こっちは梨2個で200円。こっちの方が安くて品物も良いぢゃんか(泣)
悔しいので、味比べだと思って両方の梨を買って帰ってきました。

まだまだ「とほほ」な出来事がありますが、書くのイヤになっちゃいました。
ま、たまにはこんなトラブル続きの日もありますわな。

Pict0124



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.08

鳥取へ行ってきます

明日から単独で鳥取へ行ってきます。

鳥取へ行くのは何年ぶりでしょうか・・・きっと5~6年前に行って以来だと思います。
今回の目的はズバリ「写真を撮ること」。
春の因幡路を走る鉄道の風景を撮りたいな、というのがきっかけです。

月曜までの2日間なのですが、天気は明日の日曜が晴れ、あさって月曜が雨。
まぁ、まずまずの天気といったところですね。
ただし、「晴れ」といっても黄砂の影響がどれだけ出るか心配。
少なくとも「青空」を拝むことは絶望だと思っています。
月曜の雨はどうやら本降りみたいです。ただ、私的には嬉しい天気です。
どんよりとした曇りならば、いっそざぁーっと降ってもらった方が写真になりますからね。

で、2日間で鳥取のどのあたりを撮影するかはだいたい決めていたのですが、
いろいろあって白紙になっちゃいました(^^;;
桜を狙っていたのですが山間部はまだ少し早いみたいですし、
海岸線は前述の黄砂の影響でどんな景色になるか想像つかないし、
山陰本線の餘部鉄橋は青空が期待薄の中でどんな絵作りができるか・・・
漠然とですが行程案はあります。ただ、現地の空を見てどこへ行くか決めます。

ひでぶぅさんがゲストブックに書いてくれた
餘部鉄橋、行っておいでよ!」というコメントも効いてます(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.04.07

南多摩界隈・桜とともに

春恒例。桜と鉄道の写真×8カットをサイトに更新しました。

桜の写真なので桜が満開の時期(今週前半)に更新したかったのですが
体調不良で今日までずれ込んでしまいました・・・。

写真は去年の今頃に撮影した写真をUPしています。
撮影場所の「南多摩」という駅は、
実は自宅から自転車で数分という至近距離にあります。
この日もカメラだけ持って午前9時頃に自転車でぶらっと乗りつけ、
春の空気を味わいながらのんびりと撮影していました。
地元の駅ではありますが、アングルの多彩さに改めて楽しさを覚え、
なんだかんだで2時間近く時間を使ってしまいましたね。
8カット並べた順番が撮影した順番とは違うので、
色温度の順番もメチャクチャですが許して・・・(汗)

7カット目は桜吹雪です。8カット目に写っている桜の木から流れてきました。
結構風が強い日だったので、300mmで桜吹雪と列車を狙ってみました。
風が吹くタイミングと列車がファインダーに入るタイミングがなかなか合わず、
このカットも「ベストではない」と判断しています。(フレーミング悪いよね)

8カット目のコメントにもあるように、付近では高架化の工事が行われようとしています。
その意味でも、付近の様子が分かるようにいろいろなアングルで撮影して
「記録」として手元に残したいという意味もこめて写真を撮りました。

で、必要な用地買収が終わった段階でしばらく工事は停滞していたのですが、
今年の4月に入って動きがあり、いよいよ本格的な工事が始まりそうです。
当然、工事に邪魔な桜の木も容赦なく伐採されてしまうでしょうね・・・。
駅西側の並木は残りそうですが、(それでも予断は許さない)
ホーム北側の並木はおそらく全て切られると想像しています。

今年の桜の時期ももちろん足を運んできました。
3月31日撮影。このカットが、本当に最後の「南多摩の桜」になる予感がしています。
Pict1119_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.06

武道家の遺言

Y! 社会ニュース - 4月5日(水)22時57分
<シンガポール武道家一族>空手家探し青森の雪山へ


「青森の山中で修行する空手の伝承者に会え」という遺言を信じ、
シンガポールからわざわざ大挙してやってきた武道家が遭難・・・


なんともけなげな話じゃないですか。
なんだかゲームや映画の中の話がそのまま飛び出したような感じがしますね。
亡くなった武道家の遺言を弟子が信じるところまではまぁ理解できますが、
少なくとも下調べくらいしてから行くのが普通でしょうが!

心を奪われたのが記事の文末。
訪れた13人のうち11人が青森に残り武道家探しを続けたいという意向に
「地元観光協会も『全力で手助けしたい』と支援を申し出ている。」ってところ。

地元観光協会、えらいなぁ・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.04.05

ようやく復調しました

ロタウイルスの病魔からようやく復調してきました。ご心配をおかけしました。

日曜日の午前中にあれよあれよという間に最悪の体調に転落し、
その後はろくにモノが食べられない寝たきり生活。
下痢も2日以上止まることなく、いつもおなかに不快感を感じてました。
熱が下がったのが昨日の夜、下痢が止まったのが今朝のこと、
いつも通りの生活に戻れたのは今日の午後になってからです。

ずっと寝たきりに近い生活だったので、カラダが全然動きませんでしたね。
朝の通勤はというと、座席に座っているにもかかわらずかなり疲れましたし、
午前中の勤務は半分朦朧とした状態でなんとか過ごしました。
昼食もいつもの半分程度しか食べられませんでしたね。
エンジンがようやくかかり始めたのが午後3時くらい。
その後は今までの不調がウソのように絶好調だったりします。。。

まだ食べる量がいつもの7割くらいしかありませんが、食欲は結構あります。
早く美味しいものをたくさん食べたいですね(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.03

体調、大崩れ(泣)

「どんぶり家非常事態宣言」は解除になりましたが、
その余波を受けて、私が絶不調です(泣)

先日罹患した「ロタウイルス」の再来です。
日曜の午後から下痢が止まらず、カラダが動くとおなかが動く状態。
私の小腸+大腸が水道管のようになってしまっています。
食欲? そんなもんあるわけないでしょ!!
熱は37度台で下がらず、かといって高熱となることもなく・・・

ずっと寝ていてさすがにカラダが痛くなったので
ちょっとだけ起きてネットに顔を出しています。
この分だと明日も会社をお休みかな・・・ってところです。

コメントのレスは体調が復活したらにさせてください(ぺこ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.01

カナダ人画家さんとの嬉しい再会

我が家に発令されていた非常事態宣言も解除です。
相棒とうど坊の体調もしっかりとした快復基調にあり、
とりあえず普通に過ごすことができるようになりました。

Pict1221午前中はひととおりの家事をこなし、
相棒とうど坊が眠っているスキに撮影へ。
我が家からクルマで30分ほどのところにある
鉄道+桜スポットに足を運んできました。

9分咲きといったところで、
撮影の内容も満足いくものでしたね。



で、午後は予定通り大切な友人と会うために新宿へ。
2年半前、北海道の宿で同宿したカナダ人の画家さんと、
道北在住のNさんご夫妻
、ご子息を中心としたパーティーへ。
パーティーにお呼ばれしていたのはいいのですが、
病み上がりを2人を抱えているので早々に退席・・・。
でも、カナダ人の画家さんと久々に会うことができて大喜びでした。
画家さんも我々に会えるとは思っていなかったようで
「big surprise!!!」なんて本当に嬉しそうでしたね。

Pict0009うど坊が生まれたことに対しても祝福をいただき、
「カナダのgrandmomよ」と言いつつ、
うど坊に頬擦りしてましたっけ。
ベビーカーを奪って(笑)フロアをうろうろしたり、
我が孫のように接してくれましたね。



たった1晩偶然にも同宿した方とここまで仲良くなれるとは。
ほんと、出会いって大切だし嬉しいことだな・・・と思っています。
病み上がりにも関わらず、無理して行った甲斐がありました。

さすがに今日はお疲れモードです。今夜は早々に寝ますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

非常事態宣言、解除か?

どんぶり的日々雑感
3月31日分の日記で触れた「どんぶり家 非常事態宣言」ですが
今のところ「夜間外出禁止令」くらいにレベルが下がりました(笑)

相棒の体力もだいぶ快復してきたし、うど坊も比較的ご機嫌のようです。
明日は本当だったら家族で新宿へ行って大切なお友達と会う予定でしたが
午前中の様子をみて判断したいと思っています。
はるばるカナダからいらっしゃるんだもん、何としてでも会いに行かねば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ、始めました

ご覧のとおり、トップページをいじってブログをメインにもってきました。
また、ゲストブックのページも設けてみました。

ブログに切り替えた理由は多々あるので省略しますが、
旧「message board」でも触れたとおり、
スパム対策としてこれを何とかしたかったんです。
実は3月31日も3回の攻撃(?)に見舞われてます。

で、何を変えたかというと・・・URL以外は基本的には何も変えていません。
今までのレイアウトが気に入っていたのでスクリプトはそのままです。
タイトルと背景を変えて、注意書きを追加したくらいで
過去ログも旧BBSのものをそのまま引き継いでいます。
guestbookという名前にしたのは、初めて来た方にも足跡を残して欲しかったから。

これからも当サイトをよろしくです♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »